上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ どん底人 -(2006/04/02(Sun) 22:37:44) [ID:iNMvsdqi]

私のネット年暦は8年ですかね、ファンタシースターオンライン(以下PSO)と

いうネットゲーをドリームキャストという家庭用ゲーム機で始めたの最初です。
年末の大掃除を終えて、ちょうどやることがなくなったなぁと思っていた時に、ふ

とゲーム雑誌でPSOの特集記事が載ってて「同時接続○○万人」なんて書いてあ

って、(へ~面白そうだなぁ、いっちょ暇だしやってみるか)と思ったのが事の起

こりでした。適当な名前を入れ、自分の気にいったカスタマイズでキャラを作り、

ロビー(冒険の合間に待ち合わせや休憩などに使用するエリア)にキャラが現れた

時は驚きと感動でいっぱいでした。ロビーには常時たくさんの人がいてチャットで

ログがどんどん流れ、みんな夢中で会話してました。
その当時はネットゲーというものはほとんど存在せず、MMOもウルティマオンラ

インくらいしかメジャーなものはありませんでした。家庭用ゲーム機でこれほど大

規模なネットゲーを立ち上げたのは恐らくPSOが初めてでしょう(異論あるかと

思われますが、大目に見てやってください(^^;)。
で、わたしもPSOには夢中になりました。年末年始はもちろん、正月が明け、仕

事が始まってもPSOのことばかり・・・。毎日仕事が終わるとまさに飛んで帰っ

てきて着替えや食事もそこそこにゲーム機を起動させていました。毎夜午前3時く

らいまでやって寝て7時半の遅刻ギリギリに起きて会社に行くという繰り返しが約

半年くらい続きました。会社では遅刻常習犯となり、寝不足で運動不足、四六時中

ネットゲーのことばかり考えているので仕事に身が入るわけもなく、つらいことが

あっても乗り越えるどころかひたすら楽な方法で逃げるようになりました。わたし

は、ただもう早く帰って昨日の続きをやりたいということばかり考えていました。

上司も最初は注意してくれていましたが、しまいにはあきれて、やれやれまたか、

という声が聞こえてきそうな表情だけをするようになりました。
その後、PSOで一緒に遊んでいた仲間と別のネットゲーをするようになりました

。だんだん深みにはまっている自分に気づいてはいましたが、そのうち卒業できる

だろうと気楽に思っていました。それが甘かったのです。仕事も人付き合いもまと

もにやらなくなり、私生活でも会社でも一人きりになっていきました。わたしがコ

ミュニケーションしたいと思っているのはネットの中の友人だけになりました。そ

してある時、会社でミスをして、それが自分のせいだと責められたのを機に会社を

やめてしまいました。3ヶ月くらいネット三昧を味わってから再就職するつもりで

したが、ここで泥沼に陥ってしまったのです。3ヶ月どころが「3年」です。もう

3年もニート暮らしです。働いていたときに蓄えた預金がだいぶあったので生活費

くらいは自分でなんとか出せていますが、そろそろ限界です。別に特技もなく彼女

もいず年齢ももう結婚適齢期をとうに過ぎています。自殺しようかともよく考えて

いますが、人間は自分からはそうなかなか死ネないものです。去年の12月にリネ

2をやめて5ヶ月近く、ようやくリアルに生きてるんだという実感が出てきました


後遺症からか、毎日パソコンを起動しないと落ち着きませんが、ネットゲーはもう

2度とやらないでしょう。
何をするにしても人生に遅すぎることはないんだと自分に言い聞かせ、これからの

残りの人生をいかに有意義に過ごすかを考えて生きていきたいと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。