上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 時間課金 -(2005/02/26(Sat) 23:06:18)

熱中してる頃は一日に3~4時間くらいやっていましたね
ここに登場する廃人並ではないけど自分としてはかなりはまってたと思います

ネトゲにはまって大変だった思い出は皆さん色々書いているので
逆にネトゲのお陰で気がついたというか、いい方向に変わった事がありました

ネトゲでは自分の印象を悪くしないように「良い性格の自分」をつくってる人が多いですが
自分もリアルでは短気でけんかっ早い性格のくせに「良い性格の自分」になろうとしました
最近はボイスチャットで楽しめるゲームもあるそうですがネトゲのコミュニケーションは大半がチャット。

タイピングの早い人ならこんな効果でなかったかもしれませんが
タイプの遅い自分は考えた言葉をかなにして変換して送信するという一連の動作に他人より時間がかかりました。
その結果自分が口に出していたであろう言葉を文章としてじっくり読む事ができ、
「ここはこう言った方がトゲがないかな」とか
「これだけじゃわからないから間にこの言葉を挟んだ方がいいかな」とか
自分が発する言葉というものに対して色々と考えるようになりました
おかしな表現ですが「目指せ八方美人!」みたいな感じです

ネトゲでは他人のキャラと些細ないさかいが起きたり
仲間内の雰囲気が悪くなったりすることなんかよくあるんですが
チャット欄の会話がリアルで行われていたらかちんときて喧嘩になってしまいそうな場面でも
自分の文字を読み返したりチャットログを巻き戻したりすることで一呼吸置く事ができ
苛立ちそうな場面でも落ち着いて話ができます

こう書くとリアルとネトゲの区別が付いていない奴と思われるかもしれませんが
それまで脳と口が直結状態だった自分にとってはすごい変化でした
ゲームを続けているうちにいつしかタイプも人並みの速度になりましたが、
一呼吸置くとか口に出す前にちょっと考えるというのが習慣づいたのはいい変化でした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。