上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ ちも -(2005/02/10(Thu) 20:22:08)

はじめまして。もうFF11にログインせずに、3週間近く経ちました。
今月末でFF11をやめようと決意したので、ここに書き込ませていただきます。

私は現在大学3年生です。1年の時には大学のサークルに入っていたのですが、
自宅から大学までが遠く、サークルの練習で夜遅くなると家に帰るのが23時…。
大学の予習やレポートに追われている日はとても疲れて、それにバイトを
併用することができなくなり4ヶ月でやめてしまいました。
学部の友達は皆同じサークルに入ってて、いつも1人だけ話題についていけず
寂しく思っていました。大学生活を満喫しきれていませんでした。
そう思っていつつも、大学1年は真面目に大学へ行き、単位を1つも
落とすことなく2年へ進級。大学2年目も順調に行ったように思われました。

そんな時にFF11に出会ってしまいました。
私の部屋に父が『大学のレポートや卒論・就活に役立つよ』とPCを入れて
くれたことがきっかけでした。MMOは未経験でしたが、あんまり大学で
友達ができずに寂しかった私には、FF11の世界にすんなりと入っていくこと
ができました。

最初は1日置き位のペースで1日2時間ほどでした。でもFF11で友達ができ、
レベルが上がっていくについれて、1日おきが毎日になり、1日2時間が
1日6時間になり、段々FF11が私の生活の大半を占めるようになっていきました。

目に隈ができ、お化粧も雑になり、服装も前のように気を使うことが
なくなりました。家帰っても動かないので、当然太りました。
大学行っても、講義中はほとんど居眠りするようになりました。
次第に大学の講義の内容も分からなくなってきました。
大学2年はそれでも、単位3つ落としただけでしたが、大学3年は…。
今は親とも相談の上留年覚悟だから、就職活動する気にもなれずにいます。

親とも幾度と無く、口論になりました。
「アンタおかしいわよ。気が触れちゃったの?精神科行くべきじゃない?」
「うるさい!私はおかしくないって!もっとすごいのいるもん。」
「やってばっかりいると、回線引っこ抜いちゃうからね!」
「やめろー!今引っこ抜いたら、LSの人に迷惑かけちゃうじゃない!」
「まだそんなこと言ってるの?あなたが一番大事なのは現実?それともFF?」
「うるさいうるさいうるさい!部屋からでてけー!」
本当にこんなことを言い合ってました…今考えると本当に気が触れてますね。
母も泣いていて、父も私の頬を思いっきりビンタしていました。

そんなハマりにハマった私が少しずつMMOから抜け出せたのは、大学の友達の
お陰だと思います。成績不振で大学に行きづらくなり、3年の後半はほとんど
大学に行っていませんでした。そんな私によく励ましのメールを送ってくれ
ました。『最近大学来てないけど大丈夫?ノートとプリント取ってあるから、
早く戻ってきてね♪』『今日はゼミのレポの提出だよ~。レポ提出しないと
進級できなくなっちゃうよ><』『クリスマスに皆でお食事に行こう!○○
(私の名前)、空いてる日あるかな?』大学に行かなかったから、完璧に友達に
忘れられてるって思っていたのに、皆ちょくちょくメールを送ってくれる…
FF11の友達はそこまでやってくれるのだろうか?結局なんだかんだで私の事を
最後まで気遣ってくれるのは両親であり、現実での友達であるってことに
やっと最近気付きました。

年末から今年にかけて、自分なりに色々考えました。
その結果、FF11から手を引くことにしました。毎日のようにやっていた私
だからきっとまたすぐにやりだしちゃうだろうなーって思ったので、
徐々にやる頻度を落として2月末で完全にやめよう…と思ってたのですが、
この3週間、全くやらずにいられています。
丁度飽きている周期だったのかもしれません。

FF11やっていた頃は、他に何もする気が起きなかった私でしたが、
今は1年半前のようなやる気を取り戻しつつあります。
大学は留年・就活という現実は厳しいですが、それでもジム通ったり、
運転免許を取りに行こうと思ってたり、服を買いに行ったり、
料理を覚えようと思ったり、いっぱいやること・やりたいことがあります。

だからこれからMMOをやろうかなーって思っている人に言いたい。
MMOを楽しみの一部としてやるのならいいと思います。
でもMMOが生活の大部分を占めるようになってしまったらお終いです。
もう一度過去に戻ってやり直したいと思っても、時間だけは帰ってきません。
どうか自分の時間を大切にしてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。