上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ FF11辞めた人 -(2006/02/16(Thu) 11:03:52) [ID:Kv35nErz]

半年ほど続けたFF11を辞めました。かなり変則的な辞め方ですが。
毎晩、かなり遅くまで続け、生活にも支障が出始めました。
ぬるま湯に使っているような感じで楽しかったのを覚えています。


しかし、しばらくすると開きはじめる友人とのレベルの差、(ログインしている長さが違うから当然でした。)レベルをあげなければと、半分寝ながらプレイする日もありました。

最終的なきっかけになったのは実はあるギャルゲをやるためにしばらく離れ、その後、またいろいろとクリエイティブな作業(音楽するとか、何か書くとか、そういった形に残る作業)をするために、しばらくゲームにインしない日々が続き、だんだんと醒めてきました。ある意味泥沼寸前で助かりました。



ネトゲは麻薬です。
ネトゲをやっている人、または廃人状態になっている人にいいたいことですがあなたたちは所詮、運営者の手の平で踊っているだけなのです。
ネトゲの自由度が高い?レベル、レアアイテム、装備品などで自慢できる?
それは運営者により作られた幻想です。
課金モデルであるネトゲというのはプレイヤーが続けなければ運営していけません。だからあの手この手でプレイヤーをつなぎ止めようとするのです。機能を増やすアップデート、イベント、そして仲間との絆までもが全てプレイヤーをつなぎ止める担保なのです。

どんなに世界が広くとも、結局その手の平の上を冒険しているだけ、おまけに丁寧なことにそれもプレイ時間が長くなるように時間がかかるような作りになっています。
ばからしくないですか?
この場を借りて、ネトゲを断ち切るきっかけとなった、ギャルゲを勧めてくれた友人に感謝したいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。