上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 中毒者S -(2006/03/27(Mon) 15:35:53) [ID:UP6oPY0h]

自分がメイプルストーリーというゲームの存在を知ったのは小学6年生の4月頃。
当時はとあるTVゲーム攻略サイトのチャットにハマっていた。
その時のチャット友達に「○○(自分のハンドルネーム)もめいぽやってみない」と誘われた。
登録方法が良く分からなかったその時は断っていたが、その友達が更にはまり始めた頃もう一度登録をしてみてやっと理解する事ができその場ですぐにDLした。
その時の嬉しさと言ったらなかっだろう。
今となっては確実に後悔しているが。

そして初めてこのMMOをやってみて、とても新鮮な感じがしてになにもかもに驚いた。
最初の頃ではまだリアル>PC(ネット)>めいぽ だった為やるとしても週2くらいだった。
その後ステフリミスなどと言う事を知り、より楽しむ為にキャラを消し新しいキャラを作ったりしていた。
そのゆっくりペースが変わったのは、一番楽しかった2次転職(キャラがランクアップする事(転職する))をしてからだった。
最初は大した変化も見られなく、やる気が起きなかったのだが狩らなければ何も変わらないという 今となってはアホな事だと思うが、その事を胸に頑張っていた。
そしてついには家族が寝静まった頃一人PCを起動しめいぽをやっていた。そしてめいぽをしてから一番欲しかった装備をつけれるLvになり、そこから一気にヒートアップした。

その数週間後には最初は 手を出さないからいいや、無料でも十分楽しめるんだろ と思っていたRMにも手を一度つけた。
そしてそれが引き金となり、最終的にはポイントが余ったなどと言う理由で絶対に手をつけないと思っていた服装アバターやサクサクチケットまでにも手を出してしまった。
僅か4ヶ月の間に1万円と言う大金をたかがゲーム、めいぽに使ってしまっていた。
既にこのころは毎日数時間はめいぽに費やし、めいぽ>ネット≒リアル となっていた。


そして中学生となった。
その頃から色々とやる事が多くなりまた中学という新鮮さを味わい部活で時間も取られるようになり中学からの友達もやり始め、最初はワイワイ楽しかったがなんだか面白味がなくなってきた。
そしてその中学の友達にIDとPASSを渡し引退した。
テストでは分からない事も全然家で復習もせず、めいぽ と言う日々だったのでその余韻で全然勉強はせず、昔は「天才」とか言われていたこの頭も廃れて成績は今までで最悪の物となっていった。
引退した後、自分の周りの友達がみんなめいぽの話をしていてついに数ヶ月たったある日、友達が自分のキャラをどのように扱っているか知りたかったが為にインしてしまった。
そして久しぶりの操作に感動を覚え週一から週二のペースで今またやり始めている。
そんな日々が続く自分ですが・・・
それでもまだ軽傷なのかな と思う。
自分より数ヶ月後にやり出した友達は今でもサクサクチケットなどをフル活用で100Lv越えのキャラを量産しているとの噂も聞く。
それを聞いて自分はただあきれるだけですが。 たかがゲームなのに。と。


麻薬ですね。本当に。今考えるとゾッとします。本当に一度やり始めると止まりません。
本当に意志を強く持っていかないとズルズルと引き込まれます。
やるな とは言いませんがこれからやろうと思っている方はどうぞお気をつけて。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。