上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 駄目人間A様の体験談 -(2005/03/05(Sat) 14:41:52)

俺もMMORPGをやっていた時期がある。高校に入った時に親がパソコンを購入したのと、友達が勧めてきたのがきっかけでやり始めた。

毎日のように狩りに出かけ、知り合いと話したり、凄く楽しい日々だった。
確かに楽しかったが、逆に失った物も多かった。
周りのことに興味が無くなった。邦楽なんかも全然知らなくなり、現実からはどんどん離れていった。
ひきこもったり、学校サボったりまではしなかったが、それこそ一日中寝ても覚めてもネトゲの事を考えていた。
そのうち、ゲーム内で彼女が出来た。メールも頻繁にするようになったし、リアルでも会った。ますますハマっていった。
自分ではもう止められなかった。

そんな俺を止めてくれたのは他ならぬ親父だった。本気で怒って、俺にパソコンの制限をかけたりした。
当時、馬鹿だった俺はそのことに対してむしろ怒りすら感じていた。

それからしばらくして、ネトゲの彼女とも遠距離恋愛が面倒になり別れ、次第にパソコンに対しても執着が無くなった。

とりあえず俺が言いたいのは、ネトゲはほどほどにしておけ、という事だ。楽しいのもまた事実だからやめられなくなる。特に俺の場合は大事な高校生活の一部を失ってしまった。俺みたいに後悔したくないなら、やめておけ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。