上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギョ ◆pBNUgPDhy6 :04/03/28 23:45
結局、私が彼女にどんな言葉をかけていいのか分からなかったせいや、 彼女自身が言葉すくなになったことも原因で、 物事の核心には触れられずに家路につきました。

本当はもっと何かを話したかったのですが、肝心の彼女を前にすると、 また以前のように声を荒げてしまったり、傷つけてしまったりするかと、 何も言えなくなってしまいました。

……というか、叔父さんとの一件のように突然暴れだしたりされないかと、 (さすがに昼間の往来でそれはないとは思いましたが) 彼女に怯えてしまっている自分がいました。

来るまでにずっと考えていた言葉も、全然口から出てきません。
だから本当に、何をしに行ったのか分からなかったです。
彼女を前にして、ようやく「受け入れるべきか」「突き放すべきか」を迷っていたような感じです。
ただ、帰る道の途中、彼女がふいに
「この前の自分は、ちょっと頭がおかしかった。ごめん」
と私に対して謝ってきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。