上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ りぃ -(2006/02/05(Sun) 14:55:09) [ID:JWQYoFek]

私は昨日までの2年間半、数箇所のオンラインゲームにはまっていました。
当時リアルの人とは明るく話せたし友達も結構いたので引き篭りとまではいきませんでした。

私がはまったきっかけは夏休みたまたま暇でPCを起動してネットをいろいろ回ってたら、無料オンラインゲームという広告が目にとまってしまったことからでした。
初めてはまったゲームはひとつの広い町でたくさんの人と話したり○×ゲームや迷路などミニゲームがあるコミュニケーションオンラインとでもいうのでしょうか・・・。
(その時は気づかなかったのですが出会い系オンラインでした)
始めた当時は「なにやってんだろこの人達。」という感覚しかありませんでした。
断然リアルのがその時は楽しかったからです。
そして町を徘徊しているととある人に話しかけられました。
Iとでも呼んでおきましょうか・・・。「今何してるの?」
初めてのチャット体験だったのでドキドキしましたが話してみるととても楽しくて気が合ういい感じの女の子でした。
その子のおかげでゲームの中でもう一人気の合う女友達Yとか友達がたくさんできました。友達が増えるにつれ私はだんだんオンラインゲームにはまっていってしまったのです。

そしてとうとうゲーム内で「彼氏」というものができてしまいました。
学校から帰りPCを即起動という日常がその日から当たり前になってしまいました。
当時は彼氏もできたし友達もできたし毎日が楽しくて楽しくてしょうがなかった・・・。
そしてリアルがどーでもよくなっていった。

でもそんな日々もあっけなく壊れた。
いきなり彼氏が訳も分からずゲームにログインしなくなりメアドも何も言わずに変えられた。
私は急な事で意味が分からなくてショックでいっぱいだった。
その日から私はログインする事が減っていった。そんな時励ましてくれたのがZだった。
ZはIの彼氏でその時はいい奴程度しか思ってなかった。
何もかもやる気がなくなったある日ゲーム内のカップルの話が聞こえてきた。
「○○でレベル12なったんだぁ~」
○○・・・??私はそろそろこのゲームも潮時かと思いそのゲームを始めてみようかと思った。
せっかくだしIとZも誘ってみたら快く承諾してくれて3人で一緒にやる事になった。

そのMMORPGはβだったので無料だった。
今まで戦う事のないオンラインだったから何もかも新鮮で毎日ゲーム放置して寝る日々が多くなり、IとZもはまっていった。当時からIとZは喧嘩が絶えなく私が仲裁する事が多かった。
周りはカップルだらけだったので私も彼氏が欲しくなり寂しさからTと付き合うことに。
前のような思いはしたくない。Tはその事を理解してくれるとても優しい人だった。
しかし誰にでも優しい性格のせいか誰かのレベル上げに行ったり他の女ユーザーとの狩りが多く、私は寂しくなりTのもとから離れていった。

そこでまた慰めてくれる男Rが現れた。とてもノリのいい感じの人だった。ゲーム内では・・・。
その人とはお互いの顔を交換する仲にまでなりとうとうリアルで会おうという事になった。
顔はもらったけどぼやけててあまり本当の顔を知らないまま会うことになった。
後姿は長身でいい感じだった。こっちを向いたその瞬間私は衝撃を受けた。顔より性格と思っていた私だがさすがにひいた。
いかにもオタクです的なきもい男だった。喋るのに慣れてない感じで特に面白みもなくゲーム内とは正反対だった。一瞬で恋心は崩れ、すぐに帰りたくなった。
次の日からその彼氏とはぎくしゃくした感じになった。
それでも私は人間性格だと自分に言い聞かせて頑張った。でもだめでした。
たまたま一緒に狩りに行った人にやきもちをやき、いつしか話しかけてこなくなった。
こんな状態続けるの嫌だから私から別れを告げました。

もうゲームで恋愛なんかするもんかと思ったけど再びしてしまった。
前に付き合っていたTだ。寂しい思いはもうさせないと謝ってきた。
私はTを信じてよりを戻すことにした。しかしLという女のせいでのちに別れる事に。
Lは私の男友達Uの事を好きだった女でTとも友達だった。
私はUの事を好きだったわけではないけれどLの事をUが嫌がっていたため私と一緒にいる事が多かったせいか「Uをとられた。」などと友達に愚痴っていたらしく、私は悪者にされた。
その話をLから聞いたTは「Uと一緒にいれば?もう友達に戻ろう。」などと言ってきた。
私の話を信じないでLの事を信じたT・・・。とても悲しかった。
何かもう全てがアホらしくなった。私は弟分的に慕っていたUと他のMMOへ行った。

でもやっぱり他のMMOでは長続きしなかった。Uは前にやっていたMMOに戻っていった。
私は友達にLがいまだに私の悪い噂を流しているという話を聞いた。
そして久々にZからメールがきた。今まで起こった事全て話した。
ZはLがI(Zの彼女)に私の事を言っているのを聞いていた。Zは何か言いたそうだった。
「何か隠してる?」と聞くと「Iがお前の事散々言っていたよ・・・。」私は唖然とした。
Iの事とっても信頼していたのに。所詮ネットだけの関係か・・・。もう全てが嫌になった。
そして人間不信になった。Zは毎日のように悩みを聞いてくれて助けてくれた。
ある日ZはIと上手くいってないと言い出した。「会わない?」
私は嬉しかった。前々からIが羨ましかったのかもしれない。いつしか好きになっていた。
そしてIに内緒で会うことになった。Zはかっこよくて優しかった。
今までのは一体何だったんだろうと全てを忘れることができるくらい幸せだった。
しかし幸せな日々はずっと続かなかった。私はZを裏切ってしまったのだ。

私は少しずつMMOに戻るようになっていった。そこでβ時代からの男友達Aと一緒にいる事が多くなっていったのだ。MMOにいる時にZからのメールがきた。「めんどいからいいや。」
私はリアルがめんどくさくなりまたMMOにはまってしまっていたのだ。
そしてとうとうAから「彼氏いるの?」と言われ「いないよ。」と言ってしまった。
Zは確かに彼氏にはなれなかったからだ。Iとまだ付き合っていたから・・・。
Aのほうに気持ちが傾いてしまったのもZはIという彼女がいるという寂しさを感じていたから・・・。私はZが好きという気持ちを押し殺しAと付き合う事にした。
その事をZにメールしようとしたらZからメールがきた。「Iと別れたよ。」
「え・・・。」もうショックでたまらなかった。Zから離れる決意をした直後だったから。
辛かったけれどZに別れを告げた。申し訳なくてたまらなかったけどしょうがなかった。

Aは少し前にY(前のオンラインの女友達)と自然消滅していた。
AがYの束縛に耐えられずメールとかも無視していたらしい。
私はそんな事も忘れてAと毎日楽しんでいた。
するとある日Yからメールがきた。「人の彼氏盗って楽しい??」
そんな事が長々と書いてある文章だった。Yと仲良かった日々がありえない程の口悪い文。
Aはほっといてと言ったが私はほっとけなかった。ありのままの気持ちをぶつけた。
メールの返事は来なくなった。ほっとしたつかの間男友達からいきなりの耳打ち。
「IとLとYがお前の事噂にしてかなり悪口言ってるぞ」
そのMMO内で私の噂がどんどん流されていった。人の彼氏を盗る女などなど・・・。
私は勝手に言ってていいよ的に思ったのでほっといたけどその話がIからZに伝わった。
メール殺到。とうとう鬱になった・・・。ネット内の女って怖いと思った。
噂を信じる人たちがどんどん増えていって私は吊るされた気分になった。
IとLとYは陰ではお互いの悪口を言ってたのに。私は前に散々3人に愚痴られた。
IがうざいだのLがうざいだのYがうざいだの・・・。何なのこの人たちと思った。
悩みもたくさん聞いてあげたし何かあったら助けてあげたのに男の事になるとこんなにも変わってしまうなんて・・・。もう誰も信じられなくなりました。

Aとは何回かリアルで会うほどの仲でした。顔はそこまでいいとは言えなかったけどとても優しくていい人でした。でも最近別れを告げました。Aと付き合うことにより、家に帰りPC起動の日々が多くなったからです。いつまでもこんな生活いけないとふんぎりをつけました。

久々にZからのメール。私の事を心配してメールしてくれたみたいでした。ZはもうMMOから手をひいてリアルでとても楽しく毎日を過ごしているそうです。「MMOなんてもうやるんじゃねぇぞ。」彼の第一声でした。Zの事裏切っちゃったのに待っていてくれたなんて・・・私は涙が止まりませんでした。そして今私はZと付き合っています。MMOはもうやっていません。彼のおかげで脱MMOできました。本当にありがたいです。
親に言われました。「1年前お前生きてる感じがしなかったぞ。」
学校の出席統計を見ると出席日数ぎりぎりでした。MMOやってる時は感じる事ができなかったのです・・・。無意識に学校をさぼりがちでした。
MMOは本当に怖いです。私は彼氏と家族のおかげで辞めることができました。
時の流れを感じることができないのですから・・・。ネット上の薄っぺらい友情にだまされないでください。私は二度ともうネット上の人間と友達になんてなろうと思わないし信じようとも思いません。腹の底では何考えてるかなんてわからないんですから・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。