上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ DAKO -(2005/05/26(Thu) 12:21:34)

先日2chのリンクでこのサイトを発見し、読ませていただいた者です。

読み終わったあと、自分もこんな時期があったな~と思いました。
そして、今後自分のような人を出さない為にも、自分の体験談を話し、
ネトゲの恐ろしさを知っていただきたいと思って投稿します。

(分類はわからないので未分類にしておきます)


ネトゲにハマり出したのは高校3年の11月頃・・・。
友人が「隣のクラスの殆どの人がやっている」と聞いたのがきっかけでした。

当時、PSなどいわゆるオフラインゲームに飽き気味だった自分には、
オンラインゲームはとても新鮮でした。

当時は「凄い!同時に何千人と言う人とゲームが出来る!」と恥ずかしながら思っていました。

結局そのままズルズルと大学2年の1月(約2年と2ヶ月ぐらいかな?)まで続けていました。
平日は最高10時間、休日は16時間やったこともあり、時にはずっとログインしていたこともありました。

そんな廃人とも言える状況から、どうやって脱出できたのか?

弟も同じゲームをやっていたのですが、その弟がある時「エミュ鯖」という物を勧めてきました。

エミュ鯖とは、簡単に言うと「誰でも最強になれる」というものでした。

そして、そのエミュ鯖で遊んでいくにつれて、段々と「自分は何をしているんだ」という気持ちが生まれてきました。


そして、ある時完全に目が覚めました。

それは、長い長い夢から覚めたかのようでした。
別な言い方をすれば、記憶喪失の人がある日突然「ハッ」と記憶を取り戻したかのような気分でした。

当時の自分は、どうしてこんな面白いゲームをみんなやらないのだろう?
ネトゲをやってない人は可愛そうだ。
この素晴らしさを他の人にも是非伝えたい。

と、今考えると頭がおかしいんじゃないかという考えすら浮かび上がりました。
しかも、この考え方は「アレ」とよく似ています・・・。
そう、「アレ」です。最初に「し」が付き、最後に「う」が付く6文字の・・・。

当時の自分は、そんな人たちと何ら変わりなかったのですね。



自分の体験から結論付けると、
ネトゲを辞めさせるということは大変難しい問題だと思います。
他人が辞めさせようとするのではなく、自分から辞める方がある意味「難しくて簡単」な方法なのかもしれません。

ネトゲはハマればハマるほど、現実世界へ戻ることが難しくなります。
皆さんの周りにもしネトゲをやろうとしている人、またはやり始めた人がいる場合、
こういうリスクを伴うということを教えてあげてください。


最後に、ネトゲをやってる方々へ。
人は、いつか必ず死にます。それは人だけでなく生きる者全てに言えることです。
貴方がいつかこの世界から旅立つ時、今までの生き方を振り返り、
「後悔の無い人生だ」と思えるような生き方をしてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。