上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 夫 -(2006/02/05(Sun) 22:09:26) [ID:3sEm8PoX]

うちの台所は、カビだらけ。
嫁さんが、某ネトゲにハマって、火にかけたやかんが丸焦げになるまで忘れるからです。
台所に、日に何度もやかんいっぱいの水ぶちまければそりゃカビだらけになるよ。

何度黒焦げのヤカンを作成しても、週に1コはまた作る。
最初は怒ってたけど、怒るだけじゃダメだと思って、電気ポットを買ってきたら
最初は「ごめんね…」って神妙にしてたけど、それも一週間くらいでパー。
次は、晩飯が黒焦げになった。
料理を火にかけて、しばらく加熱するスキを見計らってまでやりたい?
もう会話も無い。口を開けばケンカになるから。はっきり言って疲れた。

友人に相談したら、したり顔で「あなたがかまってやらないから…」って
ベタベタな言葉を返された。
コペルニクス展開のつもりか。
「ヤカンを焦がしたのも危険信号のつもりで…」って、ウチの嫁さんは言葉しゃべれないのか。
「いつまでも子供ができないから寂しくて…」って、ソレを直さないで子供なんかつくれっかよ。
「生活に華が無いから、現実逃避で…」って、テメーの現実くらいテメーでつくれ!

驚くかもしれないけど、全て俺が友人に口に出して言いました。
後で我に返ったけど、おそらく大事な友人も失いました。
ネトゲ廃人は、貴方の大事な(大事だった)人も破壊します。取り返しはつきません。。
スポンサーサイト
□投稿者/ かなみ -(2006/04/10(Mon) 17:23:24) [ID:sF6dUMWy]

4年間暮らした夫と、去年離婚しました。
原因は様々あるとは思うのですが、すれ違い始めたきっかけはネトゲにあったと思います。

元々パソコンが趣味の人だったのですが、結婚してすぐにラグナロクオンラインにはまって
しまいました。元夫の友人から誘われたのがきっかけだったらしく、その友人のことは
私も知っていたので、あの人と遊んでるのかぁ、くらいにしか考えてませんでした。でも、
元夫はゲームの中で、その友人を通して別の人間関係を築いていくことがとても楽しかった
ようで、次第にのめり込んでいきました。仕事にこそ行ってましたが、帰宅しても、ただいまもそこそこにパソコンのある自室へ直行。夕食が済んで2人でのんびりすることもなく
パソコンの前へ。「30分くらいテレビでも見よう」と言ってやんわり引き止めると、30分後にすぐに席を立つ。3交代の勤務で残業もあり、不規則な生活だったにも関わらず、睡眠
時間を削ってのプレイ。
新婚で2人でやりたいことがたくさんあったり、仕事を辞めて彼の勤務地へ来たばかりの私に
とっては、彼との時間がとても貴重でした。それがゲームによって奪われていく。初めはそれが理解し難く、次第に焦りや怒り、悲しさがやってきました。私もプレイすれば寂しくない、
ゲーム内で一緒に遊べる、とも元夫から言われましたが、それは違う、そんなことは私は求めていない、と拒否。でも、忙しい夫の唯一の趣味を取り上げてしまうのもどうかと悶々・・・。

破局が決定的になったのは、元々約束していた私との現実での予定よりも、ゲーム内での
一時的なプレイを選んだこと(臨時狩り、知らない人と声掛け合ってのプレイ)。普段は
臨時をする機会がなかったそうなのですが、その時はちょうどいい臨時があったとのことで、
私と外出する予定がありながら臨時を始めてしまいました。ある程度時間がたっても止める
様子が無いのでさすがに私が怒ると、元夫は逆切れ。曰く「現実の人間関係は、顔を合わせたり後でフォローすることも出来る。でもゲームは違う。必要な職を集めて臨時を始めた以上、自分がいなくなったらこの人たちに迷惑がかかる。パソコンの向こうにだって人がいるんだ」
云々・・・。だったら、今顔を合わせて話をしてる私は何なんですか。顔も知らない、臨時というあくまでも一時的な関わりでしかない人たち以下ですか。これから何十年も一緒に生きていくつもりで結婚した私との約束よりも大事ですか。あなたは結婚して生活が楽になったと言ってたが、あなたがゲームをする時間を増やすために家事をしてるわけじゃない・・・。

そんな思いが溢れてきましたが、それでも数年間は踏ん張ってみました。仕事が落ち着いたら
彼にも精神的余裕が出来るのではないか。私も仕事を始めたら多少の気分転換になるのでは
ないか。少しでも夫を理解できるように思い切ってゲームもやってみましたが、どうにも気持ちが悪くて挫折。ゲーム以外のことでもすれ違いが生じ、結局破局に至りました。

ネトゲがすべて悪いとは言いません。しかし、近くで悲しんでいる人がいるかもしれません。
どうか、傍に居てくれる人と向かい合って、目を見て話をしてみて下さい。パソコンと向かい合って、キャラを見ながら文字を打っている時よりも、得られるものは大きいはず。
□投稿者/ こまった妻 -(2006/04/02(Sun) 00:59:04) [ID:L3o57Xrq]

うちの旦那がネットゲームにハマっています。
もともとパソコンなどさわった事もない旦那にこの世界を教えてしまったのは私でした。
私はゲームではないのですが、チャットやHPの掲示板などにハマっていて、ハマっていると言っても暇なとき、一日1~2時間程度でした。
それも結婚する前で結婚してからは、パソコンも手放し、私も旦那も共働きで毎日忙しくそれでも休みの日は夫婦で遊びに行ったり、旅行に行ったりしました。

元々旦那は大のゲーム好きでしたが、PSなどのテレビゲームで私も一緒に対戦したり、食事の時もご飯が出来たらすぐコントローラーを置いて、一緒に食卓につきました。

結婚して2年後ぐらいに、軽い気持ちでパソコンを購入。
私がちょこっとメールなどをする為に欲しいといいました。
その時はADSLと言う繋ぎ放題と言う環境も一緒に我が家にやってきました。
私も昔とは違って快適なネット環境に色々ゲームなどを探して、やっていくうちにオンラインゲームを見つけ、軽い気持ちで旦那に「やってみたら?」と勧めました。
パソコンには興味はなかったものの、そのゲームの画面の綺麗さ、無限のゲームに興味を持ち、キーボードを打つ事さえ出来なかった旦那が、私よりタイピングが早くなりオンラインゲームに虜になるには時間はかかりませんでした。

さらに3年後。子供も産まれ、3歳の息子がいます。
家計の為、私も今は子供を保育園に預けパートに出ています。

今の旦那は・・・。
仕事には行ってるものの、朝4時に目覚ましをセットして、出勤時間ギリギリまでイン。
行く前も「アイテム販売してるから画面そのままにしとけよ!」と。
昼は旦那も私も職場が近いので家に帰ってきて食べるんですが、昼食中もずっとパソコンの前。
私は夕方4時までなので保育園にお迎えに行って、帰って来て家事をしながら子供と遊んだり、旦那が帰ってくる頃に合わせて夕食作り。
旦那は仕事から帰ってくると同時にすぐパソコンの前で、「あー売れてなかった」とゲームで販売しているアイテムなどのチェック。
前は「パパー」と寄っていってた子供も3歳になり状況がだんだん分かってきているのか、パソコンの前にいる時の旦那には寄っていかない。
寄っていっても「ちょっと待って!あっちいっといて」と毎回そのパターンだから。

晩御飯も私が散々文句を言って、みんなでテーブルで食事を取ってるけど、一生懸命作った料理を飲み込むように食べ、一言も会話をせず、食べ終わるとすぐゲームの世界。
「お風呂の時間やで」と声をかけても「うん」と返事をしてそのまま。
私が子供と一緒にお風呂に入って、出てきて、「遅いから先子供と入ったで」と声をかけても
「うん」だけ。
しばらくして、「あれ?なんで先にお風呂入ってんの?」って聞く始末。
こっちの言葉が旦那の頭にまったく入っていかない。

夜も私と子供だけ先に寝て、「先に寝るけど夜更かししたらあかんで」と言っても「うん」だけ。きっと子供の事や私との会話よりあっちの世界の方が大事なんだろうと思うと、だんだん旦那が憎くなってきて、昔はあんなに好きだった旦那が今ではパソコンの前にいる旦那を見るだけでこの世で一番嫌いな人間に思える。

休みの日も私が散々言ってやっと重い腰をあげ、外出した日もずーっとつまらなそうな顔。
「まだ帰らへんの?」「つかれた」「ダルイ」とずっと愚痴ばっかり。
そんな愚痴を聞くのも嫌で早く帰ると家に着くと慌ててパソコンの前へ。
ちょっと画面を覗いたら「ごめーん。せっかくの休みやのにうるさい嫁に連れ出されて家族サービスしててインできなかった。今日は一日インしてたかったのに」みたいな事書いてた。

あぁ、この人は家族といるよりこっちの世界にいる方が、大事なんだな・・・と感じた。

旦那に性生活を求められても、もちろんもう触られるのも嫌。
外出も今では子供と二人で行った方が楽しい。
旦那がいないと子供と楽しく家でも過ごせるのに、いるだけで子供にもイライラする事がある。
ニヤニヤながらキーを打っている旦那を見るだけで一番醜い人を見ていて嫌悪感を感じ、この何年か、何度ももめたけど「外でギャンブルする旦那と比べたら、金かからないし、俺はいい旦那」とのたまう旦那にいい加減疲れた。

外見はいい夫婦に見えるだろうけど、中はからっぽ。
私もまだ26歳だし、生活面は苦しくても働こうと思えば仕事増やして働けるし、離婚した方が心穏やかに子供と幸せになれるだろうな。
ネット中毒を理由にして離婚できないかな・・・。
□投稿者/ help! -(2006/03/21(Tue) 22:22:53) [ID:KshsFeHc]


みていて悲しくなりました。
はっきりいって泣きそうになりました。
今、この瞬間にもパソコンの画面を見て一生懸命キーボードをたたいている人がいる・・・
僕はまだ中学生ですが、このページをみて、よかったです。
教えてくれた父に感謝します。
ゲームにはまっている人、
一日でいいから、外に出て、友達との約束もゲームで断らない、
そんな生活をしてほしいと願います・・
□投稿者/ もなか -(2006/02/27(Mon) 04:37:18) [ID:R4u9n7vy]

多分離婚することになると思います
もういい加減あきれてものも言えません
実家に帰る前日もネットの向こうの彼女と深夜2時半近くまでチャット
妻子を蔑ろにしてるくせに私が怒った態度をとっていると逆ギレ
「彼女は旦那さんも死んで子供も障害者なんだぞ!」
知るか!
本当の話かどうかもわからないのに感情移入しまくってホントバカです
そんなことされて妻がどう思うか考えてないのでしょうね
私たちがいないほうがチャットにも専念できるし会いたいときに会えるでしょ?
目の前の妻子よりネットの向こうを選んだあなたにはついていけません
□投稿者/ 30代所帯持ち -(2006/02/05(Sun) 23:43:35) [ID:m40L2pFp]

MMOをプレイしなくなってから4ヶ月が経とうとしています
プレイしてないだけで情報サイトは巡ってしまうのはまだ完全に社会復帰できていない証でしょうが…

約6年前にGというMMOに出会いました、きっかけは友人(ネット)からの誘い
ドラクエ世代の自分はすっかりハマリました
職場の同僚(M)も引きずり込み、2人でギリギリの睡眠時間で遊んでいました
友人も自分も家族の同意など得られるわけもなく、一旦は止めたのです

が、しばらくしてAというMMOにハマル友人(M)、今度はこちらが引き込まれました
友人(M)が嫁も巻き込んでるのを言い訳に、丁度PCを新調したがっていた嫁を説得
「Mも嫁さんと遊んでるんだし、俺もお前とMMOしたいんだ」
などと言った事を覚えています

友人(M)の嫁さんが、MMOに馴染めなかったのとは対照的に、こちらの嫁はハマリましたね
この頃から家事をする人が、我が家から居なくなりました…

毎日並んでPCに向かい、家庭の事は放置気味
途中LというMMOに転向して…
こんな生活が3年程続いたでしょうか

このままでは駄目だと思いつつも、毎日同じ事の繰り返し
しっかりINしてました

ある夫婦喧嘩の時に
2人でMMOなんてしてるから
お互いの顔も見ないで、子供の顔も見ないで
仕事もせずに…

と、今までの生活を振り返り発作的にPCを壊しました
夫婦2人で止められると思ったのです

止められませんでしたね、3日後の嫁の台詞
「PC直してよね。○○さんに借りた物返さないといけないし
 まだLで遣り残したことも沢山あるんだから…」

それから4ヶ月 ゴミ溜めの様な部屋の
このPCの裏では嫁のアカウントのキャラが露店放置されてます
深夜、モニターに向かって「ふふふっ」と笑う人が居ます
気味悪いと思いつつ、戻りたがっている自分も居ます

先に家族を顧みなくなったのは自分、誘ったのは自分、ハメタのも自分…

あの時MMOに出会わなかったら、もう少しまともな家庭が築けていたのでしょうか
休日には子供を連れて出掛けていた、あの頃に戻りたい
□投稿者/ t -(2006/01/24(Tue) 23:51:25) [ID:psdSdu0R]

自分と兄の話ですが、

FF11サービス開始から1年半後ぐらいに、兄と一緒に始めたて、一日一日で交互でやろうと決めてやっていたんです。
一ヶ月ぐらいはちゃんと守ってやっていたのですが、ある日兄がその約束を破り、自分が家に帰ってくる前にゲームを始めていて、PT組んでいたんです。
兄にやらせてっと言うと、兄は「今PT組んだばっかしだから無理!」と言いどっぷりとつかっていきました。
それが一年くらい続き、どっちもほぼ廃人プレーだったので、ある日大喧嘩になって「買ったのは俺だからいいだろ!!」と兄が言いました。
同じアカントだったので同時にできなかったんです。
自分はその日にFF11をきっぱりとやめました。

今でも兄はFFをやっているのですが、兄と話す内容がゲーム、ゲーム、ゲームの話ばっかしです。
自分はとっくの昔にやめているので、もぅー何を言っているのかわけが分からないです。
この前、兄の一日を観察してみたところ、仕事前にゲーム、帰ってきてゲーム、飯食った後にゲーム、寝落ちするまでゲーム。
それが毎週続いています。
食事の時間もずれてきて母は「いつまでゲームやってんの!!早くご飯食べなさい!」と毎日のように言っています。
それを言われた兄は逆ギレ。
兄と同じ部屋なのですが、兄が一人で画面に向かって、クスクス笑ったり、怒ったり、してるのが気持悪く感じます。
自分もあんな感じだったのかと思うとものすごく情けなく感じます。
今兄は、フリーターで就職する気も無いようです。
頭のよかった兄を尊敬していたのですが、いまや、哀れな気持ちでいっぱいです。
長文失礼しました。
□投稿者/ ムツミ -(2006/01/16(Mon) 13:29:07) [ID:eUh7UMxy]


ネットゲームが好きでいくつものネトゲを渡り歩いてる人のことを『ネトゲ難民』と呼ぶらしい。
かくいう私もそうでした。4年間で3つのネトゲを渡り歩いてきました。
UO、RO、FF11。
最後のほうは起きている時間全てをネトゲに注ぎ込んでいました。

このサイトが繁栄しているのを見れば一目瞭然で、多くの人はネトゲと現実の両立は難しく、
少しでもバランスを崩せば廃人になってしまいます。

廃人の私の周囲には、同じような廃人のネトゲ友達が何人もいました。
彼らもネトゲにハマって苦悩していました。そして1人ずつ辞めていき、彼らは戻ってこなかった。
私自身はというと、何度もネトゲを辞めては戻り、辞めては戻り…。結局、やめる事が出来なかった。
二度と戻ってこない意志の強い彼らを羨ましく思ってた。

私は、現実で満たされない寂しさ・達成感をネトゲで必死に埋めていたのだと思う。
正確には埋まったような”気がしていた”だけなのかもしれませんが…。

ギャンブルやタバコもそうですが、中毒になると直りません。
一瞬でも一秒でも再び手をつければ中毒に逆戻り。
辞めるには、完全に手を切るしかありません。

リアルでは引きこもり状態の自分。両親のスネをかじり実家在住。退職し無職。
数日前母に言われました。
「お母さんの心臓悪いのは知ってるよね。長くないから、それまでに自立して」と。
母は大きな手術をして以来、体が弱かった。でもそこまで悪いとは思ってなかった。
父はこう言いました。
「お前を生んだのは俺達だから、最後までちゃんと面倒見るから心配しなくていい。
遺産は残すからな。ただ、金持ちじゃないし最低限だぞ。」

こんな事を両親に言わせるなんて本当に親不孝の大馬鹿者ですね。
今日から死に物狂いで現実の世界を生きようと思います。
辞めていったネトゲの友人達の後に続きます。けじめの意味もこめて投稿させて頂きます。
□投稿者/ まひる -(2005/12/01(Thu) 15:07:53) [ID:pTwpAYZ3]

私の妻の話。

現在ハンゲとMMOにはまっているのですが
その経路は私が薦めたこともあります。

そのときも今もですが、専業主婦をしていて
子供がいないために家事以外なにもやることがなかった為、
ネットでいろいろ探してハンゲと某MMO見つけてやらせました。

最初は文句いいながらも、幾日か経つと既にはまり状態。
毎日のように暇あればネットゲーをしていたわけです。

しかし、これで生活のバランスが崩れたわけではありません。
先ほども暇あればと・・書きましたが、今までやっていた家事等は
今でも怠ったことはないです。たしかに、自分が仕事から帰ってきてからも
ゲームはやっていますが、その他のことをしっかりとやっているので
なにも不便に感じたことはありません。

でも、このサイトを知って思ったことは今の現状のネットゲーは
誰でもできますが、限られた立場の人間しかできないとと思います。
例えば、子供いない(いても成人)専業主婦さんなどは時間が他の人よりも
とりやすいと思うのでネットゲーに向いてるかなと思います。
あとは私は結婚一年目で新婚は新婚なんですが、付き合った年月が
長かったので良かったかもしれませんね。本当に新婚さんなら、
毎日ゲームして相手してくれなかったりすると嫌な気分になると思います。


要は趣味の範囲を超えなければ誰がやってもいいのですが、
現状のMMOの仕様を妻から聞いたり、友人の話を聞いてみたりしていると
「かけた時間の長さがものをいう」みたいなので、社会人の方や
勉学に支障がでそうな学生さんは、はまってしまうと生活が乱れてしまいますね。

この仕様がなくなれば私も少しぐらいはやってみようかなと思いますが、
皆さんの体験談などを聞くと現状の仕様だと私は向いてない気がします。

でも、ネットゲーのみならず家庭用のゲームでもそのような状況に
陥る可能性も高いので一概にネットゲーが悪いともいえませんですね。

今のネットゲーは「人を選ぶ」といったものでしょうか・・。
□投稿者/ wamu -(2005/11/28(Mon) 21:24:08) [ID:e6KBGD6n]
2005/12/06(Tue) 18:56:46 編集(管理者)

家には3つ年の離れた弟がいます。
彼はMMORPGにずっとはまりっぱなしです。

MMORPGをやっている時の彼は、とにかくひたすら
画面に向かってキーボードをたたきつけています。
夜中にあはは・・などの笑い声は珍しくありません。

幸いにも、食事のときは家族一緒も食べます。
しかし、あと少しで就職活動も始まるころなのでちゃんと活動するのか心配です。

会話がめっきり減ったので、とても悲しいです。
幸いにも、しっかりした弟なので、いつか足を洗う事を信じていますが・・。
ネトゲを止めるなとは言いませんが、もう少し節度を持ってやって欲しいです。
人生、PCばかりに費やしていては本当に後悔するのは、
他でもない自分自身ですから・・・。

こういうサイトにめぐり合えて嬉しいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。