上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 飛び入り -(2005/01/02(Sun) 01:07:45)

俺も廃でしたね;
これは俺の体験ですが・・・・
大体中1の夏~中3の5~6月位までの話ですね

当時の俺は
朝早く起きれたら10分でもいいからMMO
学校から帰ってきたら勉強せずにひたすらMMO
休みの日は朝から晩までMMO
まぁ飯も食わずにとまでは行きませんでしたが・・・
でも友達が遊びに来ても「今から用事がある、ゴメン;」って
笑いながらリアルでの用事の様に言ってごまかして・・・・
友達は「本当かよ~」って笑って・・・・
気が付いてたかもしれないけど・・・・
文句言わずに「またね」って笑って・・・・
毎回休みになると「遊ぼう」って誘いに来てくれてた
毎回断った、毎回同じ理由で・・・

まぁ、そんなこんなの毎日を過ごしてたら
ある日俺はそのMMOのチーターに
腹立てて←どこまでもガキですね;
引退の式までやって・・・・
引退して・・・・
でもしばらくして懐かしくなってさ
久々に戻ってみたら
ちょうど仲のよかった人がいて

「久しぶり~^^ ちょっと戻ってきたよ~♪」

って言ったら明らかに適当に

「あぁ、久しぶり」

って言い返してきた

「元気ないね?前はもっとハイテンションだったのにw」

って何も察する事もせず言ったら

「ごめん、今から狩りするから又ね」

って・・・新しい友達ができてたな
それから何回か話しかけたけど
「今から~達と狩りいくから又ね」
「今から集会、又ね」
時には話かけた瞬間
【只今飯ROM】
って噴出し付けたりして
明らかに避けてた

今まで狩り行く時も集会行く時も
誘ってくれてたんだけどね
しばらく連絡途絶えるとこんだけ態度変わるんだと
思った
でもさ、そりゃそうだね
引退したって人が行き成り帰ってきたところで
対応に困るもんな、てっとり早いのは無視、シカト
だよな・・・

しばらくMMO止めてMMOの時間がゴロゴロする時間に変わってたな
結局やりたいと思ってでも結構ショックだったから
体が拒絶してやりたがらなかった
んで、その頃なってみたら俺の友達もいい加減
休みに遊びに誘ったりしてくれなくなってて
俺の方から遊びにいったんだよ
まぁいい加減嫌がられて
無理だろうと諦めてたけど
なにせ数ヶ月ろくに話さなかったし
遊んでいなかったから
んで、友達の家のインターホン?あの「ピンポーン」って言う奴
押して、そいつの家インターホンにカメラ付いてる奴で
俺の顔見て

「ぉぉ、〇〇じゃん、生きてたのか?結構心配したぞw」

って笑って冗談かましてきた
んで俺が諦めつつも

「これからさ、どっか遊びにいかねぇか?どこでもいいからさ・・・」

って顔伏せて言ったら友達がフーッってため息付いたから
あぁ、やっぱり駄目か、怒鳴られるんだろうなって思ってたら
友達は笑って

「やっぱり休みの日用事あるっての嘘だったろ?やっぱりお前は俺が必要だなw」

って・・・・
俺はちょっと驚いて

「ぇ・・?怒らないの?これだけ勝手な事しといて?」

って言ったら

「お前は俺の友達、人間少しワガママになりたい時だってあるさ、だからキニスンナ」

って笑って言ってくれた
正直俺そこで泣いた
ただ、顔見られたくないから後ろ向いて・・・
俺の友達それ見て笑って「泣くなよ~」って言ってくれた
以来俺はそいつとの約束は絶対破ってない
誘いに来たら絶対付いていくし
自分から誘いにも行ってる

これは後から聞いた話だったんですが
その友達俺がMMOやってて誘うの断ってたの知ってたそうです
俺の親が後々ゴメンナサイって本当の理由を伝えてたそうです


長すぎて何書きたいんだこいつはって感じですが
結構これ思い出すだけで俺泣きそうなんですよ;
もう頭イッパイイッパイになるもんで;
結局ですね、俺が言いたいのは

MMOで友達を作るのは楽だし、現実と違ってクリックだけで自分を磨ける
かなりの魅力です
でも、MMOの友情関係なんて決して厚いものではなく薄っぺらい紙
俺達親友ずっと仲良くしてようねみたいな事を行っていたとしても
それは表面的な友情です、美しく見えてしまうだけです
実際の友達はもっと絆が厚くて、美しいものです
それだけじゃなく、現実でいい友達を持てば持つほど自分も磨けると
僕は思っています
顔を知らない親友じゃなくて、クリックで磨ける自分じゃなくて
本当に大事にするべきものは「現実の世界」「現実の友達」
という事です
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。