上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/03/08 23:35
車の中でその話を聞いたとき、私は目の前が真っ暗になるくらい、 ものすごく強い怒りを感じました。今でもこれを打っていて、手が震えます。
私に「考えてみる」と殊勝に言ってくれたあの言葉は、嘘だったのか。
私が帰った後、あんなに自分のことを心配してくれている母親に対して、 どうしてそんなことが言えるのか。
そして、そんなお母さんの説得を打ち切ってまで優先する約束、というのは確実にネトゲのことなのです。

「もうあの子はどうしようもないから、アナタはもう忘れて」
と、お母さんは涙声で言われました。
今日は寒い日なのに、家ではなく、外に出て、コンビニの軒先から 私に向けて泣きながら話してくださるお母さんのことを思うと、 ハンドルの握りながら、泣けて泣けて仕方がありませんでした。
彼女のことを本気で憎い、とさえ思ってしまいました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。