上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 和也 -(2005/01/07(Fri) 12:18:47)

僕は中二のころにあるネットゲームを始めた
そのころはそこまで成績はよくないまでも真ん中より少し上ぐらいの成績だった

僕はあまり積極的に友達は作れず同じ小学校の友人と一年のころにできた友人
数人としか友達がいなかった
そしたら、ある友達のグループが何かゲームの話をしていた
それが、始まりだった
友達が少ない僕はなんとか友達が作りたいと思い
その友達のグループと一緒にネットゲームをはじめた
今までゲームは好きな僕だったがネットゲームはしたことがなく
普通のゲームと同じものだと思っていた
だがそれは違った
友達との家にいながらの話ができるチャット
他の人より強くなっていく優越感
新しくできた友達やネット友達
今までに感じなかった新鮮さにどんどん夢中になっていった
学校でも友達とその話をし、一人の時もネットゲームの事ばかり思っていた
始めの三ヶ月は楽しかった
だが、だんだんその反動が出てきた
夢中になるあまり成績は下がりやればやるほど下がっていった
三ヶ月ぐらいには学校中ではやっていたこのネットゲームも
六ヶ月ぐらいになるとだんだん学校の友達がやめていった
そのときに僕のやめればよかった
そのころの僕は新しいゲームを買うぐらいなら
このネットゲームをやっていようと思っていた
そのままネットゲームをやっていた僕は
勉強も全然やらず家族や友達の会話よりネットゲームをやりたい
ぐらいまでになっていた
勉強をしないため成績は最悪なぐらいになり
友達や親と喧嘩も何回もした
親や先生に何度も注意されたが結局やめられなかった
そして、勉強をやらなきゃいけないのにネットゲームをやっている
自分の意思の弱さやばからしさに死んでしまいたいとおもっていた
そのときようやく気づいた
ゲームとネットゲームの違いに
ゲームは飽きたらそれまでだけどネットゲームはどんどん新しい友達ができたり
ヴァージョンアップしたりと抜け出せなく環境であることを
三ヶ月~六ヶ月で飽きればどんなによかったか
でもいくら悔やんでももうその時間は戻ってこない
僕はその時間無駄な時間とは思わなかったが、充実はしてなかったと思う
その分もこれからは充実させた日々をおくりたいと思っている

もしかしたらやめていった友達の中にはこうならないように
とやあめていった人もいるのかもしれない

今は、こんな後悔を他の人にさせたくないとおもってる
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。