上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ kazu -(2005/01/11(Tue) 21:26:40)

はじめまして、現在ネトゲプレイ中の学生です。今日初めて閲覧したのですが自分も以前からネトゲにのめりこむことの怖さを感じていたので自分の体験談を書き込みたいと思います

自分がネトゲを始めたのはちょうど一年と半年くらい前です。
当時は大勢の人とコミュニケーションをとりながら楽しめるというMMORPGの楽しさに惹かれていました。
親しい知人もでき、楽しさは最高潮でしたが気づくと自分のプレイ時間は驚くほど増え、学校の成績もグングン下がっていました。

プレイ開始から四ヶ月目くらいからさすがに学校の成績が下がってきたのを気にして少しづつプレイ時間を削るよう努力し、そのままやめられるよう努めました。
後とても親しい友達ができたのは良いのですが逆にログインすれば互いに必ず挨拶をし、常に行動を共にするというなんとなく縛られた環境もやめようと思ったきっかけの一つです。

ただゲームを止め知人を裏切るようなまねはしたくないとの思いもありました。
結局知人には止めることを告げずにそのまま自然消滅的に引退しました。そのときの私には知人に止めることを告げる勇気がありませんでした。

一度はやめられたのですが一年後また同じネトゲを始めました。そして現在もプレイ中です。

合計一年ほどネトゲをプレイしてきた私の感想ですがネトゲは怖いです。
リアルで自分がかなりやばい状況にあるはずなのについネトゲをやってしまいます。
通常のゲーム(いわゆるオフゲー)には必ず飽きがきました。
ネトゲは未だに飽きません。時間が許す限りプレイしたいと思ってしまいます。
自分の置かれている状況に気づきやめようと思ってもネトゲの中で作り出したもう一つ人間関係が足枷になりやめることができません。

私はゲームの中の人間関係も大切にしていきたいので完全な引退は諦めますがプレイ時間は限界まで削るつもりです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。