上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ キョン吉 -(2005/06/17(Fri) 01:05:35)

ネトゲは中1の終わりごろから友達に進められてはじめました。
中1の時は本当に暇つぶし程度でやっていました。
元々ゲーム類が好き・・でもヘタレ。まぁリア友とチャットが中心でした。
ところが私は中2になって私はクラスがなかなか馴染めず、いつも一人で席に座っている感じでした。

それからですね・・ネトゲにどっぷりはまっていったのは。
ヘタレながらもリア友と狩りをしたり、お話したりでだんだんネトゲでの友達
もできて・・・
自分のキャラが強くなってくるとPTで狩り。
一度PTくむと、なかなかゲームもやめられなくなってダラダラとプレイ。
その間チャットで盛り上がったりして普段暗い私には癒しでした。
パソコンやりながら一人でニヤニヤ笑ってる自分がいて、親も白い目で見るよ
うになりました。
「あんた気持ち悪いよ」と親に言われれば「アンタにこのゲームの素晴らしさ
は分からない」とか、えばっちゃったりして。ネトゲの方をリアルより中心に
してたりして、今思えばバカですね。

学校での人間関係は最悪で、クラスの人は私に話しかけようとしませんでした。
容姿なんかも全然気にしないでいたので、だんだん男子にも馬鹿にされるよう
になり・・
クラスに通わず相談室通い。
ネトゲしている以外は、いつも「死にたい」とか思ってました。腕も切ってました。病院にも行って結果は欝病。

だんだんネトゲで人生相談するようになり、自分だけで淡々としゃべり満足した
ら落ちるみたいな感じになってきて、狩りなんかもしませんでした。
レベルも周りについていけなくなり、ネトゲにも居場所がなくなってきました。
でもそれでもなんとか仲間をみつけてしゃべってる。一生懸命現実逃避してました。

中3になって、仲の良い友達と一緒になって病気の方は治ってきました。
でもネトゲはやめられなくて・・

そんな完璧中毒者がどうやってやめられたかといえば・・受験があったからです。私には「高校へ行きたい、でもバカ高校は行きたくない」という気持ちがありました。でも中2の時勉強をしていなかったので成績は最悪。
志望校合格も難しいと言われていました。
でも必死に勉強。友達にも支えられました。そして無事志望校合格。

ネトゲで「受かったら連絡するからwまた復帰するよ^^」
とか何とか言っていましたが、受験終わったころにはネトゲなんてやる気がなくなっていました。
ふと振り返れば「私は何をやっていたんだろう」と思うばかり。
ネトゲでの友達なんて、ネトゲやらなきゃ何の関係もなくなる。
でもリア友は違う。高校合格したときは一緒に泣いてくれた。一生の付き合いにもなる。
その友達は高校前期で受かっていて、後期受けるのは私だけでとても心配をしていてくれた。その友達の手作りのお守りがどんだけ嬉しかったことか、支えになったことか・・。

ネトゲで得たものといえばタイピング能力くらいかな、商業系の高校なんでわりと役に立っていたりw
今では高校1年生ってな事で容姿も気にするようになりました。服を買ったり化粧品買ったり雑誌を買ったり・・金はかかりますがね。
ネトゲでのキャラにかわいい服を着せるために必死でレベルを上げていた自分が馬鹿に思えます。

お守り作ってくれた友人とは高校も同じですごく仲良くやってます。
ネトゲやってたころより、断然生活が充実しています。てか比べ物にもならないくらいに。
ネトゲは確かに楽しいです。でもリアルに残るものは全然ない。
「自分はこの生活でいいんだ」とか思っている人も、それはそれで良いと思いますが、結構損をしていると思います。
「現実は厳しいし、辛くてたまらない、毎日同じ事するのも疲れる」
でもその毎日の繰り返しが、生きている証にもなる。だって現実で見ていてくれる人がいるんだから。ちゃんとした「人」が。
ネトゲは顔も見えないし、サービス終了になったらその時の架空の財産もキャラも栄光も消えてしまう。
リアルがどんだけ大切なのか、今ネトゲやっている人に考えて欲しい・・と、思います。

文章めちゃくちゃでゴメンナサイ;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。