上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ ふく -(2005/07/29(Fri) 02:03:32)

21歳 男 大学生(1浪)です
友達に進められて、RO初めて、はまりにはまって2年2ヶ月がすぎました。現在課金きれてます。
近場にネカフェがなく1DAYチケの入手方法がないのであと1回だけ課金して装備の処分なんてせずに数人に引退すると言って最低でも課金した日から二日以内にIDごと削除してきます

俺がこう思ったきっかけは
ずっと彼女欲しかったんですよ。でも容姿に自信ないし、かといって気を引ける何かあるわけでもなしなので、人に想いを伝えるのがものすごい怖かったんですね。そんなときROで彼女ができたんですよ。相手の顔写真をメッセで見せてもらって(俺デジカメもってないから見せてません)結構好みの顔でした。ROでは結婚というものがあるのでそれもしました。

結果、それまで、うまくROとリアルを両立させてたのが一気にROにバランスが行きました。一時期リアルで会おうって話になったりもしました(俺の都合上どうしても時間があわなかったため会ってません。会ってたらまだのめりこんでたかも)

ある日その子が「リアルで会えないならチャエッチしよう」って言ってきたんですよ。恥ずかしい話ですがこの年でリアルでそういう経験が2回しかなかったためものすごく興奮しましてそれに応じてみたんですよ。そしたら「あんた下手すぎ、もういいよ」って言われて、それ以来よそよそしくなってしかも浮気までされて(今となっては変な表現ですが)一気に熱が冷めたんですよね(こういうのがこのサイト的にダメなら管理者さんお手数ですが削除お願いします)これ以来また狩、狩、狩の日々で惰性以外の何者でもなくなってきたころに、大学1回生のときから気になってた女の子が部活に入ってきたんですよ。話をしてみると、思ってた以上にいい人でした。

先月、彼氏いないの本人に確認済でその子に告白しました。その子は初心者で「今は部活を楽しみたいから、そういうこと考えてる余裕ない」って言って振られました。部活に関しては俺のほうが圧倒的に能力上なのでこんな理由で納得できるはずもなく引退したらもう1回告白しようって思ってたんです。

しかし、友達にこのことを話すと「お前はその子に告白するのが目的か?その後何がしたいんや?部活の引退後で間に合うんやろうな?」って話を1時間ほどされました。本気で目が覚めましたよ。今まで自分の容姿に卑屈だったから恋愛はずっと受身できたんで(中学のときに彼女いましたが、恋愛なんて呼べないものでした)恋愛経験皆無だったから「彼女欲しい」としか思って告白してなかったんですよね。それから本気でそれについて考えだしました。考え込むタチなのでそれ以来ずっと睡眠不足ですが、ROやって睡眠不足になるよりも、信じられないほどの充実感があるんですよ。よく恋愛は人を盲目にする(違うっけ?)って言いますよね。今までそれを散々バカにしてきたんですが、自分のバカらしさにようやく気づきました。

8月1日~6日まで部活の関係で泊まるんですが部のメンバーに協力してもらってもう1回告白してきます。
前回はただ好きだから付き合ってとしか言えなかったけど今度は自分の思いを全部伝えてきます。

ROには俺のようにゲーム内で恋愛してる人が多数いるとよくききます。実際俺の周りもそうでした。そいつらに言います。

お前ら顔も見えない声も聞こえないそんな相手に恋愛ごっこしてる暇あったら、現実にいる女性(男性)を探せ。いないなら探す努力をしろ、ネットに逃げるな!!

長くなりましたがROを辞める決心をするために書き込みさせていただいたのでご容赦を・・・
スポンサーサイト
□投稿者/ ヒナ子 -(2005/07/27(Wed) 20:54:59)

長くなるだろうけどすみません。けど書かせてもらいます。

我が家は再婚家庭です。私と姉2人は母の連れ子。
現両親は2人ともバツ1だそうです。よくは聞いてないけど親父さんは子供に対する接し方みたいのがわからなくて前の奥さんと別れたんだって。

私が小学2年の時に再婚して、その時から親父さんはゲームする人なんだってことは知ってました。
私のお父さんはゲームとか全然やらない人だったし、私自身家庭用ゲーム機なんて触ったこともなかった。「いい年してゲームなんかやりやがって」みたいな感覚も全然なく、RPGやら対戦やらなんでもこなす親父さんを「すげ~」って思ってた記憶があります。

今から3年ぐらい前、親父さんがパソコンを買ってきました。
私も中学あがってたし、それなりに離婚した両親やら自分のことかまってくれない親父さんやら家族が嫌いになってた時期に。
ちょっと前まで親父さんはプラモデルをがんがん作ってて、和室に棚ひとつ取り付けて、それでも足りなくて食器棚の中とかダッシュボードの上とか色んなところにプラモ飾ってる状態でした。
私は「もうプラモはやめたのかな」ってちょっと嬉しかった。友達呼んだときに部屋中プラモだらけって恥ずかしかったから。
最初はネットオークションしてたみたいです。それでプラモやらフィギュアやら買ってたから私は大分がっかりしましたけど。
そのうちFF11を買ってきました。でもそれはあんまりやらないで放置。
次にジャンクメタルを買ってきました。たぶん発売してすぐぐらいだと思います。
そのまんま今まで続きます。
その間にパソコンは3台になりました。初代は母に「お前もやれ」と譲られ(母は乱視で画面を見るのがつらいらしく全く手をつけてませんが)2代目は今私が使っています。それまではノートをがちゃがちゃいじてったのに、それだけじゃ飽き足らず(容量が足らず?)今度はデスクトップ。それもかなりいいやつ(らしい。私はよくわからないので)。
帰ってきたら即パソコンへ。
持病のヘルニアが出ようと軟骨の擦れた肩が痛もうと毎日。
夜中までなんてざら。
それも、お酒呑みながらやるからゲームの中のことに本気で怒ったり怒鳴ったり。たまにゲームしながら寝ちゃって、朝になったら脇にお酒のコップが倒れてたりとかもあるみたいです。
母も最初は「ああいう趣味」と思っていたようですが、毎日毎日画面にのめりこむような旦那を見てそろそろ呆れてきたっていうか。お酒の量が増えてあたられたり音がうるさかったりって実害もあるけど2番目の旦那にも納得はいかないみたいですね。

私はというとそんな親父さんは大嫌いです。
元から好きなタイプじゃなかったのに(客観的にも性格悪いみたいですから)ネトゲに嵌る41歳のおっさんてもうどうしようもないな、って。
でも、私自身親父さんみたいになってる。

親父さんのおさがりのこのパソコンで毎日毎日チャットです。
そこで出会って、実際に会って、彼氏もできました。親父さんの5つ下の。
友達にさんざん親父さんの愚痴言ってきて、自分のもとにパソコンが来てすぐに自分もネットの中に漬かっちゃいました。最悪。誰かさんとそんなに変わらない自分に愕然とした。それに気付くのに4,5ヶ月かかった自分にもっと愕然と。

親父さんの希望でうちは夕飯がすごいんです。テーブルいっぱいにおつまみ並べて、調味料どっさり出して、小皿に取り分けて食べるスタイル。毎日毎日献立に悩みながら、前と好みも料理も変わってしまいながら、母は8年間夕食を作り続けてきました。パソコンが手に入るまでは、よほど苛々してなければキッチンで私がずっと母にお喋りをしてて。2年前に姉たちが独立していってからは、それこそ母子家庭みたいに母子仲良くやってきてたのに、チャット漬けになってからは全く1階に降りないようになってました。「今忙しいから」「チャットの中でも相手は人なんだから」そういう言い訳で夕食の手伝いも殆どしないように。


最近、両親が帰ってくる前にサラダを作るようになりました。
少しでも母の負担を減らそうって気になれたから。
親父さんと話すのはすごく苦痛だし、正直嫌な人と話せるほど大人じゃないので未だに夕飯はあんまり手伝いません。それでも、母と話す機会はちょっと前よりは増えた感じです。
親父さんはどうにもならないでしょう。
もう止めたいとも思わなくなりました。それよりは早く家を出て見ないで済む様になりたい。
学校で今気の合う友達がいまいち見つかりません。きっとチャット漬けになってた自分の態度がおかしかったんだと思う。高校に上がるまでは普通に仲のいい子もいたんだから。
自分はどうにか元に戻らなきゃと思います。
ネトゲじゃないけど、ネトゲしてる親父さんを見て自分の醜悪さにも気付けたから。
パソコンの時間減らしてダイエットしよう。
パソコン使って会った彼氏だけど、それ以上にお互いを大切にする努力をしよう。
□投稿者/ F.Y -(2005/07/25(Mon) 01:03:18)

自分はとある無料MMOをやっていたんですが、
今気付くと、高校1年の間棒に振ったと本当に思うのですよ。
もっと勉強とか、ファッションに気を使うとかすればよかった・・・
これからはバイトとか始めて本当の「お金」稼いで現実の「モノ」を
手に入れたいと思います。そして残りの高校生活頑張ろうと思います。
あばよ、MMO。二度とこんなペテンには騙されん。
ここのサイトは本当にけじめをつけてくれるいいきっかけになりました。
感謝しています^^
□投稿者/ いろんなあだ名をもつ人 -(2005/07/18(Mon) 02:05:09)

最初に、これから書いてくのは負の面だけじゃなくて、
又自分が廃人みたいな状態になった時の自分へのメッセージみたいなのも入ってます。

初めてネトゲをやった時、確か3年ぐらい前です。私は正に厨房みたいなもんでした。
その時私は焦っていました。その焦りは、私から見れば全てが出来、全てが上手くいく兄にたいして劣等感を持ち、自分の存在に対して嫌気が差していました。
私はよく人には好かれるらしいです。あくまで友達や家族や近所の間でですが・・・
母や父やその兄も私が一番器がでかいと言いますが・・・
そんなものよりも私は、兄を基礎的に現実的数値で超えたかったのです。
そんな時に私はネトゲに出会いました。

私は兄がいなく、尚且つステータスというの差という他人よりも優越感に浸れる魅惑に魅了されました。
私はその時は、多分兄には勝てないと確信していたんだと思います。
だからこそ兄がいなく兄の代わりに尊敬される自分を創りたかったんだと思います。例えそれが仮想現実でも、
そこから廃プレイは続きました。現実の誰の言う事も適当にただネットを信じてやりました。
1年以上そんな状態が続いたある日、私は窓の外の景色を見ていて突然、自分の愚かさに気づきました。
そして、高校生になった私は、人の役に立つ事をしたくなりバイト等も楽しみながらやっています。
もっとはやく気づいたらなぁ。自分でもおもいました。 
長くなりました。最後にネトゲに楽しみ憶えてる方に口癖の一つを「きつい現実だったら面白くさせればいいじゃん」
□投稿者/ えいる -(2005/07/09(Sat) 05:12:00)

ネトゲをやり始めたのは大学1年の冬。PSOというMOだった。
最初はDCで発売されたPSOだったが、当時はネット環境が無かったため、すぐに飽きた。
その後大学に入って一人暮らしをするようになり、ネット環境も整った状態になった頃、PC版のPSOの存在を知り購入した。
元々ゲーム好きだった自分は、オンラインでのプレイにすぐに虜になった。
しかし一度オフラインでプレイしていた為か、無我夢中になる、という程ではなかった。
今思えばPC版PSOを買ってしまったのが間違いだと思えてくる。

これでネトゲの面白さに嵌った自分は、次を探し始めた。
そしてROを見つけた。これがMMOとの初対面であると同時に廃人への切符を手にしてしまった。

特に進学理由も無く大学に入った自分は、勉強にも身が入らず、何とか単位が取れればいいやという気持ちで通っていた。
人見知りをするため、あまり友達も居なく、一緒にどこかへ行くことも少なかった事も拍車を掛けたのかもしれない。
大学へ行くよりMMOをやっていた方が良いと思うようになり、大学へ行かなくなった。

そのまま2年が経過した。
その2年の間はROの事しか考えていなかったように思う。
単位が取れていないため留年となったが、親には本当の理由を言えずに、適当にごまかしていた。
ついには退学や自殺も考えるようになっていた。

そんな時にある事が起こった。
ネトゲにはRMTというものがある。当時RMTは嫌っていたのだが、かなり飽きが来ていた事も手伝い、自分のアカウントが幾らで取引されるものなのか気になって、査定に出してみた。
具体的に書きすぎたせいだろう、RO内の知人に知られ、事によっては縁を切ると言われた。当然といえば当然だろう。
1年程の付き合いのある人だったが、どう弁明しても信じてもらえるとは思えなかった。なにせRMTは嫌いだと公言してた奴がRMTサイトに書き込んでいるのだから。
RO内の知人には迷惑となっただろうが、自分にとってはROをやめるいいきっかけとなった。

ROから離れて違うMMOを探してみるものの、どれもすぐに飽きてしまいMMOをやりこむ事が無くなった頃、ふと思った。
「今まで何をやっていたんだろう」と。
振り返れば何もない2年。後ろめたい気持ちと後悔の念だけが残った。
親へ、友達へ、とても申し訳ない気持ちになった。
現状を何とかしなければと思い、大学へ行くようになった。

今も大学に通っている最中だが、2年間全く行かなかったため、卒業は頑張ってギリギリ届く範囲であるのを知り、また2年間無駄なお金を出させてしまった親の事を思い、さらに後悔の念が強くなった。
今でも留年した本当の理由を言えていない。
本当は言った方がいいのだろうが、気の弱い自分は卒業した後に理由を言おうと考えている。その時に留年分の学費や生活費も働いたお金で返す事を告げるつもりだ。
今はとにかく卒業し就職して安心させる事が第一の親孝行と考えて大学へ通う毎日だ。

―ネットゲームをやろうと考えている方へ―
他の方の体験談でもある事だが、自制心の無い人、特に目標も無く毎日を過ごしているような人はやめた方が良い。
確実に後悔が待っている。
仮にMMOをプレイして辞めた後だとしても、その後も面白いMMOを探し、また嵌っていってしまう危険もある。
今の自分が正にそのような感じで、面白い物を見つけてしまったらまた元に戻ってしまうかもしれない。
もう一度言う。

将来と身の回りの事を考えるなら、ネトゲはやめた方が良い。

そんなリスクを背負ってでもやりたいのであればお好きにどうぞ。


自分への戒めと、これを読んだ方への警告として書いてみました。
この文が少しでも誰かのお役に立てたのならば光栄です。
長文乱文失礼しました。
□投稿者/ イヌ -(2005/06/29(Wed) 22:00:18)

私も以前ネトゲをやっていた者です。
あの忌まわしい過去について書き込ませて頂きます。

ネトゲを始めたのはもう3年前くらいになります。当時私は中3でした。
その頃ちょうどあの悪魔のゲーム、FFXIが発売したのです。
私は元々ゲームが好きな人間で、特にFFシリーズは大好きでした。
だからかも知れません、あんな物に手を出してしまったのは。

私も皆さん同様周囲から見ればおかしいくらい嵌ってしまいました。
このゲームでレベルを上げるには最低2時間以上の時間を要するのです。
また、必ず他のプレイヤーと組まなければならない設計となっています。
この2点が多くのプレイヤーを廃人とする要因だと私は思います。

そして、ネトゲに嵌ってしまった人達を正気に戻すのは相当の努力が必要です。
彼らをネトゲの世界から引き離そうとする事は、小さい子供から玩具を無理矢理取り上げる事と同じなのです。
もし彼らを助けたいと思うなら、生半可な気持ちで助けようとしても無理でしょう。
本気で彼らと接してあげて下さい。実の親でも無ければそれが最良の方法だと思います。

これからネトゲを始めようとする皆さん。
あなたの大事な物はなんですか?
あなたの事を思ってくれる大切な人はいますか?
それらを失う事になってもネトゲをやろうと思いますか?
私は1日でも早くネトゲが無くなる事を心から願っています。
□投稿者/ 五右衛門 -(2005/06/28(Tue) 06:01:57)

俺が手を出したのはナイトオンラインという種族間での対戦重視のゲームです。
このゲームには、およそ一年半近く続けていたと思います。

俺は現実の方でも、友達も彼女がいる身でした。今思えばどうしてこんなにも時間をネトゲに費やしてきたんだろう・・・という後悔の念ばかりしか出てきません。彼女は(大学内の文化祭開催)ミスコンだったし、他の大学生からしたら少し優越感を持ってたりと、そんな奴でした。

そんな俺がどうしてここまで堕ちたんだろう・・そんなことばかりで後悔しながらもナイトオンライン(以下KO略)をずるずると続けてました。

始めたきっかけは一年半前の去年の冬の終わりごろ、3月頃から始めたわけですが、当時は、3年の終わり頃には卒業単位以上に単位が取れて卒論さえ出せば卒業できるまで単位が取れてたせいか、時間に余裕があって友達に誘われてKOに手を出してみました。

それ以前まではレゾナンスエイジ(RA)を少しやってた分(対人戦あり作性も覚えるのに楽でした。3年の後期の試験が終わってた時期も手伝ってか、少しだけやろうかなって軽い気持ちでやったところ、気がつけばヤバイ廃人なってました。学校も一週間に2.3回しか行かない程度で、サークルにも行かず、彼女以外は接触しなくなってしまいました。

このとき去年の7月に卒研もあやうく全然始めてなく「やべー・・・」そんな感じでしたが、現実逃避手段としてKOを続けてました。そして夏ごろから全く学校行かなくなり、このときには「留年して次卒業すればいいや」って諦めが出ちゃう程でした。

対人戦でしたので戦争での攻め、守り方、痛い香具師だとかサボるからPT入れないほうがいいなどと、言うようになってる自分がいてそれに賛同して「w」が飛び回る基本会話チャットやクラン(ギルド)チャット、自分も「w」や「orz」といった電波出しまくりのキモイ奴になってました。ここまできて、良く辞めれたなって思えたくらいの廃人っぷりだったと思います。

こんな俺が辞めたきっかけは彼女でした。学校頑張ってると嘘をついてまでしてKOをしてたし、デートもキャンセルしたりもしてました。多分彼女は知ってたと思う。

けど、留年した俺でも見守ってくれました。正直情けない男だな・・・かっこわりぃ・・・とそう最近思えてきてたところに、このサイトを見つけて「俺だけじゃないんだ。・・・・」ほかにも同じ境遇の人がいて少し救われた気分になった。

このHPのおかげもあってネトゲをきっぱりと辞めようと思えて武器&防具をすべてあげてKOをアンインスコしてしまいました。今まで一日10時間ぐらいのinをしてまで積み重ねて1年間半やったゲームがたった5分でアンインスコ完了です。

今までの1年間半の空白なんだったんだろうって虚しかったです。泣きました。久しぶりに地元の友達に会い、このことを告白したら「やっと帰ってきたな。うれしいよ。お前がこねぇから寂しかったよ」って迎えてくれた友達さえいました。お世辞でもうれしかったです。この時もマジ泣きしてしまいました

この一年間半は普通から考えられないような異常な人生経験でした。でも現実、廃人の中には俺みたいな人はネトゲ廃人なら少なからずいると思います。けど廃人の多くは惰性、現実逃避でゲームしてる人だと思います。

でも生活場所はネトゲ内じゃないんです。今俺たちが存在してる現実の世界なんです。ネトゲ、特にMMORPCほど怖いものはないと思えてきてます。今まで人生を思いっきり捨てて、もし生活出来なくなったらそん時考えればいいやって気持ちでしたから。

今年の4月にギリギリで卒業して就職してますが、今までの馬鹿だった俺を支えてくれた彼女のためにも気持ちを切り替えてまっとうに生きて行こうと思う。
俺みたいな廃人にはならないで欲しい。こんな馬鹿になったら普通ならこれからの人生真っ暗っていうくらいですから。。。

誘惑に弱すぎる俺が悪いのもありますがMMORPCはただの堕落した廃人に磨きをかけるものだと思っていい。

ネトゲをやろうと思ったり、辞めようと思ったらまずは外出てみよう。どこかにネトゲ以上に楽しい事、スポーツや友達など、そして貴方を必要としてる人がいるはずだよ。MMORPCはただの堕落した廃人に磨きをかけるものだと思っていい。
□投稿者/ オズの魔法使い -(2005/06/26(Sun) 01:00:10)

 初めまして。変かと思いますが、自分は今ネットゲームをやっている人です。
今初めてネットゲームの中での人間関係が薄いものだと痛感できました。
いきなり何を言うのかと思われるかもしれませんが、今ここで言わせてください。
 自分はネットゲームをやっていて、その恐さもよく知ってるつもりです
事実、ネットゲームにはまり込んでいるわけでもありません(1日1~2時間)
ただネット上の人間関係が薄いとは今まで考えもしませんでした。
ですが、今日それを思い知らされました。
 ネットゲームが悪いわけではない、そう思いますが、自分がこう感じたのは事実です
これを期にネットゲームをやめようと思います。みなさんも、もしプレイしてる人がいれば、もう一度ネットゲームの人間関係をよく見直してください。
 長くなりましたが、読んでくれた方は有難う御座います。
□投稿者/ haruka -(2005/06/26(Sun) 00:25:40)

はじめまして。今年大学受験の高校3年です。
ROは8ヶ月やってたんですが、やめた今となってはその8ヶ月を勿体無い事に使ったな、と後悔しています。
ネトゲなんかに使わないで、もっと他の事に使った方が良かったのに…。

ネトゲにハマってる人達に言っても無駄だと思うけど…。
私も最初の頃はそうだったから強く言えないけど…。
リアルの生活の方がかけがえのない貴重なものなんですよ。

学校の文化祭の準備で店に出す料理の試作会に行ったときのことです。
人付き合いが悪く、ネトゲやってから更にそれが加速した私は最初「ダルーイ」と思いましたよ。
でも、結果言っちゃうと楽しかったです。
普段あんまし声かけないのに男子と普通に話せました。時には冗談言い合ったり。
どうしたらわかんない時に女子に聞きに言ったら親切に答えてくれました。
今思い出すと涙出てくる。授業中ウゼーとか思ってたのに。心の中で暴言吐いてたのに。
こんな私を邪険に扱うことなく普通に接してくれたクラスメイトに謝りたいです。

…他にもいろいろあります。
家族や友達と話したり、おいしいもの食べたり、きれいな景色見たり…。
リアルにはこんな素晴らしいことがたくさんあるんだよ。
確かにネトゲが楽しい!っていう気持ちはよくわかる。
でもデータを消してしまえば何も残らない。
残るのは後悔と虚無感とダルさだけ。
正直今までの自分を振り返るとネトゲに没頭していた自分に寒気がした。

だからさ、ネトゲしてて引きこもってる人達に改めて言いたい。
まず一歩外の世界に踏み出してみようよ。
怖いかもしれないけど、そこが本当の生活の場なんだから。
ネトゲは私達の本当の居場所じゃない。本当の居場所は誰だってリアルにあるはず。
早くそれに気付いてほしい。
□投稿者/ 尻尾 -(2005/06/17(Fri) 20:39:42)

俺のネトゲ歴、およそ5年。現在専門学生で、計算すると15歳から今20歳までネトゲにハマりました。
ネトゲをやってきた数は以下のゲームです。
『DC版PSO、PS2版FF11、ラグナロク、MoE(マスターオブエピック)』
3ヶ月以上続いたのはこの4つ。左から1年、半年(もやってないかな)、3年半、半年、といったところでしょうか。

DC版PSO、実はこれが一番ハマって廃人になったと思います。
高校1年生の冬、12月に発売と同時にDCも購入。わざわざ2階からゲーム用のテレビを持ってきて、冬休みということもあり、年を挟んでほぼ一日中やってました。

そして冬休みも終わり、再び学校。引き篭もりや登校拒否になるということはありませんでしたが、小学生からやっていた野球部をやめてしまいました。今思うと、ここから不健康への始まりだったかもしれません。
高校2年もネトゲ三昧、高校3年になり、5月にFF11が出ちゃいました。PS2もネットに繋ぎ、めでたく?部屋にも回線が繋いでしまい、学校以外じゃ一日中はまってました。ダメダメです。

そして、いよいよPCです。

ROでした。当時はまだ情報を調べるためだけに購入したPCではROはできず、ファンサイトを見るだけだったのですが
ずっとしたい、やってみたいと考え、性能のいいPCを購入し、ROを始めました。

当時はまだオープンβ。当時高校3年生。無料で、すぐはまってしまいました。
PSOは初めてのネトゲで舞い上がり、すぐ友達できました。しかしFF11は友達がなかなかできず、あるサイトの会議にこっそり顔出したら馴染んだ、という感じでした。
ROも、友達ができなければおそらく続けていませんでした。しかし、幸か不幸か、できたばっかりのサーバーにキャラを作ったらしく
同じレベルの人達、職業があふれ、すぐ声をかけられ、すぐPTを組み…そして、ギルドになりました。
それと同時に、ギルドのマスターとリアルで会うようになり、女性だったので付き合い始め…ネトゲーマーがハマってしまうパターンですね、これ。

彼女が出来た、ということでかなり舞い上がり、そしてゲームにハマり、居心地のいい溜まり場で過ごし…その時、現実なんて見てすらいませんでした。

4月になり、その彼女と別れ、俺の道は、高校をもう一年することに歩んでました。どん底です、泥沼です。でも、学校はちゃんといきました。
そして、その間もネトゲやってました。以前よりかは時間は減ったとはいえ、それでも寝不足になることはしょっちゅう、飯を食わないことも多々。
夢も希望も目標もなく、ネットゲームも「なんとなく」「仲間がいる」とかで繋いで、それで廃人です。レベルは中程度、時間だけが廃人です。

高校卒業後は、なんとなくで専門。プログラム関係です。その学科の所為かクラスも結構ゲームやってる人も多く…趣味の輪に入り、友人もできました。
…それでもネトゲやってる馬鹿な俺がいました。自慢気に「ネトゲのことなら俺に任せろ!」とか言ってました。ああ恥ずかしい。
専門に行くことになり、実家から1時間半ほどの距離でしたが、寮に入り一人暮らしを始めました。
最初の1ヶ月はPCが使えず、ネットもできませんでした。1ヶ月のネトゲ禁止時期。この時に、リアルが楽しいということに気づけば、少しでも無駄な時間を削れたのに。

ネットが開通、再びROに。しかし、1ヶ月やってなかったからか熱もなく、繋いではマンガ・テレビを読んだり見たり。それでも繋いでたのはやっぱり「なんとなく」と「仲間がいるから」でした。

そんな状態がずっと続き、そしてそんな状態で一人暮らしがまともにできるわけもなく、不健康な上にバイトもしてなかったので資金もなく、親の仕送りを頼んだり…ほんと、最悪です。
しかも挙句に専門学校留年してるんですよ。学費誰が払ってるんですか!…勿論、親です。

10月からはMoEも始め、そして彼女ができ…2年前と同じようなことをまたやってました。気づけよ、俺。
ネトゲをしつづけた理由、それは「なんとなく」と「仲間がいるから」。片方が欠ければ、必然とやらなくなると思ってました。その結果、3月頃にはMoEに仲間はいなくなり、プレイをすることもなくなりました。
…しかし、「なんとなく」という部分は強く、狩りもレベル上げもしないROを再びやってました。1ヶ月、4月のことです。
…あ、ちなみに彼女は別ゲーをやってます。その時に別れました。

自分を変えようと、ネトゲをやめようと、変わらないと!という気持ちに刈られたのは5月中旬です。きっかけは、あるフラッシュ作品。
正直、簡易な、簡単な人間かもしれません。ただ、そのフラッシュの作品が、心に響いたんです。
内容の全部が、というわけではないんですが、その作品の中にあった一つの言葉。
まとめると『選択が間違ってるとわかっていても、その選択は今しか出来ないと感じた』です。
今の俺、学校はなんとなくで決め、授業についていけない。それ故に留年もし、親に「頑張るから」とかいって留年させてもらった。
…けど、やっぱりダメだと感じた。
このサイトを見て、それが決意と覚悟になった。全てのネトゲのキャラを削除し、アカウントも停止。親には小遣いもいらないといい、バイトを始め、自分なりに変えていこう、と行動しています。

やめてまだ1ヶ月たってませんが、ネトゲをもう一度、とは微塵も思いません。
ゲームは趣味で、やってます。時間つぶしになりますし。でも外に出かけ、ドライブや友人と遊ぶほうが有意義です。だって、そのほうが楽しいですし。

そしてこれから俺は、あることを決めました。
親不幸してきました。学費も払わせ、仕送りもねだり…そんな状態だったのに、学校をやめようと思います。
ついていけないからとかいう理由ではないんです。ただ、目標を見つけたんです。
何度も何度も親に謝りました。そして親は、俺に一言。
『頑張れ』
その意味は呆れてるのか、本当に応援してくれるのかはわかりません。
けど、心で泣いておきます。これから、頑張ります。


…あ、ネトゲはやってもいいと思います。が、オフラインのゲームでもどっぷりハマっちゃう人はやめましょう。
以上、かなり乱文で、見難いし変な文ですが、終わりとさせていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。