上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ SS -(2005/04/13(Wed) 14:35:58)

このサイトのおかげで辞めるきっかけにつながる事が出来ましたありがとうございました。

ネトゲ暦としてはUOから始まって5~6年位です。
つい最近までFFをしておりました。
私も皆さんと同じようにFFに嵌り、ひどい時には睡眠三時間残り全部FFが一ヶ月以上といった具合でもありました。
そんな折に、ふとこのサイトを見つけることが出来ました。
ここの体験談を読み進めていくうちに、図らずとも今までの自分の症状が体験談の症状に符合していることにびっくりして、自分はこのままFFを進めて行っていいのか?という疑問を持ったのが始まりでした。

仮想現実の中のために恋人の約束を疎かにしたり、友人との約束を疎かにしたり、どんどんとFFと現実との約束を両天秤に掛け、頭の中では現実の世界がFFより大切に決まっている!と考えて分った気で居ても、FFの約束を優先させていくようになり、どんどんと引きこもりがちになっていきました。
早い話、現実逃避です。
私は考えました。

「もし何も気づかず今まで通りに進めていった後、自分に残るものは何だ?」と。

結論は、FFに費やした戻ってこない膨大な時間とデータと傲慢になっていく自分、現実には合いもせずテキストだけの信頼関係の友情を信じる自分。
昔は友人と旅行や、くだらない遊び、これらを通して実体験に元ずく経験・・・。
これが何よりの自分にとっての冒険であり、生活であり、財産であることに改めて気づきました。
これらを目の当たりにした時、私のFFがエンディングを迎えました。
今までゲームに費やした時間は取り戻せませんが、これからは恋人と友人との共に過ごす時間に当てていくつもりです。

私はゲームと現実と共生が出来なかった人間です。
共生が出来る人は居ると思います。
私はそれが出来なかった人間です。
決してFFを否定するつもりはありません。
ヴァナ・ディールはとても楽しく、美しい世界です。
今でも後ろ髪を惹かれる思いであるのも確かです。
未だ惹かれている自分がいることに恐怖を覚え、それほどの中毒性があるということも改めて認識したのも事実です。
しかし、本当に大切なものを失う前に気づかせてくれたのもFFでもありました。
本当に今までありがとう、ヴァナ・ディール。

これが私のエンディング。

今では恋人/友人と楽しい時間を過ごせてます。
現実こそ私にとってのヴァナ・ディール。
今からが私にとっての冒険の始まりです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。