上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 黒猫 -(2005/03/12(Sat) 04:09:15)

某MMOを課金が始まった時から今日までやっていました。
今は休止中です。
ゲームが好きで友人を誘ってやり始めたのがきっかけです。
社会人だった為、プレイ時間は一日長くても3時間程度でした。
それでも元々没頭してまでやるタイプではなかったため
暫くすると飽きが来てしまいました。
そんな時にゲーム内で『彼』出会いました。
ゲーム内ですが惹かれあい、遠距離ですのでコミュニケーションが取れるのは
ゲーム内だけ。(メールと電話はあってもお金がかかりすぎるので)
プレイ時間が延びてきたのはこの頃からだったと思います。
明け方4時まで繋いでいました。
チャットが楽しくて、と言った楽しみ方だったので
暴言はいたり、廃のように狩りをしたり、リアルの容姿を捨てるような行為は
まったくなかったのですが(アパレル関連の仕事なのでそういった方面に鈍くなる環境ではなかったのが良かったのかもしれません)睡眠時間は減っていきました。
仕事中に立ったまま寝そうになったり、約束事を忘れがちになったり・・・
明らかに仕事には影響していました。

ただ、私の場合はゲーム内で出会った『彼』がゲームをしてしまう原因だった
のと同時に、自分を向上させなくては!と思うきっかけを与えてくれた人でも
あったことが良かったのかもしれません。
『彼』は自分の通いたい大学に入るために睡眠時間以外は全部勉強に当てた。
本当にやりたい事なら遣り通せる。
出来ない人はやはりどこか自分に甘えているんだ。
とチャットで言っていました。(現在五つ指に入る某有名大学に通っています)
現実で自分の意思をきちんと貫いている姿は羨ましくもありました。
そして、国家資格を取るほうを優先して『彼』はゲームを休止しました。
そういった話を色々としていた私も「今の仕事に遣り甲斐が無く、ただコマの
ように働いていることがゲームへの逃げになっていたのではないか?」
と思いました。
『彼』が辞めると決めた期日の半年前に仕事を辞め、自分にもっと責任のある
自分にとってこれが一番働いていて楽しい仕事!と言うところを探し始めました。
その頃から接続時間は減っていきました。
好きな人は頑張って今の自分を築いて、その結果自由になった時間を娯楽として
使っている。私は現実の惰性でゲームをしている。
薄い人間だと思われたくありませんでした。
結果、今は世界でも名の知れ渡っているブランドの
スタッフになることができました。
仕事の責任の重さ、接客の楽しさ、覚えることの楽しさ。
とても素晴らしいです。
廃 と言われる様な程までのプレイではなかったけれど、普通の人よりは
おかしかった生活も、仕事が大切で元に戻りました。

彼とは出会ってからリアルでもお付き合いがあって、今でも続いています。
(まともな思考、外見、常識を持っている人だったから良かったんだと思う^^;)
もう二年付き合ってますが、お互いを高めることの出来る相手です。
やはりゲーム内で出会う人も「現実」をきちんと受け止めれる人じゃないと
一緒に流されてしまうと思います。
私が出会った人は運が良かったのかもしれません。
「現実」を捨ててしまっている人が相手だったら、今の自分はもっとひどいものに
なっていたかもしれない。

今現在休止中ですが、戻りたくない・時間がもったいないな、と思っています。
彼が居なくなった世界に未練がないせいなのかもしれませんが、のんびりと過ごす
時間が楽しい所為でもあります。
結婚もあるし、仕事もより責任のあるものが増えてきましたし、辞めることを
彼に伝えようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。