上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 名も無きプレイヤー -(2006/01/09(Mon) 23:09:04) [ID:QIE0ZH0E]
2006/01/15(Sun) 15:56:36 編集(管理者)

俺は結婚してて2児のパパだ。もちろん社会人です(サラリーマン)
リネに出会ったのは、今から3年前のyahooのモデムに同封されてたCDからだ。
PCでゲームなんて、すごい引き篭もり系が多いと偏見してたから
ゲーム好きではあったけど、1日1時間程度でのめりこまなかった。
しかし、1ヶ月が過ぎた頃から何かが変わり始めた。
仲間ができ、憧れるプレイヤーができ、ライバルが出現した。
PTハントで役に立つ存在になりたい。憧れるプレイヤーぐらい強くなりたい等。
早く強くなる為に、接続時間が大幅に増えてた。
そして、いつの間にか睡眠時間を削るぐらいにまで・・・。
まさに転げ落ちるかのようにリアルが崩壊していった。
子供を見る時間が大幅に減り、仕事にも支障がでた。
更に2ヶ月過ぎた頃、体重が5キロ減り軽い拒食症に陥った。
食べたくても、毎日の睡眠時間が3~4時間のせいか
胃がもたれて食べ物を受けつがない・・・。
そして最後には仕事を続ける事が困難なり、長年勤めてた会社を退職した。

退職した当時、妻や子供の手前落ち込んではいたが
心のどこかで、新しく就職するまではリネをやりこめる!と思っていた。
新しく仕事を見つけても、いろんな理由言ってすべて1ヶ月もたなかった。
リネだけはやり続けた。ライバルをごぼう抜きしてた。
仲間から「成長はえぇぇ!!」とか言われた時には優越感やらいろんな気持ちで爽快だった。

しかし・・・そんな生活も長続きするわけもなく、
ある日、朝起きた時(リネを徹夜してたため起きたのは昼過ぎ)
妻と子供がいなかった。そう・・実家に帰っていたのだ・・・。
電話をかけたら、妻はこう言った。
「新しく仕事に就こうとする気配もないし、就いてもすぐに辞めちゃうから
○○(俺の名前)と一緒にいたくても、生活がやってけないから無理」
ショックだった・・・でも喜んでる自分もいた。これでリネ三昧だとね。
それから2~3日過ぎたとき、大切なものを失った事に気がついた。
いつも当たり前のようにあった、妻と子供の笑顔・・・。
リネでいくら強くなってもリアルがボロボロだと心から楽しめないときづいた。
リネ(ネトゲ)を満喫する為にリアルがあるのではなく、
リアルを満喫する為にリネ(ネトゲ)があるんだよね。
いつのまにかリネ>リアルになってた。目が覚めたよ・・・。

すぐに装備はすべて燃やして、キャラも消す事にした。
リアルが自分の生活(結婚してる)と似てて仲が良かった人と
突然の最後の別れを告げた時、キャラを消した時はマジで泣いたよ。

それからが大変だった・・・。
履歴書に穴があきまくりだし、20代前半とはいえ就職に苦労した。
下手な鉄砲も数撃てば当たると思い、毎日2、3箇所面接を受けた結果、
2週間ほどかかって、ようやく仕事が決まり妻と子を迎えに行った。
リネを完全に辞めた事、仕事が決まった事を知ると
妻はその場で泣き崩れて喜んでくれたよ・・・。

それから2ヶ月が過ぎ履歴書を偽ってたのがバレてクビかな?って事もあったが
勤務態度や、能力から考慮されクビは免れた。
リネで学んだ経験地効率の考えを、仕事(製造業)に繋げたらかなり評価された。
マイナスばかりではなかったんだと思えた。

仕事も落ち着いてきて、リネのHPを渡り歩いてたら再びリネがしたくなった。
しかし、前の悪夢が・・・。妻とリネをするに当たってルールを作った。

1.週休2日だから1日は完全な家族サービスデーとする
2.平日のプレイ時間は最大で2時間まで
3.リアルを優先する

この3つのルールを守るという事で再びリネを復帰した。
復帰したら、当たり前だが仲間から歓迎されたけど
そこには以前の楽しさがなかった。
約4ヶ月ほどリネを離れてた結果、自分だけが時間が止まっていたのだ。
クランチャットでは新しく入った者もいるせいか空気が変わってた
ライバルであった者達は成長しており、
当時、廃プレイしてた俺の装備、LVまで成長してる者や超えてる者までいた。
PTハントでは、再び1から始める自分はお荷物になってた。
自分の居場所が完全に無くなってた・・・。
新しい鯖に移って、完全に初心に戻ろうと決意した。

3つのルールを完全ではないが、守りながら、
約2年弱という年月をかけて52になる事ができた。
今となっては自分が馬鹿に思える。
限られた時間とは言え、LVを上げる為に9割が作業狩りをしてた。
毎日の狩りが苦痛に感じてたのにそれでも莫大な時間、年月をかけたんだからね。
内心はどう思ってるかは分からないが
モニターでは完全な社会人(サラリーマン)DKだと尊敬された。

しかし家族、仕事は守れたが失ったモノはたくさんある・・・。
仕事、家族を優先するようにしてたが、本当にそうか?
家族と出かけてても、頭にはリネがあった。
仕事をしてても、リネの事をよく考えていた。
結果、出かけてても予定より早く帰る事もよくあったし、
仕事でも効率重視の考えを言ってたが、本当は毎日早く帰りたかっただけ。
本当にいいとは言えないよね・・・。

52になって更に上を目指そうという気持ちもあったが、
リネを辞めようか真剣に考えてしまう事が次々と起こった。
一つはクラン関係で、一人の人間がリアルの人格を疑ってしまうぐらい
無神経な行動、発言がかなり目立ち、それが許せなかった。
その事をよく相談してきたプリも問題で
追放すればいいものの、それを伝えても「最低限の人数を確保する為」
「最低な人間と分かってても、自分について来てくれる者は追放できない」等
相談してきても、俺に何を求めてるのかが理解できなかった。

最後に無神経クラン員とプリや他の人、そして俺達が感じてる問題を
1対1で話し合いました。
最後は逆切れされたよ。そしてこう言われた。
「まともな人間は○○だけだよ~~!!あなたはおかしい!!」
反論できなかった・・・。
何故なら、○○は俺より遥かに接続時間が長いプレイヤーを
まともだと言われたから話にならないと思いました・・・。
そして、矛盾だらけのプリ、頭が少しおかしいクラン員1名が理由で
クランを抜けました。

もう一つの理由は
これはリネだけにじゃないと思うが、プレイヤーが強くなると
モンスターが強化されたり、仕様変更がきたりして
装備、LVは変わらなくてもトータル的にプレイヤーが弱くなる事がある。
何故Lv50で楽に行けてた狩場が52で辛くなるんだ?
つまりユーザーを繋ぎとめようと、あらゆる方法使ってくるきりがないと感じた。
そして、去年の12月後半にリネを去った。

自分には家族がいて、寂しい奴じゃないし
仕事もしてて、1日中プレイしてる廃人とは違うと思ってた。
でも、ここのいろんな体験談を読んでたら当てはまる部分が多かった。
自慢じゃないが、去年の思い出はリネの事しかまともに思い出せない。

自分が社会人と言ってても、話をしてたら本当はフリーターや無職の奴もいる。
風呂に入ってなくても、臭いとかわかんないし、
ルックス的に現実では付き合いたくないタイプの人間もいる。
でも、話してる相手はいつもキャラクターで
その人の現実なんて見えないし、あくまでこっちの想像で
見ちゃう部分が大きいから、危機感を感じにくいと思う。

ネトゲは中毒性、依存症になる要素が多い。
自分がプレイしなければ、その間成長が止まるからプレイしてしまう。
ライバル、仲間に遅れたくないからね。

そして、仮想の世界で自分の勝手に思い込んでる仲間意識。
2~3ヶ月休止してたら、自分の変わりなんていくらでもいるし
自分の存在なんて消えますから!!
たいがいは、ネトゲの関係が切れたらほとんど関係は無くなる。
チャットできるから、人とのコミュニケーションは取れて勉強になるとか
自分は仕事したり、恋人いるから問題ないとかなんて考えは甘いよ。

ネトゲの知識なんていくら身につけても、現実社会では話題にすらできない。
ネトゲばかりで、仕事等での会話の話題についてけなくなってくる。
いくら強くなっても、現実社会では誰からも認められない。
せいぜい、かなり毎日ネット繋いでるんだね~って思われるぐらいだ。

休日に友達や恋人と遊びに行くほうが、つまらない内容でも
後々、1年を振り返った時とかに思い出として残ってるよ。
頭の中にネトゲの事を考えながら、恋人や友人と遊んでても
ネトゲの事しか思い出せないから参考にしてください。

どんなサービスでも次々新しい物が出てくるから
1年後、2年後には無くなってるor過疎化してる可能性も高い。
その時、ネトゲに費やしてきた時間or期間が多い、長い人ほど
精神的にヤバクなるだろうし後悔するだろう。

家庭持ちの自称ライトユーザーではあったが、リネを辞めた今、
平日2~3時間でも空白になった時間をどう埋めるかを真剣に考えてる。
ネトゲは完全に辞めたが、後の後遺症はでかい。
頭の回転がとろくなった事や、空いた時間はやる事がわからなくて
いろんなサイトのHPを渡り歩いてる状態・・・。

自称ライトユーザーのみなさんも後悔しないようにしてください。
まさに、時は金なりです。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。