上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ wella -(2005/10/23(Sun) 12:01:06) [ID:f1qGvt4r]

2004年12月31日にFF11を引退した者です。
私達の場合、夫婦でFF11をプレイしていました。

今、考えると恐ろしいことなのですが、FF11に費やした時間は1年半で100日に達しました。

パソコンとPS2を、別々の部屋に設置していた為、
お互い、背中を向け合いながら何時間もプレイしていました。
ゲームをしている間の会話を思い出すと、今でも怖くなります。
二人でいるのに、話題がFF11しかありませんでした。
どちらかが失敗すると、「なにやってんだ!」とお互い怒鳴り合いました。
夫婦喧嘩が始まる時間は、早朝・深夜お構いなしでした。

友人や親戚との付き合いよりも、オンラインゲームの中の約束を優先させるようになっていきました。
仲の良かった友人とも疎遠になり、休日は二人きりで満足に食事も摂らずゲームをし続けました。

今考えると、どこからどう見ても異常ですね。
しかし、少なくとも夫婦の間では、異常な価値観が正当化されていました。

一人で遊んでいたら、単純なゲーム性しか持たないFF11をここまで続けることはなかったでしょう。必ず飽きます。
家族や友人が心配しますし、遊んでいる本人も「このままじゃ、やばい」という自覚はあるはずです。
私達の失敗は、FF11を生活の基準にした二人だけの小さな生活空間を作ってしまったことです。

休日になると、ずっと引きこもって夫婦でオンラインゲームをしていても、
周りからは、「二人だけの新婚生活を楽しんでいるのだな」とも見えます。

私達は、FF11を何とか辞める事ができました。インストールディスクもユーザーIDも全部捨てました。
生活のほとんどをFF11に費やしていたため、オンラインゲームを始める前の生活に戻るまで、かなりの時間が必要でした。

私達には子供がいなかったのですが、仮に子供がいた場合を考えると、もっと事態は深刻だったのではないでしょうか。

これから、オンラインゲームを始めようと思っている方、
今現在も、オンラインゲームを続けている方、
これだけは言わせてください。

夫婦でオンラインゲームをすると、家庭が崩壊します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。