上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットゲーム世界に住む妖精さんのとても参考になるお話しです。
スポンサーサイト

228 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/09 12:42
こんな、ためになって心が豊かになる趣味はないです。
いいえもはや私の人生そのものと言ってもいいくらい。

それからどんなゲームだってまじめにプレイすれば絶対面白くなるはずだし 飽きるなんてこともありえないんです。それがネットゲームの最大の特徴ですから。

ネガティブなことばかりカキコしてイメージの低下を招く行為ははっきりいって迷惑です><。 もっと世間のこと見てください。広い視野で。
ゲームに生きることのすばらしさ。わかるばず、あなたにも。

241 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/10 16:50
思い出はいっぱいありますね。目を閉じれば浮かんでくる。今でも。
ネットゲームはその世界に入って生活するから、あまりにも自然で リアルの生活にとけ込んじゃってるのかもしれませんね^^。でもそれは良いことですから。

わざわざ思いだそうとしなくとも、いきずいているんです。心の中に。
そしていまでもゲームとともに暮らしてるんですよ。お互いに影響を与え合いながら。

だからわかって欲しいのは、思い出せないのではなくて今でも思い出のなかに生きてる。
だから思い出せないような気がする。だから思い出か希薄な感じがする。

もっと自分に素直になればすぐに蘇りますよ。宝石箱のカギはあなたがもっているんですから。

261 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/11 06:05
それでは私の大切な思い出の中のエピソードですけど、今から一年ちょっと前に始めたUOのお話です。

私はUOの中では一番新しいSakuraというシャードで始めました。お金も全然持ってなくて町から町へ 走ってる私を物凄い速さで追い越してゆく馬やラマに乗った人たちを見て羨ましく思ってました。
そんなある日、首都ブリテン入り口でラマを売っている人がいました。売値は200GP。私の所持金は230GP。 散々悩んだあげく、思い切ってラマを買いました。私にとっては始めてのペット。早速名前をつけました。 ラマに乗って走ってみると、今までとはまったく次元の違う景色の流れにびっくり!なんだか
私は初めて自転車を買ってもらったときのことを思い出しました。この子と一緒ならどこにでも行ける。 そんな気がしました。

しばらくラマに乗って走り回っていましたが、いつまでも私が乗ってると疲れるかなと思って 帰りはラマからおりて一緒に歩いて帰ることにしました。事件はそのときにおこったんです・・・

262 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/11 06:09
突然近くにモンスが沸きました。コープサーという植物のモンスで強いけれど移動はできないモンスなので 普段は近づかないようにすれば、全然害のないモンスターなんです。当然私は回り道してやりすごそうとしたんですが 一緒に歩いていたラマが突然、そのコープサーに向かって走って行ってしまったんです。
そしてコープサーに攻撃を始めました。私はびっくりしてラマを追いかけて必死に引き離そうとしましたが ラマは言うことをぜんぜん聞いてくれません。

まだUOのことを全然知らなかった私はペットに対する命令なんか知らなくて普通の言葉で必死に呼びかけていました。 以前テイマーさんが動物を調教するときにいろいろしゃべっていたのを見たことがあったので、私は動物にも 言葉が通じると思い込んでいました。

「こっちに来て」「戦っちゃだめ」「逃げて」

私の呼びかけを無視してラマは凄い鳴き声を上げながらコープサーと戦っています。私は弱くて怖くてモンスターには 近づけません。なんだかすごく長い時間がすぎた気がしましたが実際はほんの10秒ほだだったと思います。 ラマはコープサーに負けて倒れました。最後に苦しそうな搾り出すような悲鳴を上げて。

ついさっきまで私と一緒に元気に走り回っていたラマは死体となってコープサーの根元に横たわっています。 私はただ呆然とその光景をみつめていました・・・何もできなかった・・・私が注意していれば死なせずにすんだのに。 私がもっと強かったらラマを助けてあげられたのに。頭の中も心も真っ白になってしまいました。

まだ早すぎたんだ。私には。もっと強くなってペットの命を自分で守れるようにならなくちゃいけないんだ。
私はその日からペットのために強くなろうと誓い、修行をする決心をしたのです。

263 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/11 06:14
他にもダンジョンで私のペットを守って待っていてくれた友達のこととか 私のために盾になって死んでしまった戦士さんの話とか もう数え切れない思い出がありますね。大切な思い出が。

それから私は心の中だけじゃなくて、SSを撮って保存してますから 今でも昔のことを鮮明に思い出せます。こういうことも大切だと思いますよ。
私だけの秘密のアルバム

297 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/12 14:52
ネットゲームは夢。そう、夢の世界なんですよね。
すると私たちプレイヤーは夢の住人ということでしょうか^^。

夢を見ることは悪いことではありませんし、夢というのは人の心を豊かにしますよね。
夢と希望が人を支える力。人を動かす原動力。
しつかり目的をもって取り組めばこんなすばらしい趣味は他にはないんですよね。

夢って私が大好きな言葉なんです。
いいですね夢。夢を見る、夢を持つことはとても素敵なこと。
是非ともこれから始めようとする方にはこの夢というキーワードを教えてあげてください^^。

306 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/12 18:08
私、現実逃避なんかしてない><。勘違いされてる。すごく。
私はゲームが夢に例えられていることが素敵な表現だと言っただけで ゲームが現実逃避の手段だなんて夢にも思ってないです。夢にも。

私は常に現実と向き合って真剣にゲームしてますし常に世間のこと気にしてる。
私の大好きなヘイブンの町を守るために日夜努力してるし新人さんのサポートだってしてる。

いい加減な気持ちでゲームはしていませんから。私はいつだって120%。
わかってほしい。ゲームを愛するこの気持ち。あなたにも。

407 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/14 11:43
ネットゲームを続けていると人生を台無しとか、それってすごく名誉を傷つけられてる ><。
ネットゲームは不特定多数の人と気軽にふれあうことができる点では コミニケーションツールとしてすごく優れているし精神的にプラスになることだって周知の事実です。

なのにまるでゲームをしてる人を病人みたいに言うのはすごく失礼ですよ><。
中にはゲームが肌に合わない人だっているかもしれないけれどごく一部。多くの人はゲームの深みのある世界に感動するしとても楽しんでいます。

これからゲームに興味がある人に変な噂を吹き込んでマイナスのイメージを持たせるなんて妨害だし こんな程度の低いことはすぐにやめて欲しいです。
ゲームの楽しみを奪う権利なんて誰にもないんです!

あと私はメインにUOのSakuraでゲームをしていますけど、どのゲームも人はそれほど違わないですね。 男女や年齢なんて関係なくみなさん熱い情熱を持っていますね。
考えもすごく前向きだしゲームを通して人のつながりが増えてゆくのはとても価値があることだと思います。 内向的な人もゲームに触れてすごく社交的になりますし、もっとゲームの良い部分を書かないと間違ったイメージが定着する危険性がありますね。

410 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/14 12:38
廃人なんて言い方がすごく差別的だしゲームを長くプレイしてだけでそんな言い方おかしいです><。 私ならプロフェッショナルとかベテランという表現を使いますよ。 実際スキルの高い人は尊敬に値しますから。

それからゲームの掛け持ちは結構いっぱいいますし雰囲気的にも UOとROはそれほど違わないですよ?変な先入観でゲームを差別するのやめてください。
恥ずかしいですよ。すごく。

448 :ネトゲ廃人@名無し :04/04/14 20:28
大切な世界を脅かすような不穏な芽は早いうちに対処しないと、取り返しがつかなくなるからです。

以前UOの各スレで珍獣ランキングとかが大量にコピペされて、一部のベテランさんが晒されたことがありました。 その時は私が注意し説得したのですぐに収束しましたが、2chはちょっと目を離すとすぐ悪のりして 暴走する危険性がありますよね。だから私がこうして手遅れにならないうちに行動してるんです。
すべてはゲームの世界を守るため。正義の名の下の行動なんです。

はっきり言って私は忙しいですよ。今もボス戦の合間を縫ってのカキコですから でもそれ以上に大切なもの。守らなきゃいけないものがあるから私は戦わなきゃいけないんです。

1つ目 :04/04/14 19:08
>コミニケーションツールとしてすごく優れているし精神的にプラスになることだって周知の事実です
マイナスになることも多いけどな。まぁここはそれほど間違っちゃいない コミニケーションツールを使ってしか人とコミニケーションできなくなる可能性もある。

>ゲームをしてる人を病人みたいに言うのはすごく失礼
ゲームをしている人を病人扱いしてない。
やることやらないで、家から出ないでずっとゲームしてる奴を病人扱いしてるんだ。
いや、病人に失礼だな

>多くの人はゲームの深みのある世界に感動するしとても楽しんでいます
ネトゲに深みなんてない。ただ単調なクリック作業とくだらない話で形成されてる
あんた一人が勝手に感動して楽しんでるだけかもしれないだろ。多くの人がそうとは限らない。 楽しくなくても惰性で続けてる人が多いのは明らか。

>ゲームに興味がある人に変な噂を吹き込んでマイナスのイメージを持たせる
残念ながら変な噂じゃなくて事実なんだよね。 実際ここの住民は過去にネトゲしてた人が大半だろうし。

>ゲームの楽しみを奪う権利なんて誰にもないんです
権利なんて無いなんて当たり前。誰が止める権利なんて主張してましたか?
強制力も何も無いのに権利なんて言葉持ち出すとは・・・。頭大丈夫ですか?
ここはあくまで参考にしかならない。最終的に止めるかどうか決めるのは始めようとしてる人

2つ目 :04/04/14 19:20
>あと私はメインにUOのSakuraでゲームをしていますけど
誰もそんなこと聞いてない。

>どのゲームも人はそれほど違わないですね
どのゲームもっていうほど俺は色々やってないからわからん。

>男女や年齢なんて関係なくみなさん熱い情熱を持っていますね
中身が女って分かったとたん、掌を返したように粘着する奴
年下だと分かったとたん偉そうにする奴。
年齢はまだしも性別はかなり関係するな。
ネカマやって下半身直結野郎に貢がせるような奴も多いし。

>考えもすごく前向き
現実逃避って言うんだよ
「お前今日テストじゃないの?」
「今日新しいパッチくるからそっちの方が大事」
とか
「お前会社行かなくていいの?」
「めんどくせぇから会社やめちゃった」
「そんなんで大丈夫か?」
「少し貯金あるからしばらくゲームだけやって暮らせるし。構わない」
ってな会話を前向きととらえれるか?どうみても現実逃避だろ。

三つ目 :04/04/14 19:25
>ゲームを通して人のつながりが増えてゆくのはとても価値があること
価値はあるだろうな。
ゲームを通してでしか人と繋がれなくなったり そのことによってゲームに関係ない人との関係がなくならなければの話だが。
残念ながらこういう人が増えてきてるのは確かだ。

>内向的な人もゲームに触れてすごく社交的になりますし
こういう人もいることにはいるだろうな。 でも逆になることの方が多い。 

>もっとゲームの良い部分を書かないと間違ったイメージが定着する危険性があります
良い部分もあるのも確かだが、間違ったことは書かれていないぞ。 ここは悪い部分を指摘して、それに基づいて止めるところだからな。
良い所広めたければ別スレ立ててやれば?

>廃人なんて言い方がすごく差別的だしゲームを長くプレイしてだけでそんな言い方おかしいです
廃人が差別用語?
自分で差別される状況をつくっておいて何をほざくか。
名誉も糞もないだろ。事実なんだから。
名誉とか権利って言う奴ほど自分の義務や、やって当然のことして無いんだよな。

わかりやすく言うと 廃人やひきこもりが何言っても無駄。
説得力皆無。結局自己正当化にしかなってない。

>実際スキルの高い人は尊敬に値しますから
ゲーム内に限れば尊敬してもいいかもな。 でも長時間やれば誰でもある程度上達するもんだからな。 かなり程度の低い尊敬だろうな。 尊敬しつつリアルボロボロのそいつを軽蔑ってところか。

>UOとROはそれほど違わないですよ
本当にやったことあるのか?と

>>ただ大切な世界を脅かすような不穏な芽は早いうちに対処しないと、取り返しがつかなくなるからです
そうだろうな。お前にはこの世界しかないもんな。 でもなここでお前が擁護したって逆効果だぞ。 ネトゲの世界のキモイ奴としか見られないで 逆に止める人続出だ。

>>正義の名の下の行動なんです
何の正義?その正義の大義名分は?
「ゲームの世界を守るため」かな?馬鹿じゃないの。

>>それ以上に大切なもの。守らなきゃいけないもの
それは何?

んでもって正義とか戦わなきゃいけないとか、あんた何様?
これだけマジレスして言うのもなんだが基本的に廃人には話が通じないと思ってる。
マギョと名乗る女性とネットゲームにハマッた友達のお話しです。
自分をヘタレと名乗る兄とネットゲームにハマッた弟のお話しです。
ヘタレ兄貴:04/10/10
弟がネトゲにはまってるようだ。・・・俺はどうすればいいのかな。

家に帰ってきてすぐ、PCつけてやり始め、 飯に呼ばれてもすぐに行かず、家族が食い終わる頃食い始め、 風呂も同様、家族が寝静まっても2時3時まで続け、 翌日学校遅刻するような受験生だと危険。

つーか俺、受験の時ネトゲ面白いから志望校落とすとか友達に言ってたよ・・・
今思うと恥ずかしいことだね。ネトゲは一般的なものだと思ってた。


あーっとな、いま弟は中2。俺はいま会社員。

俺がPS2買ったのが羨ましかったんだろーな。
一年前に小遣いためて自分専用のを買ってた。
んで、いまどっぷりFF廃人。
学校にも遅刻、早退、欠席の嵐。
そんでもって親父は激怒。おふくろはもうオロオロ。
俺は今まで弟の理解者、って立場(仲良かったしな・・・)でいたんだけど、 なんつーか本気でヤヴァイと思い始めた。

今から後悔してもアレなんだけどさ、俺が悪かったのかもしれんのよ。
俺がPS2を買ったことが引き金になった、ってのがさ・・・。
それまではウチ、ゲーム禁止の家だったんだわ。
でも俺が就職したのを機に、両親も「もう子供じゃないんだし」みたいな感じでなし崩しに解禁。
社会人になって一発目に買ったのがPS2だったから、今になって思えば大馬鹿。
つーか子供だよな。
んで、仕事帰ってから大喜びでゲーム。毎日ゲーム。
その様子を隣で見てた弟が、どんな気持ちだったかなんてその当時は思いつきもしなかった。
羨ましいよな。そりゃ当たり前だ。兄弟だもんな・・・。気持ちは同じだよなあ・・・。

で、結局、弟も「にーちゃんだけズルい!」ってんで無理矢理PS2を購入。
現在に至る、ってワケだ。はあ・・・・・。

俺もいきなり両親と同じに「やめろ!」って言い出すのはどうか、と思ってさ、
「いまどんな感じなんだ」みたいな感じで、弟の部屋に行ってみたりしてるんだわ。
弟がいま現在まともに喋る人間って俺一人になってるからな。
親父は無視、お袋も無視だし。でもさー・・・・やっぱ身内が異常だとビビるよ。
すげー怖いもん、マジで。
ぼさぼさの頭で画面見ながらにや~、とか笑ってる姿は気味悪ィよ。わが弟ながら。
んで、やんわり「オマエ、髪切ってこいよ。金やっからさ」とか言ってるけど、 「うん」とか「わかった」とか生返事ばっかで聞いてないんだわな。

ブチ切れて取り上げる、ってのもあるけど、なんつーか・・・・引き込んだのは間接的であれ俺なわけだし、 その後悔もあってか、まだ今んとこ「理解者」のスタンス保ってる、って感じかなあ。
FFが原因なのか、学校での何かが原因なのかはよくわからん。
とりあえず、それとなく聞いてみようと思ってる。
いっつも起きてるし、まあ今からでもいいだろ。
ヘタレ兄貴:04/10/11

兄貴の立場からすると俺はお前をなんとかして高校に入れてやりたい。
なんとかお前の将来を広くしてやりたい、と本気で思う。
高校にいってなくても独学で勉強してスゲー人になってる人はいっぱいいる。
だけど、お前はそんな意思が強い人間じゃなさそうだ。
そもそもの原因がネトゲだしな。
だからこそ、高校には行って欲しい。高校時代っていう思い出をお前にやりたい。
高校時代の思い出は、社会人になってからのそれよりずっと濃い、って前にこのスレで誰かが書いてた。
俺もそう思う。。楽しもうと思えばいくらでも楽しめんだ、あの頃は。
車も乗れねーけど、必死こいてチャリこいでっけど、なんか楽しかったんだよ。

社会に出るのは結構楽だ。
職さえ選ばなきゃ、食ってくことはなんとかできるかもしれない。 でも万が一、社会に出てからやっとやりたい職が見つかったとき、お前はいまを後悔する。絶対する。 高校にいってなきゃ出来ない一生の友達ができるかもしれないし。

弟の好きなジュース(ゴクリ)持って、プリングルス持ってさ。
(ウチはスナック類は置いてないのでコンビニで買ってきた)
まあ、弟は案の定ゲームやってたよ。FFだろーなあれは。
背中越しに画面見たらそんな感じのキャラだった。

俺と弟は前にも書いたと思うけど、結構仲がいい。
俺が仕事休みのときは、車で学校に送ってやったりもしてた。
だから部屋にいって意味もないのに隣にいる、ってのも結構スムーズにできた。
俺がいるからゲームやりにくい、って感じでもなかったしな。

で、別に喋るでもなく一緒にゲーム画面見てたわけよ。
「なにこれ、何してるわけ?これ、敵?」とかって聞いたり。
そしたら弟は「これは~~ってやつで、結構強い」とか答えてくる。
まあ、ここまでは和やかだわな。俺もゲーム好きだし、興味がないといったら嘘になるし。

んで一時間くらいそうやってるうちに、俺はそろそろかと思って切り出した。
「おまえ、学校どう?」って。
そしたら弟は「別に。普通」って答えた。
普通・・・・。普通ってどうゆう意味だっけ、って俺の頭は混乱。
つーかオマエ、行ってないじゃん学校。

俺はとりあえず「そうか」とか言ってみたけど、内心は「やっべ。嘘つかれたよ!」みたいな感じ。
弟は昔から嘘つくのが下手で、・・・っつか、嘘ってなんですか、ぐらい素直なやつだったから さらっと言われたことがショックだった。(いや、よく考えれば俺が今まで見抜けなかっただけか?)

俺なりに「こう言われたらこうしよう」とか思ってたのね。
でも実際問題、そんな気の利いた言葉が口からポンポンなんて出てこない。
俺、口下手だし。
もちろん「嘘つくなー!」とかゆってイキナリ胸倉掴んでPS2踏み潰す、ってのも出来るわけない。
仕方ねーから、とりあえず散らかした空き缶もって、プリングルスの空き箱もって
「あんま、親父とお袋、心配させんなよ」って言って、部屋出た。

ヘタレな兄貴だなあ俺。
でもなあ、正直なとこ、俺はアイツと喧嘩したくねーのよ。
なんのかんの言いながら、やっぱかわいいしな。たった一人の弟だし。
でもこれ以上廃人になるならやっぱ一発いっとかねーとな・・・
かわいいから余計やんなきゃな。俺、兄貴だしな。
ヘタレ兄貴:04/10/12
俺なりに今日、出来ることをやってきた。

会社から帰ってから、ネトゲ中の弟を飯に連れ出した。
そんで、「隣でオマエのこと考えずにこんなもんやってた。ごめんな」
っつって、俺のPS2を海に投げ込んできた。ソフトも全部。

一日中考えた挙句、こんな方法しか思いつかなかった。さよなら俺のPS2。

えとな、俺はどうもやっぱり弟を怒る、っつーか 鉄拳とともに気合いっぱつ入れ直す、ってことが性格上無理なもんで、 こんな結果になった。つーか他人に対してもあんま怒ったことねーんだ俺・・・。 順追って話すわ。上のだけじゃ、タダの自然破壊者だ。

今日一日、仕事しながらずーっと考えた結果、オマイラの言うとおり話は早いほうがいい、って思った。 中学二年なんてあっというまだしな。早いに越したことはない。
んで、今日中に飯に連れ出すことを計画。
場所はちょっと遠くを計画。歩いて帰れない距離で。(逃走できないように)
んで、意気込んで帰ったのはいいけど、いきなり誤算その1。
 も う 飯 食 い 終 わ っ て た。

なんでこんな日に限って夕飯が六時なんだかーちゃん!
しかも俺、残業!(いつもは八時)
しょーがないから食ってすぐに弟の部屋に直行。案の定、ネトゲ中。
だけど「今日中になにかリアクションを起こす」ってのが目標だったので、
無理矢理「なんか食いにいくぞ」っつって連れ出した。
弟は「えー、腹へってねえけど・・・」とかゆってたけど無視。
俺だって腹いっぱいだゴラァ!

んで、車弟を突っ込んで、高速に乗った。
別に高速使わなくても俺の家からは海いけるけど、気分で乗った。
そんで前に釣りにきたことがあった港に乗りつけようとしたら、誤算その2。

 テ ロ 対 策 中 で 立 ち 入 り 禁 止 中。(鉄条網アリ)
車の中で無言になる俺ら。・・・気まずい。
ヘタレ兄貴:04/10/12
仕方ないので、なんかピカピカ電飾で光ってた河口付近の大きな橋の上に移動。
車通りもなかったので、橋のド真ん中(っつっても横に寄せて)停車した。
「外出てみっかー」と言うと、弟もごそごそ助手席から出てきた。
なんでこんなとこに連れてこられたのかよくワカラン様子だ。つーか俺もよくわからん。
「海とか見んの久しぶりだろ」って言うと、
弟は「うん」って言いながら橋から下を見てる。
そんときの様子がすげー無邪気だったから、 一瞬、ほんとにコイツは病んでんだろーか?普通なんじゃねーのか、俺が気を揉みすぎなんじゃねーのか って思った。

まあ、ここまで来て世間話してもしかたないし、海風は結構寒いし、 なんか高速で飛ばした勢いにまかせて「ネトゲ楽しいか?」って聞いてみた。
弟はしばらく黙ってたけど、素直に「うん」って首振った。
俺「学校楽しくないのか?」
弟「そんなんじゃないけど」
俺「でも学校行ってないよな最近」
弟「・・・・」

弟が黙ってしまったから、俺は車の後部座席から用意してきたPS2をだした。

言っとくけどこれオマエのじゃないから、と断っておいてから、俺は弟に謝った。
オマエがやりてーことを俺が好き勝手にやってるの見て、 おまえ辛かっただろう。おまえの気持ちわかってなかった俺が悪い。
今からおまえが一番大事な時期だってことを、俺は全然考えてなかった。ごめん。
ごめん、って言ってから間をあけずに、俺はPS2を海に投げ込んだ。
あんまり見ないようにして。

本当はバットで叩き壊す、ってのもアリだと思ったけど、それだと一気に壊れないこもしれないから 海に投げ込むことにしてた。つーかこれ自然破壊だよな。ごめん海。
俺はこの先、一生海には物捨てないから、今回一回だけは見逃してくれ。

そんで呆気にとられてる弟を前に最後の決め台詞を言おうとしてたら、 誤算その3が来た。つーか障害多すぎだ。
「なにやってんだ!不法投棄だよ!それは!!」
って金切り声で犬連れた知らない親父が俺らの目の前にきて、わめく叫ぶ。
「あんたら、警察呼ぶよ!」
とかわめくので、弟は怯えてしまって俺のことは目に入ってない。
でも俺はそれどころじゃなくて、どうにか収拾つけなきゃ、ここで何とかしなきゃ、って頭が混乱して その親父と犬がギャンギャン吠え付くのを
「うるせえ!いま大事な話してんだよ!あとで聞くから黙ってろ!!」
って人生初、他人に向かってキレた。

ドラマの見すぎか?
そりゃそうだろ、だって俺は今日は「俺は俳優!」って思ってたもん。
普段からこんなこと出来るわけねーよ。
親父と犬の声が混じってるなか、
「ネトゲやめてくれ。親父とかーちゃんに代わって俺から頼む。 それでもネトゲやるか?俺よりネトゲ取るか?」 って聞いた。弟は下向いてる。
んで、結構長いことそうやってて、今まで騒いでた親父も「なんか込み入った話してるみたいだ」ってことを察したらしく、 静かになってくれた。
今から考えれば、イイ人だよな。話が終わるまで待っててくれたし。
ヘタレ兄貴:04/10/13
結局は、帰りの車に乗り込んでから、やっと「にーちゃん」って言ってくれたよ。
俺のPS2は無駄じゃなかった、って思った。つか、秤にかけるもんじゃないけど。
(もちろん、不法投棄は迷惑行為だからさっきのおじさんには運転免許書と携帯番号をメモして渡した)

これで弟がネトゲやめるかどーかは分からん。
でも俺的にできる事ってのをしたつもりだ。
つーか、これっくらい派手にやらんとネトゲに負けると思った俺一世一代の芝居だったんだよ!! これ以外に俺にどーすれと!:。・゚・(ノД`)・゚・
ヘタレ兄貴:04/10/13
俺んとこの弟はもう大丈夫なので、報告にきた。

会社から帰ったら、部屋に弟がきた。
そんで言うんだよ。ダンボール箱持ってきて。
「これ、にーちゃんにやる」って。
俺もういらないから、って。
見なくても中身はPS2だって分かったから、泣けてきた。
そんで俺はもうこれでいい、って思った。
このあと、弟が学校に行くか行かないかはアイツが決めることだし。
俺が昨日やったことと同じくらいのことを返してきてくれたから、 もう俺の言いたいことって全部伝わってると思う。
PS2は明日売りに行く。金は弟に返すつもり。
俺の話すことは多分これで終わり。

うーんとな、終わりっつーのは ネトゲと関わりになる話には今からはならないから終わり、っつーこと。
これからは弟が学校に行くか行かないか、の話だし、 俺が「今日は学校行きました」とか書くのも何かな、と

ちろん、マギョさんの友人のよーにまたネトゲ始めたりするかもしれないが、 そんなことになったら、俺はいよいよココにこんなこと書いてる場合じゃねーんだと思う。
それに、サポートはしていくよ。それは俺がしなくちゃいけないことだって分かってるから。 だから、そういう意味でもうココには書き込まない。
マギョ ◆ufhIs.uumE 04/02/19 19:33
二年くらい前、10年来の女友達がFF11にハマってネトゲ廃人になったんだけど。
電話なんかで「面白いゲームやってるんだー」とは聞いてたけど、 まさか人生捨ててるとは思わなかった。

ひさしぶりに家に遊びに行ったら、冬なのに何故か夏服着てる。

外は雪降ってるってのに、ストーブの前で七部袖。
なんでそんな寒そうな格好してんの、って聞いたら
「夏から買い物に行ってない。だから冬物持ってない」
って答え。それに、タンスの中を衣替えする「暇がない」そう。
彼女曰く、「ネトゲから手が離せなくて」
勿論、美容院にも行かないから髪は伸び放題。
埃のかぶった化粧台のうえには成分が分解して上の層と下の層に分かれちゃった化粧水が放置。 仕事以外に外に出ないのと、肉嫌いの母親との二人暮しなので、

「ここ数ヶ月、野菜と米しか食べてない」
と語る彼女の顔はすっかり痩せこけて、化粧っ気もないから40代のオバサンのよう。
これじゃあいけない、と思って外に連れ出してみたけど、 毎日ゲームしかしていないので、自分がリアルで何がほしいのかも分からない様子。
結局、服を売ってる店には一歩も入らず、本屋で小さいボールペンなんか買ってた。

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/02/19 19:41
久しぶりに会ったのに、なぜか話題が噛み合わないのでしょうがないから
「どんなゲームなの?」
と聞いてみた。その途端、なんだか始終オドオドしてた彼女の目が
カッ
て感じでいきなり輝きだし、それから出るわ出るわゲームの話題ばっか。

「いま一緒のパーティで戦ってる~~サンなんだけど」
「~~さんていう人はこの世界でもとっても有名で」
「いま二人キャラがいるんだけど、もう一人作ったらそれは~~にして」
……正直、狂った、と思った。
結局、マクドの店内で三時間くらい一人で話しまくって、 彼女は私と「遊んだ」つもりになってた。私は相槌を打つだ

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/02/19 19:48
今度、彼女の家に様子を見に行ってくるつもりだけれど、 そのときにアレ以上酷くなってたらどうしよう、と本気で怖い。 個人的な見解だけど、女で26歳って、結構重要な時期だと思う。
お金もそろそろ溜まってきて、服の趣味とかも決まってくる。旅行も好きなとこに行ける。

勿論、好きな人ができたら結婚とかも考えると思う。
そういう時に、一人で部屋に閉じこもってネットゲやる、ってのは 同性の私の目から見たら、かなり危険だと思う。

今後、彼女への対応の仕方を考えるために、この板にきてみました。

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/03/07 21:40
先日、彼女と連絡をとろうとメールしてみたのですが、二週間たっても返事が来ませんでした。 携帯にかけても「電波が届かないところに……」の繰り返し。 仕方なく実家に電話をかけてみたところ、彼女のお母さんが疲れた様子で

「……ああ、■ちゃん?……あのねえ、うちの子ねえ、仕事辞めちゃったのよお……」
……ついに行くとこまで行ってしまった様子です。

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/03/07 22:06
お母さんの話では、会社を辞める数週間前くらいから 会社を早退して帰ってくることが多くなったそうです。
「気分が悪いから」「生理痛が酷いから」
そういう理由でお昼過ぎに帰ってきては、布団にもぐりこんでゲームをしていたそうです。

「どうにかしたい」

と、お母さんは電話口で泣いておられました。私もどう言っていいか分からず、

「とにかく、一度よく話し合ってみては」

と言いましたが、最近では家族の会話もなくなっているそうで、 これはもう強制的にゲームの機械を取り上げるしかないのでは、と言う話にまでなりました。

彼女の父親は数年前に他界しており、今はお母さんとの二人暮しです。
男親に一発殴られでもして、無理矢理にでもゲーム環境から引き離すことが出来たなら 彼女はここまで堕なかったかもしれません。

彼女のお母さんは見た目にも性格的にもとても女性らしい方なので、 力に任せて……というわけにもいかないようです。電話口で

「仕事に行っている隙にすべて処分してしまおうかとも考えた」

とも仰られていましたが、それはもう少し待ってみて、と止めておきました。
ここのスレで前に出ていたように、逆上して何をしでかすか分からないからです。 会社を辞める、という行為にまで出てしまった人間に対して、 まさかそこまでするワケが、という甘い常識は通用しないですよね。
明日、仕事帰りに彼女の家に寄ってこようと思っています。
隣の県まで行くことになりますが、 それを理由に会うことを引き伸ばしていたことを、今では強く後悔しています。 とにかく現状把握と、お母さんを励ましてこよう、と思っています。

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/03/07 23:02
きっちり消化させるには、機械を壊す、という手段しかないのでしょうか……。
明日行くのはいいのですが、 彼女の部屋に入って眼を見て話す、という段階になったとき、 やはり少なからず動揺してしまうと思うんです。
本当に言葉で説得は出来ないのか、と思ってしまうんです。

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/03/07 23:58
なんか不安なので一人で書いてしまいます。もうしばらく付き合ってください。

彼女は元来、ゲームや漫画が好きな人ではありました。
私も薦められて漫画なんかを貸してもらい、 よくお互いの家に泊まりあいっこしてました。


専門学校を卒業して地元に戻った後も、メールや電話で連絡を取り合い、 半年に一度は遊びにいったり、迎えたりという付き合いをしていました。
彼女は地元の会社の受け付け嬢に就職。
受け付け嬢という職種ですから、毎日キレイに化粧して、 今とは全く違った生活をしていたようです。

それが二年程前、急にメールが返ってこなくなりました。
パソコンを使っての連絡だったので、 もしかして読んでないのかな、と思い携帯に連絡してみると (あのメール読んだ?と聞くのは、ちょっと恥ずかしいものです)

彼女いわく、
「最近、パソコン開けてない。この前、500通溜まっててプロバイダから連絡あった」
あれ?と思いました。

今までメールを主な連絡手段に使っていた彼女にとって、 パソコンを開けなかったら切れてしまう人が大勢いるだろう、と思ったからです。
もしかして重要な連絡があるかもしれないのに。携番を知らない人もいるでしょうし。
「ゲームもほどほどにしなよー」
と私はとりあえず笑いながら、その日は電話を切りました。

マギョ ◆ufhIs.uumE 04/03/08 00:12
数ヵ月後、寒い時期に彼女の家に遊びに行きました。
ここのくだりは前スレに引用されていましたが、 本当に部屋の中が「ネトゲをすることを前提に」構成されていました。

まずTVは部屋の中央の壁に配置されて、その前に台を置いてPS2を接続。
その周りには関連の書籍が山積み。
TVのまん前には布団。腹ばいになって操作できるよう、やたら大きなクッションがありました。 そしてパソコンは部屋の隅に追いやられていました。

後になって考えてみると、パソコンに接続していたケーブル回線をPS2に繋げていたので、 メールを受信するにはわざわざそれを付け替えなければいけなかったようです。
だから、それが面倒で500通も溜めてしまっていたのでしょう。

彼女のお母さんがそのとき少しオーバーに
「この子ちょっとおかしいのよー、何とかしてやってマギョちゃん」
と仰っていた言葉を、あの時もっと真剣に聞いていればよかった。
「あの機械を見るたびに壊したくなるの」とも、お母さんは口にしていたのに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。