上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ ほんとの引退したい君 -(2005/08/29(Mon) 22:06:53)

 リネージュ2でオーバーロードをしてますLVは64になりました。リアル年齢は30です。
家は自営なので比較的リアルの生活を崩すことなくリネ内の仲間たちと同じくらいLVUPしていきました。
クランはすごくアットホームな感じで何時インしてもチャットも楽しく、クランの平均レベルも同鯖では間違いなく上位だと思います。
 ただこの掲示板でよくいわれるように外出することが極端に減ったと思います。私の本当のリアル友人と呼べるやつらは5人います。1人を除きみんな県外にいてたまに携帯で近況を報告しあったり正月に集まり一年分の上司の愚痴や昔話を言い合ったりするくらいです。県内にいる友人も私と違いサラリーマンをしてるので忙しく、滅多にあって遊ぶことはありません。
 自覚症状はクラン員から相談(引退話)を受けた時です。そのチャットが終わって我に返って「これはゲームなのにな・・・こいつだいじょうぶなんだろうか・・」と思うのと同時にそのクラン員を親身になってチャットしている自分の姿に「いや、俺も大丈夫なのか?」と思いました。
前述のとおり私は今のところリネをやってて障害はない様に思いますが、クラン員たちのことが気になります。私の一日の平均IN時間は6時間以上です。クラン員のほとんどはフリーター・大学生・派遣社員です(真実かどうかは別にして)。
 クラン員のことがすごく好きです。だからリアルでも充実してほしいと心から願っています。クランのチャットではみんなが「リアル重視」を語っていますが・・・私には彼らがリアルが充実しているとはどうしても思えません。
 ところで、わたしは、先月くらいからリアルに比重を置こうと国家資格試験に挑戦するため通信講座を受け始めました。結果は・・・・・意図とは反し、ほとんど勉強してません。いつも寝る時に「明日からはリネの時間を減らそう!!」と誓うのですが・・・・そんな葛藤が1ヶ月続くと引退するしかリネを始める前の自分には多分戻れないと思うような気がします。
 自信を持っていいます―私は極端に熱しやすく冷めやすい性格です。そんな私が半年近くリネを続けています。リネ2はゲームではありません・・・麻薬です。
 リネ=悪と決め付けてからは少しずつですがIN時間は減ってきてるような気がします。それでも毎日クラン員に一緒にリネ2やめようと言うタイミングを見計らうためにINしています。きっとクラン員には余計なお世話と思われるのでしょうが・・・・彼らにはリアルで幸福になってもらいたいとほんとに思います。クラン員からリネ2を引退させることができる魔法の言葉を探しています。
□投稿者/ s -(2005/08/26(Fri) 10:11:45)

俺と同じ者がいるようだ。
話題が途中で途切れる=話題が思いつかない=話題を考える事自体めんどくさくなる=
チャットが好きじゃなくなるって感じ。
ネトゲ依存症の人でも、チャットしてるだけまだマシ。
俺なんかチャットすら怖くて出来ない。
また会話途切れてきまづいおもいするのが怖いんだよね。
□投稿者/ 彼女の別名はトリアゾラム -(2005/08/17(Wed) 01:00:50)

抗うつ剤代わり・・・そう思い込んで自分をごまかしてリネ2を続けていました。
でも、今やめられなくて苦しいです。まるで常習性のある薬を飲んでしまったよう。
やめようなんて思う日が来るなんて考えもしなかったんです。ただ楽しくて・・・。
こんなのはただの現実逃避なんだって気づいてしまったから、辞めないわけにはいかなくなりました。
わたしは自分をうまく管理できない人間ですから、ネトゲはするべきじゃなかったんです。最初から・・・。
これから毎日少しずつ薬を抜いていく作業です。その後は・・・
いままで目をそむけてきた現実と向かい合っていきたいと思います。
□投稿者/ ゲーマーくん -(2005/08/09(Tue) 00:52:46)

私がネトゲを始めたのは多分小5ぐらいだと思う。現在は中2です。
兄貴がパソコンを親に買ってもらい、そして同時にプロバイダとも契約。
その時に色々なキットがついて来たのですが、それに同梱されていたのが「Lineage」でした。
兄貴が早速パソコンにCDを入れてインストールしていました。数分後に、モニターには壮大な世界が描かれていました。
エルフの森という所に色々なキャラクターがいて、みんなそれぞれ別々の行動をしていて、
勝手に歩いたり会話をしていたりしている場面を見て僕は「え、なにこれ?ゲーム?」と思っていました。兄貴に聞いたところ、なんとそのキャラクター1人1人、人間が動かしているというではないですか。僕は「マジで?す、すげぇ、やってみてぇ」と強く思っていました。

6年になり、僕は親に「勉強したりするためにパソコン買って!」と、する筈もない勉強という嘘を
ついてまで自分用のパソコンを買ってもらいました。公式サイトからクライアントをDLして、
自分もLineageの世界に入っていったのです。これが全ての始まりでした。

何も分からず、とりあえずウロチョロしてみる。モンスターに攻撃をしてみると、自分のキャラクターが
ちゃんと戦っている。ある意味感動すら覚えました。
そのうち、強くなりたい、誰よりも強くなりたい!と思っていく内に、時間を忘れて遅くまでやり続けました。
兄貴に武器を貸してもらい快適な生活を楽しんでいました。そしてある日「武器を強化してやるよ」と見ず知らずの人が言ったのでした。
僕は強くなることしか考えていなかったので、知らない人ということも忘れ「うん、やって!」と言ってしまいました。
その男に武器を渡すと兄貴の武器を持ってどこかにテレポートしていってしまいました。
何も分かっていない僕は「え、どこに行ったの?」と思ってずっと待っていました。しかし男は当然帰ってこない。
後になって兄貴に聞いてみると詐欺に引っかかったと言われて絶望的になりました。

もうそこで飽きてしまって、アカウントは残したまま引退。装備もそのままで別のゲームに移りました。
10数個のゲームを転々としていきましたがリネほどの物は見つかりませんでした。

そして当然学校の成績は下降・・・友達とも遊ばなくなって行きました。
現在でも続いています。やめたくてもやめられないんです。
だから皆さんには、MMOの楽しさを知ってしまう前に中毒性を知って欲しい。タバコと同じです。
ビールと同じです。ないと生きていけないほどなんです。

だから、その区域に踏み入れる前に、先のことを考えてください。
□投稿者/ 元廃人だったと思う人 -(2005/07/02(Sat) 01:06:04)

どうも初めまして、ありきたりな内容かもしれませんが気になりましたので投稿させていただきます。
私がオンラインゲーム始めた理由は、友人にリネージュを進められて始めたのがきっかけでした。元々かなりのゲームマニアでさまざまなコンシューマーゲームに手を出していたのですが、興味があったのでホイホイ始めてしまったのが私の失敗でした。
そのころは平和でした、プレイ時間もそこまで長くなく、楽しくゲームをしてたと思います。
そんな折、リネージュ2がオープンベータのテスター開始というニュースが織り込んでまいりまして、これなら「夢だったサーバーの頂点に立つことができる」と思いリネ1を辞めて2の方に移住することにしました。

そして私の廃人を目指す生活がスタートしました。

しかしそこに待っているのは過酷な現実でした、数十時間してやっとレベルが上がる仕様、他人を妬む人間による晒し、戦争で敵対PCを殺すと粘着してくる人間。
これらを目の当たりにしたとき、「ゲームしてるのに、なんで仕事しなきゃいけないの?」と思い始めてきました。
そして周りの人間についていくためには、自分も作業をしなければならず、現実の友人からの誘いも断って作業に明け暮れる毎日。
そんな時体調を崩してしまい2,3日寝込んでしまいました。
そして会社を休んでしまい、上司に「おまえが急に体調崩すから、周りに迷惑かけたこと反省しろ」みたいな感じでお叱りを食らってしまいました。
これ聞いたとき、非常に同僚や上司に対して情けなくなりました。
会社というのは、1人でやっているのではなく、集団で動いているということは学生時代から延々と言われていることで当然のことです。
また、ただの体調不良ではなくネットゲーのやりすぎで体調を崩し、周りに迷惑をかけた事に関して、自分が情けなくて怒りがこみ上げてきました。
そしてゲーム内でも、INしては敵を狩るという先の見えない作業の繰り返し。
もう私にはオンラインゲームを続ける理由は残っていませんでした。

そして辞めたわけですが、ゲーム内の親しかった人間の第一声が
「装備くれ」
正直「こいつらダメだ」と思いました。

そして現在に至ります。

会社を辞めたとか不登校になったとかというお話に比べたら、物足りないと思いますが、私自身としては叱ってくれた上司に本当に感謝しています。


蛇足ですが オンラインゲームから足を洗うコツ
・RMTで装備もアカウントも全部処分して、後ろめたさを残すことにより戻りにくくすること。
・今までのプレイ時間を自給650円に換算して、RMTで処分して得たお金と比較して後悔の念を強くする。

蛇足の蛇足
よくオタキモイとかいわれますが、MMOよりはずっと健全な趣味だと思います。
たとえば、アニメが好きなら同じ嗜好を持つ人間同士で集まって、夜通し語り合うなり一緒に酒をのんで酔っ払う。これだけで生の人と人の交流がありますし、人脈も広がります。
またドラクエ3ならはがねのつるぎ一つ買うのにせいぜい30分くらい戦ってればいいですが、MMOで同等の装備を手に入れようとしたら数時間、下手すれば数十時間くらいのスパンが必要になります。そんなゲームやっていても無駄じゃないですか?

願わくばこの悪魔の世界に、これ以上入る人が増えないことを。
長文乱筆失礼しました。
□投稿者/ 勲 -(2005/06/17(Fri) 15:51:01)

僕はリネージュをやってました。
以下経歴

中2やり始める(成績上位から下位へ・・・0

中3春一度引退決意(きっかけは脳疲労で倒れたから)・・・①

中3夏一回目の復帰(依存症状の現れ)・・・②

中3冬二度目の引退(きっかけは脳疲労で二度目のぶっ倒れ)・・・③

高1春二度目の復帰(依存で復帰)・・・④

高1夏三度目引退(血圧220マーク、三度目ぶっ倒れ)・・・⑤

高1秋3度目復帰(依存・・・)・・・⑥

高2春4度目引退(友達がやめたから+受験勉強したい!)・・・⑦

高2夏4度目復帰(依存症現れ+RMTにまで手をだす)・・・⑧

高2秋5度目引退(まじめに将来のことを考えた)・・・⑨

高2冬5度目復帰(落とし玉すべてRMTに費やし復帰)・・・⑩

高3春6度目引退(依存から脱したいという気持ちで)・・・⑪

以上が経歴です。

中学は有名私立進学校に入学、最初はすごく成績よく(学年一桁)、部活動も精力的で、すごく充実してた。

パソコンであのゲームを見つけるまでは・・・

リネージュをやる前はPS2などの家庭用ゲーム機はすごく好きだったから、すぐにパソコンゲームにはまってしまった。

0のときはまぁ、ただゲームを楽しんでるって感じでした

異常になってきたのは①から②のときです。そのときの生活は学校→部活→ゲーム→寝るの繰り返し
一日ゲームは7時間以上休日は18時間以上やってました。学校ではずっと寝てて、家帰ってからすぐゲーム

入学当初は運動もすごくできたんですけど、そのあたりから下手になりはじめました。

脳疲労でぶっ倒れは睡眠不足と脳の酷使でした。ゲームは休憩なしでずっとやり続けたからだと思います。人によるみたいですけど、やり続けると倒れるという人もいるんです
そのころから、生活に支障が出始めました。体の動き始めに体半身の緊張状態が起こるということです。

例えば、急に立ち上がると右手先が緊張状態で突っ張った状態になり、顔の右半身が上に持ち上がり変な顔になり、そういう症状が10秒たってから、平常に戻るっていう感じです。
最初は気にしなかった、気にしてもいつか直ると思ってた。

先進めます。③~⑦を繰り返しました(このままでは自分は本当に最低な人間になると思い、何度もやめた、だけど意思が弱かったんです、依存という見方以前に意思が弱かった)

そしてから⑧このとき、俺と同じ状態の友達が大学受験に備えて引退、彼は本当に意思が強かった、ネット依存に侵食されるような弱い心の持ち主ではなかった...
俺も引退した。だけど、やはり俺の意思は弱く、すぐに復帰してしまった

それが⑧毎回の引退でキャラクターアカウントを削除してブックマーク(攻略系のサイト、日記)を消して、心機一転を図ってたが、⑧で本当に頭がおかしくなってた。ゲームをするために仮想世界のお金をリアル世界のお金で買ってしまうという最悪な行動にでた

⑨のときもういい加減良いだろうという考えでやめた、親にもとめられ、引越しをしてパソコンをどかした。

⑩⑨の引退から3ヶ月たち大丈夫だってことだってことで自分の意思でパソコンを戻した。それからふとしたきっかけでリネージュのサイトを見てしまった、それで一気にやりたくなった・・・それが⑩
お年玉にもらったお金をすべてRMTに突っ込みこれで最後だっていう気持ちでやった。

⑪将来のことを考えやめたいと思いやめた。手足の緊張状態は継続中

これが以上です。ですけど、最近またリネージュ関係のhpを見だし、やりたいという依存状態に陥ってます。
それで学校もまともに登校できていない状態で、進学より退学の危機の状態です。

予備校に通っているけれど、志望校は正直言って絶望的で、留学を考える(逃げ道)までにいたってます。

同じ経験の人がいるここならと思い、体験談+助言求めに書きました。

依存状態抜け出したい俺自身・・・、やりたい俺自身・・・、この葛藤を止めるにはやはり一刻も早く病院に行くべきなのでしょうか・・・病院へはプライドが邪魔してなかなか勇気が踏み出せない・・・

本当に何でも良いです、人に頼りたい。。。助言お願いします><
□投稿者/ sa -(2005/05/18(Wed) 22:02:03)

ゲームを辞めた・・

俺は、2年位前に友達にLineageを進められてプレイした
今までやってきたどんなゲームとも違う
「やった分だけ強くなる」感覚に俺はどっぷりはまった

ゲーム内でも高LVになり、掲示板で色々言われるようになった
これが快感だった
だって、リアルじゃ何しても中途半端な俺がだぜ?
友達の誘いも断るようになった
嬉しくて嬉しくて夢にもLineageでレアを出している夢を見るほどだった
家族に「ゲーム画面に向かってニヤニヤしててキモイ」と言われた
学校に行ってもLineageのことが頭を離れず、授業も上の空
時には学校にも行かずにやったこともあった

そんな俺が何故Lineageから離れられたかと言うと
バイトを始めたからだ
仕事は辛かったけど、そこでギャルっぽい女の子と仲良くなり
今は付き合っている
今はもうネットゲームの事なんて考えられない
頭の中では彼女のことでいっぱいだ
友達にこのサイトを教えてもらい、俺と同じ途方に暮れてる奴にネットゲーム
にだけは走って欲しくないから書いた
□投稿者/ Kr -(2005/04/14(Thu) 15:59:27)

私がはまったのはリネージュ2でした。
恥ずかしながら、夢中だった約1年間の間は仕事しているにも関わらず
生活の中心はリネージュ2だったような気がします。仕事や友人、彼女と
の時間は私にとっては全て足枷手枷と感じ、極力削って、少しでも多い
ログイン時間を確保する事に躍起になっていました。
軽く1000時間はやっていたと思われます。
本当に学生時代じゃなくて良かったと心から思います^^;
2垢やKeyB○t等をフル活用して、途方もなく資産を溜め込みました。
所属するクランを大きくしようと必死に活動もしました。
同盟を組んで大きくして、利害関係等を上手く誤魔化しつつ友好的な血盟
と連合を組み城を取ろうと盟主や仲間達と暗躍もしました。

仕事も行ってるし、友人や彼女ともほどほどに遊んでいるつもりだし、
自分は忙しいぐらい時間いっぱい楽しんでいるんだと思い込んでいました。


あっと言う間に、12月になり、クロニクル2が来ました。
リネージュ2の中の世界では、もうお祭り状態でした。新たに実装された装備
や、グラフィックが実装されたBグレード武防具、新狩場にみんな興奮状態。
未だに、何故だかわかりませんが、その光景や楽しそうなクラチャを眺めなが
ら私は非常に冷めた感覚になりました。


なんだこいつらは・・・
24時間露店放置して、クリッククリックしてたら全部手にはいるのに。
そういや、最近誰も飲み食いに誘ってくれなくなったな。
今年はキャンプや釣りやゴルフ行ってなかったな。
彼女も放置しまくりやな^^;


それはもう、いろいろな思いが頭の中を巡りました。
ネットゲーは暇つぶしなのか?趣味なのか?どう考えても暇つぶしの
域は越えてるのは自分自身でもよく理解できていました。
お世辞にもこんな自分は褒められたもんじゃないし、あまり好きじゃない
と思いました。周りに見捨てられても、自分ぐらいは、自分の味方で、よ
き理解者でありたい。自分の事を好きでいたいと言う結論に辿りつきました。


次の日から、以前の自分に戻りました。
責任感を持って、モチベーションを持ちつつ仕事に取り組みました。
同僚を誘って飲みに行ったり、彼女と相談してクリスマスに小旅行して
みたり、初詣に行ったり。少し暇な時間があれば、暇つぶしとしてリネー
ジュ2にログインしました。ただ、明らかにプレイスタイルは変わってま
したね。今までは効率を重視するあまりに切り捨てていた知人や職種、暇
そうにしている低レベルのクランメンバーを中心に遊びました。
そんな感じで上手く生活が回りはじめた頃に、当サイトに偶然辿り着きました。
そして、いろいろな方の体験談を読み、少し残っていたリネージュ2への未練
が一気に消え去りました。

2005/1/14、ログインしていた知人達に適当に挨拶して私は去りました。
課金が3月末まで残っていましたが、そんな事はどうでもいいと思いました。
数千円よりも、無駄に使う時間の方が勿体無いと思いました。
今日で丁度3ヶ月経ちました。幸いな事に特に後遺症も未練もなく、楽しく
健康に生活できております。連日の花見でフルタイム酔っ払い状態です^^;
休日や、GWが非常に楽しみです。暗いPC前の私は二度とごめんですね。


長々となりましてすいません。
あくまでも心の弱い人間であった私の話でありますので、自分自身にけじめを
もって制御できる方は上手く楽しめるのでしょう。

弱い人間の私の意見としましては・・・
費やした時間が全てのMMOは、手を出さない事を勧めます。
どれだけ仕様が変わっても、結局は費やした時間とクリックした数が全てだと
思います。周りの装備もレベルも効率主義傾向も気にならないチャットゲーを
楽しみたい人は別ですけどね^^;
ゲーム性を楽しみたい人には、時間もレベルも課金も関係ない、Pスキルと連
携や戦略が全てのRTSやFPSをお勧めします。ともにクリックしただけの
仲間と違って、良き友人や仲間が見つかると思います。
□投稿者/ ぱそ to -(2005/02/21(Mon) 21:19:30)

28歳の会社員♂です。
昨年7月にPCを買い、Lineageを始めました。
仕事で韓国担当になったし、韓国国内で社会問題になっているMMOをやってみるべ~
MMOってやってみたかったんだよな~ というノリで始めました。
Lineageはその頃には人気も下火?であまりLine内で人から誘われることなく
一人でやっていたのでそれほどハマりませんでした(それでも平日3時間、休日8時間)
2週間は無料だったのでアカウントを変えて変えて1ヶ月半ぐらいやってました。
でも「ちょっとハマってヤバイな」と思ったのと仕事が忙しくなったのと併せて
Lineageを辞める事が出来ました。

しかし昨年2月、Lineage2のオープンベータテストを始めてしまいました。
そこから一気に加速し、平日は一日5時間/日、休日は15時間/日。
前と違い、みんな同じスタートライン。そしてLine内の親友。楽しい血盟メンバー。
とても、とても楽しかった。MMOは素晴らしい!と思いました。
彼女との電話もLineをしながら、相槌ばかりで彼女の機嫌を損ねてました。

4月から彼女と住むようになり、一時期Lineは2時間/日ぐらいに減ったのですが
徐々に時間が増していき、夜中彼女が寝てからログイン、早起きしてログインの毎日。
彼女も始めは趣味として認めてくれてましたが、だんだん2人は険悪な感じに。
8月には彼女から別れ話まで切り出されましたが「まぁ別れたらLineがもっと出来るな」
なんて思って適当に対応してました。結局別れませんでした。

10月頃に、Line内の親友がほとんどログインしなくなりました。
「二人目を出産するのでw」との事。親友の中身は30歳の1児の母。
旦那さんも別の鯖でLineしてました。その後、生まれた子供さんの具合が悪いらしく
そのまま引退状態に。
俺はこの機に辞める事も考えましたが、すでに辞められない状態になってました。
会社に行っても会社のPCで仕事中攻略ページを見たり、仕事を勝手に昼頃切り上げたり
彼女にだまって有給休暇取ってLine中毒の毎日
(彼女も働いているので「今日は早かったんだ」って言えば休んでたのは判らない)
そして12月に。新たに血盟に入った人と仲良くなりはじめた頃
「あ、ここでこの人と仲良くなったら俺、Lineから抜けれる自信がない」
事に何とか気づき思い切って引退。(すごく後ろ髪引かれました)
で、でも、正月休みも別キャラでログイン、情けない・・・と思いながらも
時間を見つけてはネカフェでやってました。
(自宅では彼女に引退したと宣言した手前、手を付けれない)
会社でもトイレで携帯片手に鯖内情報を入手・・・

でも1月中旬にはなんとかネカフェにも行かなくなり、会社でもLineの事を
考えなくなりました。そして今はアメリカに出張中で、アメリカから書き込みしてます
なぜLineを辞めれたのか?書きながら考えました。ダラダラした文章で
文脈も私が言いたい意味もよく判らないかと思います。

昨日、彼女に出張先から電話したのですが、「合いたいな」と思ったんです。
Lineしてた頃は一緒に住んでたのもあってそんな事思わなかったです。
Lineの邪魔だウゼェ!ぐらいに思った事もありました。
□投稿者/ MMOの元住人 -(2004/11/19(Fri) 23:52:52)

高校1年の夏休み、キーボードの操作ミスで開いてしまったOCNのホームページ。
それがリネージュを知った日でした。「面白そうだな」と思って始めて見ると
何もかもが新鮮で、とても楽しかったです。すぐに嵌ってしまいましたね^^;
初めの一年間は部活サボってまでアホみたいに執着してたと思います。今思えば後悔する程に…

自分は特に深い考えも無くプリンスのキャラを選びました。(ギルドが創設できるキャラクター)内部の意見の対立や友人の引退、色々有りましたが楽しめましたよ。

続けていく内にとても退屈になって来ました。そしてそれ以降は急速に飽きて行きました。でもクランで自分を必要としてくれている人が居ると思うと簡単に辞める事は出来ませんでした。

クランを運営するためだけにログインする日が続きました。はっきり言うと苦痛だったと思います。そんな中で対人戦で自分のクランは城をとる事が出来ました。嬉しかったです。それと同時にこの城が奪われたら、辞めようと言う決意が生まれました。

その後…城が落とされてから親しかった友人に別れを告げてリネを引退しました。
その時のクランには本当に親しい人しか残ってませんでした。その人たちとは
今でも連絡を取っています。まぁ、みんな辞めちゃったみたいですけど^^;

自分が作ったクラン、そしてそこで得た仲間は本当に良い仲間でした。
ゲーム内の交流をそのままリアルに引き継ぐっていうケースは稀でしょうけど、いつかもっと歳をとった時にその時のメンバーで集まって「あんな時もあったなぁ」って思い出話でも出来れば良いなと妄想してます。まぁ無理でしょうけど。

ネットゲームでの交流なんてリアルな世界で見れば所詮ちっぽけな文字のやり取りでしか無いです。楽しむのものめり込むのも良いかも知れませんが、所詮ゲームはどこまで行ってもゲームでしか無いという事を忘れないほうが良いです。
要するに割り切って遊べと言うことですかね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。