上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1

□投稿者/ G -(2004/10/23(Sat) 08:25:32)

数ヶ月前までFFやっておりました。

きっかけは大学1年の頃、友達数人に誘われたことでした。
元々ゲーム好きなのが高じてはまるのに時間はかかりませんでした。
次の年の夏休み明け頃に、LSに所属してない友達が徐々に抜けていき、
自分ともう1人だけ残りました。
その後の2人の顛末はびっくりするほど体験談の方々と似ていて
正直、驚いている感じです。
自分はその後、HNMLSと言う強力な敵を倒すための集団に加入しました。
出席率もよかったので、いい装備を結構手にすることができ、
そのLS内でも中々の位置にいましたが、当時最強と言われていた敵を
何度か倒した後くらいに、やっと踏ん切りがついてやめました。

やめる時に、ゲームの機能で登録していたネットフレンドや
LSの人といった、関わった人全員に別れのメッセージを送った時は、
自分の場合は普通の返答を殆どの方が下さいましたが、中には
「いなくなるならお金ちょーだい」とかそういった方もいらっしゃいました。
その中でも一番苦しかったのが、一番信用していて去り際に物品を送りもした
LSの人が何も返答をくれなかった事でしょうか。
アイテムあげたから返事をくれってわけではないけど
やっぱり何か言って欲しかったってのが本音です。
ちなみに今、FFで知り合った人で連絡取れる人は1人だけです。

今は進級して実験に追われる毎日ですが、充実してます。(当方は化学系の学科)
あの時残ったもう1人の友達は、今でもFFの世界に残っています。
入学当初は運動部上がりで背は低いけど筋肉があり力持ちだったんですが
バイトもせず飯も食わずにFFに浸かった結果、体重も50kgを切り体は骨と皮。
当初は実験前に扱う薬品について不必要と思われることまで調べてたのが、
レポート提出日の前夜になって「おわらねー」と電話をかけてきたり(しかも深夜)
何が分からないのか尋ねれば単純な計算でつまづいてたり…。
彼を見ると、自分もその可能性があったんだと少し怖くなります。

ネトゲが全て悪だともいいませんし、無駄だったとも言いません。
辞めれば切れる縁であってもやっていた頃は確かにあったものですし、
その当時は『楽しい』って感情を確かに抱いていたわけですから。
辞める際に売れるアイテムを全て売り払ったら結構な額になりましたが、
それもそれで『よくやったよな、俺w』と思えましたから。
辞める際に、所属していた別目的のLSのリーダーに
「貴方のような動ける人を失うのは残念です」って言葉を戴いた時には
たとえ上辺だったとしても、本当に嬉しかったものです。
上記のそれらは、多分間違いなくコンシューマのゲームをクリアした時の
達成感・幸福感等抱く感情と全く同じ感情だと自分は思います。
でも、ネトゲ生活2年間、この前後で変わったことといえば、
少し口が悪くなったことと、書き込みをする時等に(笑がwになったこと、
キーボードのタイプや操作が異常に速くなったことくらいでしょうか。
最後のはレポート作成をワードでしてるので地味に役立ってるっぽいですがw
今からネトゲを始めようとしている方々は、
少なからずゲームが好きか興味を持っている方々でしょうから、
自分は「意地でも止める!」とかそういうことは出来ません。
ゲーマーはやったことがないゲームは手を出してみたくなるものですから。

でも今思うに、ネトゲでアカ買って冒険をすることは、
水商売の店で接待やら何やらしてもらうのと同じなのではないかな? と。
当方は風俗店に足を運んだことはございませんが。
お金さえ払えば、いくらでも楽しい雰囲気、普段出来ない人付き合い、
気持ちいい事etc...を堪能できるけど、結局現実世界じゃ何も変わりはしない。
たまに、お店の人と付き合っちゃうとかそういうこともあるかも知れないけど
それは凄く特殊な例で、大半の人はその場限りのお付き合い。
たまに入って気晴らしをする程度なら大いに結構ですが、
のめりこみすぎて労力の大半をそこにつぎ込むと人生は『地獄行く』結果。
そんな感じかと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。