上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 558 -(2005/05/30(Mon) 22:36:55)

MMOを始めたのは03年5月、丁度2年前。自作PCが趣味だった俺はグラフィックボードを
購入した。それまで3Dゲームはやってなかったんだけど、とにかくスペックを向上
させていいマシンにしたくてね。 それで試しに手ごろなゲームはないかってことで
あちこちのサイトで紹介されてたROってのを始めてみた、もちろん即ハマリ


ROを始めたその時はまだ健康だった。大学4年で研究室にもちゃんと通ってた。


ところが6月に入って、卒論予定だった共同プロジェクトが周囲のメンバーの
進捗の悪さから卒論に使えなくなった。卒論に使えなくなったこととメンバーの
気の合わなさにうんざりした俺は1週間ほどのつもりで学校に行くのをサボった。


そこで俺を癒してくれたのが仲間が増えて楽しくなり始めてたころのRO。
ここなら気に入らない連中のことも考えずにみんなと楽しく遊べる。
その週はROばっかりやって、更にハマっていった。

そして1週間が経過したけれども、あんなダルい奴らのいる(プロジェクト自体は
継続中だったので)学校にいく位ならもうちょっと遊んでた方がいいやと思って
ROを続けてた。 今考えればこれが一番の失敗だった。


やがて夏休みになった。俺もRO始める前に頑張ってたので一応内定は貰った。
でも学校に行くのはどんどんおっくうになってた。自分には「社会人になったら
1日中遊ぶなんて出来ないし、人生最後の長期夏休みとしてROをじっくりやりこめば
いいさ。秋になったら復帰すればいい。」なんて言い聞かせて毎日ROで遊んでた。


ところが億劫なのが自分の知らないうちに酷くなってた。いつのまにか学校に対して
拒否感が生まれてた。数ヶ月離れていたのに今更普通に戻れるのだろうか、という
恐怖感から秋が来ても学校には行かなくなり、10月になんとか行かなくては!と
学校に行ったときはボロボロ泣いてしまった。それが原因で学校嫌いは更に酷くなった。

結局冬がきて、もう学校のメールを受信しようとするだけで震えて涙が出るようになり
常に頭をそのことの自責の念が占めるようになった。俺はそれをなんとか振り払おうと
一生懸命ずっとずっとROをやっていた。ROをやっている間だけは忘れられたからね。


そして新年が明けて2月になり、留年が決まった。内定も取り消しだ。
俺はもう取り返しのつかない状態になったと絶望し、ROとROをやってた自分を恨んだ。
だから俺はROを月2回程度のログインに抑えようと、そこでやっと決心した。


ただ、卒業を失い、大学には行けず、まわりの友人は卒業してしまった俺には
何も残ってなかった。だからROは休止したけど、他のMMORPGを渡り歩くネトゲジプシー
になっていった。自分に今できる嫌なことを忘れられるものはそれしかなかったから。


しかし6月に親とけんかになり、夏の間考え抜いた俺はついに秋に精神科へ向かった。

最初に書いたとおり俺はメンヘラーは大嫌いだった。些細なことを自分で解決できず
ウジウジしてる連中なんて大嫌いだった。だから今の状況も誰の力も借りずいつかは
自己解決できると信じてた。でも学校に行かなくなってもう1年が経過していた。


何時の間にか自分の力ではどうしようもなくなっていたことを認めなくてはいけない
ことは非情に苦痛だった。でもこれ以上この状況を長くしたくないと、精神科へ行った。

その結果軽度のうつ病と診断された。自分が今正常な状態じゃないと認定されることで
「ああ今の状態は仕方が無いのか」と受け止められ、フッと気が軽くなった。

うつ病は心の問題だけでなく脳機能が実際に低下してる身体的な病気でもあるらしい。
投薬とカウンセリングで半年~1年以上で治療可能な立派な(?)病気とのことだ。
その日から苦しいこともありながらも治療を開始した。


そして今、2留しながらも気持ちは去年よりははるかに楽になった俺がいる。
昔の友達にはメールでだけど再度連絡を取り合うようにしたし、学校も研究室に
行くのはまだだけど、キャンパスに行くことはできるようになった。
なんとかして今年度こそは卒業するつもりだ。

気持ちが楽になるにつれて、俺はネトゲ全体のプレー頻度を自然と減らしていった。
毎日→週1~2日→月5~6日→2ヶ月に2~3日 といった感じで。
この2年すがりつくようにプレーしてたMMOだったけど、その時は止めて3日経てば
自然と名残や意欲が減っていった。 残ったMMOは結局ROだけになった。


そして先月、財産を全部イベント費用に変えて、皆にパーッと騒いでもらって
無事ROを遊び終えた。ようやくMMOから離れることが出来た。


この話を通してネットゲームをこれから始める人に何が言いたいかというと

ネットゲームは楽しい。面白い。

このスレにいる人たちの中には「ネトゲは単調でつまらないからやめとけ」
という人たちもいるとは思うが、それは飽きた人間の理屈であって、
よほどハズレを引かない限り初心者にとってどのネットゲームも新鮮でおもしろい
はずだ。

仲間。仲間をつくるとネットゲームがもっと楽しくなる。みんなとても
いい奴ばかりで、いつ遊んでもしゃべっても楽しい奴らばかりだ。
ネットゲームの楽しさは仲間の数に比例するといっても間違ってないはずだ。


ただ、ネットゲームを始める前に、なんでゲームをやりたいか確認して欲しい。
俺の場合は1か月遅れてだったけど、もしかして会社や学校で上手く行かないことが
あって、そのストレス解消にネットゲームを始めようとしてないか?

その場合はかなり危ない。ネットゲームはおもしろいし、そこにいる奴らは
いい奴らだらけだ。とても居心地がいい。気に入らない連中の顔を見るより
ゲームの中のみんなと遊びたくなる。

それが1日になり、1週間になり、1ヶ月になるとだんだん外の世界への復帰が
億劫になる。そしてそのことで悩むのが嫌だからもっとネトゲに夢中になる。

いい奴、と書いたがこれは「表面的には」って意味も込めてる。
中には根から性格いい奴もいるけどな。

去年買い物以外半ヒキだった俺と一緒の時間帯に昼間も、そして夜が明けるまで
遊べてから奴もいたからきっと彼らにも外の世界にうしろめたい何かがあるんだろう。

でも仲間の輪を壊したくないからし、反撃されて自分も実情を明かされたくないから
相手の外の世界について攻撃するような話は誰もしない。だから仲がいい。
だれも自分が置かれてる状況を攻めない、だからネトゲは心地よかった。


ネットゲームはメンヘラーをゼロから生むかといえば俺はNoだと考える。
それに精神的に参ってる人の気持ちを救ってくれるプラス面もある。
でも、ネットゲームは潜在的なメンヘラー予備軍を助長する面が強いことを
自分の身を持って痛いほどに知った。一時的な逃げ場にしては心地が良すぎる。


会社や学校で嫌なことがあってストレスを発散したいのなら、ネトゲ以外にも
色々あるだろうから、そっちを選んでみるのをすすめるよってのが結論だね。


学校にいけるようになったけど、まだ研究室にはいけないから前途多難。
でもがんばってなんとか穴の開いた2年分を埋めていきたいね。
今の自分は現実に向き合って前向きに向いてるだけ頑張れてると思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。