上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 投セル -(2005/11/03(Thu) 13:39:58) [ID:eAD2U9f4]

自分もメイプルをプレイしていたので書き込もうと思います。

自分は中学2年の夏にメイプルストーリーの存在をMSNで知り合った人から教えてもらいました。そのときはまだPCのスペックが足りず諦めていましたが、中3のはじめ頃、ちょうど自分が学校に行かなくなるのとほぼ同時にPCを買い換えました。
PCの買い替えと学校のことは関係ないのですが、学校に行かないのを好都合としメイプルを始めてしまいました。

始めた当時はとても楽しかったように思えます。見たことも無いアイテムに高レベルの人が装備している強そうな武器。どれもこれも新鮮に見えました。
そんな中自分も次第にレベルを上げていき4ヶ月ほどたつ頃にはもうレベルは70代でした。ゲーム内での友達も40人近く居たような気がします。いや、登録していただけで実際に仲が良いと呼べたのは数人程度かもしれませんけどね。

あるときふと気づくと自分が何故このゲームをプレイしているのかが疑問になりそれの答えをずっと探していました。
友達が出来てしまったから?レベルを上げるたびに新しい技を覚えるシステムがすきだから?新たなアイテムを装備したいから?
どれも"中3"という大切な時間を使ってまでやることではないような気がして急につまらなく感じて来ました。
そしてちょうどその頃、友達間での口喧嘩が多発するようになり自分自身もこのゲームをプレイする理由が無くなったためやめることを決意しました。
引退式を開いたのですが、やはり多くの友達は自分が持っていたアイテム目当てでした。最後まで引退式の場に居たのはホントに数人でなんだか最後にしては寂しいお別れで、思わず「また暇になったら戻ってくる!」などと言ってしまいました。

それから数日後、このサイトを見つけ一生オンラインゲームをやらないことを決意しました。当時プレイしていた知り合いにもこのサイトを教え、その知り合いもやめました。
自分には"受験"という言葉はあまり苦痛ではありませんでした。いわゆる"不登校"という奴だったので行ける高校は限定されていたし、推薦入試だけで入れる私立高校に入りました。それ自体はあまり後悔していません。新しい友達も沢山出来ましたし。

それと、ネトゲをやっていた頃は窓から聞こえる工事の音が騒音にしか聞こえなかったのに、何故だかそれを聞いていると"普通な生活を送っている"というような気持ちになれました。
やめてからというもの朝起きてから朝食を食べたり、部屋で漫画を読んだりするだけでネトゲをしている頃には感じられなかった"充実感"がありました。それだけでなんだか落ち着いた気持ちになれました。
ネトゲをやめて本当に良かったと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。