上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 烏龍茶 -(2004/12/05(Sun) 15:09:26)

こんなサイトがあったんだなあと思い、自分の体験談を投稿させて頂きます。
私は特に全面的に反対、とゆうわけではないのですが、よろしくお願いします。


○ネトゲにハマり込んでいた頃

当時、専門学校の卒業間近であった自分は、PSOに出会いました。
元々ゲームが好きだったので、ハマり込むのは簡単だった。
あたかもオフラインのゲームのキャラクターが、全て人になったような、
まったく新しい感覚に感動し、そのときから生活の中心がそれになった。

目指していた「夢」もその頃少しボヤけてしまい、それも拍車をかけたのだと思う。

皆が学校でがんばってる間も、ひたすら薄暗く、汚い部屋でネットゲームに興じる毎日。
寝てるのか、起きてるのかも分からない。
夢にゲームがでてくる。現実でもゲームをしてる。
今リアルにいるのか、ゲームにいるのかの判別も着かなくなる。
日10時間を越える、ゲーム時間・・・。

頭の中はゲームのことしか考えて無い・・。
風呂に入ったときなどに、たまにシビアに現実のことを考えさせられ、
それが嫌でさらにゲームに興じる。
終わらない螺旋。

たまにネットゲーム批判の記事をみると、全力で反論する。
現実を突きつけられるのが恐いからね。
そして、キチンと正常な判断ができないから、
冷静に自分を戒めることも出来なかったんだと思う。

ネットゲームは中毒性があると言うが、まさにそうだと思う。
麻薬をやったことは無いが、聞く限り実にそれに似ている。



○鍵

ネットゲームをしている間も、かすかに自分の中に残っていた現実世界のことがある。
それは「目指していた夢」と「毎月仕送りをしてくれる母」のことだった。

ネットゲームをしている間、どんどん離れてゆく夢。
そして、父に止められながらも、個人的な貯金を融通して仕送りを続けてくれる母。
母への、申し訳なさ。

この二つのことが、自分を現実に戻す鍵になったと思う。



○現実の友

自分は2年間に渡り、PSO→XG→ROと廃人生活を続けていた。
2年とゆう月日はすぐに過ぎた。

ネットゲームの人間関係など薄いものだとゆうが、まさにその通りです。
その間できた友人は、ゲームを移るたび居なくなっていき、
新しいところで新しい友人を作っていました。

現実での自分は、人見知りが強く、できる友人といえば常に3~4人だった。
でもその友人達はとても仲の良い友人達。
ネットゲームではすぐ友達ができますよね。物凄く薄い友達がね。
ハマってる人から見ると、そんなことないとか思うかもしれないけど、
ホントに薄いんだよ・・びっくりするくらい。

そんな廃人だった俺を、リアルに戻してくれたのは、リアルの友人だった。
同じ道を目指していた友人。
親友だと言ってもいいかもしれない。

そいつが、就職の報告をしてきてくれた。
地味な就職活動を、そいつは1年、がんばった。夢を掴めた。
「俺は就職できた。お前ならやれる。がんばれ」そう言ってくれた。

俺は、表向き素直に、そいつを祝ってやったけど、
腹のなかがドロドロするような、なんともいえない悔しさ、後ろめたさ。
お前ならやれるって、何を言っているんだと思ったよ。
俺はネットゲーム中毒で、どうしようもない状態なのに。



○回帰

俺は就職活動を始めた。ネットゲームは辞めた。
辞めたとゆうか、RO自体が面白くなかったし、惰性でやっていたからかもしれない。
ともかく、就職活動を開始した。

製作活動をしつつ、何十社送ったか分からないくらい送ったと思う。
初めて半年。なんとか就職がキマった。

自分が目指していた夢は"ゲームクリエイター"だった。

ネットゲームが好きだった。
新しいゲームの形を感じた。

これを創りたくなった・・・就職してみよう。いつか創れるかもしれない。
一番大きな、気持ちの原動力はこれだった。

ネットゲームによって、道を外し。
しかしある意味で、ネットゲームによって救われた。

会社に入って、最初のプロジェクトがネットゲームだった。

この世界に入って2半年になる。
面白い。胸を張っていえる。自分の天職だと。
ネットゲームにハマったことは、後悔しては居ない。
新しい道をくれたから。

でも自分の場合は稀なパターンだと思う。
そして"道"をくれた以外に、ネットゲームで得たものは、無い。

多くの人が言っているように、ネットゲームで得るものは、まず無い。
辞めた後、残るものは、無い。
今のあなたの人間関係を考えると、そんなはずないと思うかもしれない。
でもこれは確実な現実です。



○今現在

今現在、自分はネットゲームをしている。
といっても、仕事柄研究を兼ねてとゆうのがその理由。
そして、自分は朝方非常に弱いので、朝はやく起きるようにし、その後軽くプレイ。
遅刻も無いし、友人と朝、朝食を軽く喫茶店で済ませ、出社。
とても充実した毎日です。

企業側は、辞められないように(中毒になるように)創ります。
気をつけてください。

こうゆう立場の自分が言うのもおかしいですが、
特に夢や目標のある人は有無を言わず、絶対にプレイしないでください。
最初のネットゲームほどハマるものは無いです。
プレイするときは、それを諦める覚悟でやった方がいい。
1年、2年のなにも得られない時間と引き換えに、夢を諦めますか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。