上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ とある大学生 -(2005/11/25(Fri) 14:05:49) [ID:Yiset7zI]

私は大学一年の中盤、部活の先輩に勧められてネトゲの世界を知りました。
ネトゲを始める前の私は、自分で言うのもなんですがまともな人間だったと思います。
偏差値の高い大学に入学し、格闘技の部活で体を鍛え、
容姿にも気を配っていたので女性にもモテていました。
しかし、ネトゲにはまりはじめてから、そんな自分はゆるやかに腐っていきました。

もともとテレビゲームが好きだったのでネットゲームにはまる素質があったのでしょう。
大学の講義をサボってレベル上げをしたり、
友達と遊ぶ約束よりもネットゲームを優先させたりするようになっていきました。
実家から通学していたのでご飯や洗濯などの心配もありません。
外に出ている時間以外はずっと部屋にこもってレベル上げをしていました。

その頃の私には高校の時から付き合っている彼女がいました。
彼女はお人よしで従順で、私が言う事は何でも聞いてくれるような女性でした。
今思うと、その頃の自分とはとてもじゃないけど釣り合っていませんでした。

私がネトゲにハマり出してから半年ほどしたある日、
「私との約束よりもネットゲームでの約束を優先されるのは悲しい」
という彼女に、
「ネットゲームでの約束を破ると多数のメンバーに迷惑がかかるから無理なんだ。バイトが断れないのと同じだよ」
と反論していた自分を今でも覚えています。その時の彼女の表情も。
あの頃の私の精神は明らかに狂っていたと思います。
人としての常識が欠落し、価値基準の中心にネットゲームが据えられていました。

ネットゲームにハマりだしてから一年が過ぎた頃、
私の体重は入学時の58Kgから72Kgまで増えていました。今考えると寒気がします。
しかし、その頃の自分は、
周りの友人に「お前最近おかしいぞ」「太った?」
と言われても、全く意に介しませんでした。自分を客観視できなくなっていました。

ネットゲームを始めてから一年と半年が経った頃、
彼女はだんだん情緒不安定になり、喧嘩が耐えなくなりました。
ゲーム内でなら一杯話せるし、お前も一緒にネトゲしたら?と誘ってみましたが、
「最近パソコンとかゲーム機を見ると胃が痛くなる。吐き気がするの。だから無理。」
と言われました。

そして付き合い始めてから2年が経った頃、彼女から急に別れを切り出されました。
今考えてみれば至極当然の結果なのですが、当時の自分には大変なショックでした。
「このままじゃ私は前に進めない。」
と言われ、俺は何も言い返せませんでした。
「ネトゲのやりすぎで彼女から愛想を尽かされた」
という最高に格好悪い事実が自尊心を締め付けました。ショックでネトゲも辞めました。

彼女と別れた後の自分には何も残っていませんでした。
単位は足りず、友人とも疎遠、たるんだ体型、歪んだ価値観・・・。
小学校から高校卒業まで積み重ねてきた自分の「価値」のようなものを
まとめて失ってしまっていました。

「このままではまともな人間になれない」
そう思った俺は、家から出て1人暮らしを始めました。
炊事、洗濯、掃除を自分でこなして、生活費は自分の手で稼ぐ。
こんな当たり前の事をするようになって、
最近ではやっと元の自分を取り戻せたように思います。

今ではなんとか大学も卒業し、内定先でバイトして生活しています。
春からは社会人です。

今振り返ってみて思うのは、ネットゲームというものは本当に毒にしかならないという事。
人生において、回り道というのは大抵プラス面もあるものですけど、
ネットゲームはそれが無かった。
・・・しいて言うなら、タイピングが速くなった事ぐらいですかね。

最後に。
引きこもり時の俺を変わらず見守ってくれた友人と親。
散々振り回されて、それでも結果的に俺を救ってくれた彼女に感謝しています。

拙い文章に最後まで付き合って頂いてありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。