上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 茶 -(2005/03/31(Thu) 00:29:40)

体験談と言うか、現在進行形と言うか。。。

私は去年の夏から、あるMMOをやっていました。
誘ってくれたのは過去付き合っていた元彼。
別れてからもいい友達として遊んだりしていました。

その彼が、ある日から遊びに行くと自分はすぐパソコンの前に座ってしまう・・・
それがそのMMOとの初めての出会いでした。

「人間嫌い」と自他共に認める彼が、その中では楽しそうにコミュニケーションを取っている。
そこが私にとっての魅力となり、まもなく私も同じMMOを始めました。

同じギルドに入り、ゲームの中で出会えるからとリアルでは滅多に会わなくなった私たち。
メールも「今から●鯖入るね」
(そのMMOは1ワールドに3サーバー、3サーバー内ならどれに入っても同キャラが使用可能でした)
といった「ログイン宣言」ばかり。

しかし、ゲームとは言え中身は同じだという事を、何回かのゲーム内での衝突で思い知りました。
彼と別れた原因と同じ事が、ゲーム内でも繰り返されました。
その度に「リア友」という事しか知らないギルメンや他の友人たちに迷惑をかけてしまいました。

そして、ある日。
リアルで仕事の方が忙しくなり、落ち着くまで「プチ引退」をしようか、このまま続けるか、決めかねていた時。

その数日前にリアルで喧嘩をしていた彼は、私との師弟関係を勝手に、連絡も無く切っていました。
その時、少し吹っ切れたので
「これで引退する決意が出来たよ」と言うと・・・。


彼は、PTでの狩り中にも関わらず、自分の全ての装備をその場に捨てて
「さようなら」
と言って、ログアウトしました。

その「感情に支配されて行動する」所が嫌だったから、貴方と別れたのに・・・。
それを伝えたはずなのに・・・。

彼は、ゲーム内でも、やっぱり彼でした。


その瞬間。
そのMMOに対する興味が一気に無くなり、同時に
「私がいると、同じ事を繰り返してしまって皆に迷惑がかかる」
と思いました。

それが、私がそのMMOを引退する決定的な理由でした。


ログアウトしてすぐさま課金を止め、
彼に預けていたアイテムを私が一番お世話になった方に渡してくれと伝え、
しばらくはキャラもそのまま放置していたのですが、
この事を友人に話して「じゃぁ、そろそろやめれば?」と言われ、
キャラもそれから数日後に削除しました。


先日、彼の家に久しぶりに遊びに行ったとき。
彼の部屋は、ゴミ溜めになっていました。

コンビニ袋に突っ込まれた弁当等の残りかす、床に並べられたビール缶、
飲まずに放置された牛乳瓶のおびただしい数。

足の踏み場も無い、ただひとつだけある空間は自分が座る座椅子の上のみ。


元々片付けるという行動をしなかった彼ですが、その状況は今までに見たこと無い凄まじさでした。


そして、私を別の部屋で放置すると、自分はまたネトゲに没頭。

「あぁ、これが廃人なんだな」

と思ったときは、彼との付き合いも本気で止めようかと思いました。


仕事はしているけど、それ以外はネトゲ。
でも、私は彼を止めようとは思いません。
それが彼の望んでいる世界なのならば、それでいいと思います。

私はそんな彼を見るたびに、悲しくなってしまいます。

私が彼と一緒に過ごしたネトゲをやめた理由が、
これである事は彼には一生分からないでしょう。

自分以上の存在を、彼自身の目で見るまでは。

その日が来るのを、私はゆっくり待とうと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。