上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□投稿者/ 良いサイトに出会いました -(2005/07/22(Fri) 21:28:29)

ネットゲームを始めたのは、3年前です。

ネットゲームをして、後悔したこと。

自分の時間がなくなったことです。
食事やお風呂、家事などを後回しにするようになりました。
また、食事がいい加減になったりするようになりました。
自分が他にやりたいこと、好きなことをあまりしなくなりました。
逆に、遅くまで起きてしまうようになり、そのため、お腹が空くので
間食するようになりました。
遅くまで起きるので、寝るのが深夜2時、3時、酷いときは5時になるときもあり、
起きるのが遅くなっていきました。
今までの私には考えられないことです。こう思えたのも、当時は思えなくて、
ゲームの負の部分に気付いてからでした。

目も疲れるようになり、視力がもともと強度の近視だった私がさらに悪くなりました。
長時間PCの前で座っているため、腰や肩、腕が痛くなっていきました。
一番最悪なことは、もともと外出するのが好きだった私が、ほとんど引きこもり状態になってしまったことです。
これが、どんなに身体的に、精神的に良くないことか、身を持って知りました。
引きこもるようになると、体調が悪くなっていきます。
ほとんど動かないからです。
そして、人との接触がほとんどなくなるため、寂しくなり、より一層ゲームの中に人間関係を求めてしまいます。
しかし、ネットでの人間関係は、顔も声も分からないため、行き違いや誤解が生じやすく、それでいつまでも悩んでしまったり、泣いてしまうほど落ち込んだりすることが多くなりました。

はっきりいって、ネットゲームは、私にとってプラスになることは一つもないのです。

自分の時間がゲームをする時間で削られ、家事、お風呂、食事、そして一番大事な睡眠がおろそかになったのです。
睡眠は、0時までに寝るのが、自律神経にとって良いと聞いています。
それが、深夜2時~4時になるのですから、自律神経が狂ってしまい、精神的にも悪影響を及ぼします。

そして、自分の好きなことをすることを、何故か忘れてしまうんです・・・。

私は、趣味がかなり多い方なのですが、あまりしなくなった、あるいは出来なくなったといった方が
いいかもしれません。

人間は、自分の好きなことをしなくなると、生き生きしなくなる、生きている実感が湧かなくなることに
気付きました。

失ったものは、健康な体、視力、人との付き合い、睡眠時間、生活リズム、好きなことをする時間です。

ゲームでは現実では出来ないこと(魔法や、いろんな冒険ができることなど)が出来ます。
しかし、それは所詮、ゲーム内でのことなんです。
いくら、ゲームで料理、裁縫、素敵な服などが出来たって、現実で出来たわけではないのです。

私は、ここの部分で、ああ、ネットゲームって、結局は、ほとんどのゲームが、ベータテスト(無料プレイ期間)が終わると有料化され、会社が儲かるためにあるんだと思ったら、アホらしくなってきました。
なので、私は無料でプレイ中のゲームが有料化されるたびに、ベータテストのゲームを探して、またやり始めるの繰り返しで、これでは、ずっと同じことを繰り返すだけだと、ある日気が付きました。

やはり、大事なのは自分の体です。視力が低下しすぎると失明する可能性もあります。
自分の人生のために、ネットゲームは有害無益だという結論にいたりました。
スポンサーサイト
□投稿者/ ごろり -(2005/07/05(Tue) 03:26:59)

やっとの思いでネトゲを止めることができた。
オレが廃人になってしまった原因は、こんな感じです。

 1.快感
  レベルUP・レアGET・PVPでの勝利・ボス級の敵を討伐など、
  こういった「快感」を何度か経験して、ヤミツキになったこと。

 2.競争心
  他プレイヤーよりも高レベルになりたいとか、レアな装備品で差を
  つけたい。って気持ちが、異常なプレイ時間に繋がったのかも。

 3.友達
  リアルじゃ口下手でも、チャットでなら顔も見えてないし、友達作
  るのに時間かからなかった。

 4.現実逃避
  上の1~3をリアルで満たせてれば、ネトゲ中毒にはならないだろな。

オレは全てに該当してたわけだけど、止めることができた。
現実は退屈だと思うけどさぁ、やっぱ現実でドキドキしたいわ。
□投稿者/ 課金停止のみでリハビリ中 -(2005/06/06(Mon) 15:59:43)

ネトゲ1年10ヶ月はまっておりました。ここのサイトに出会い、目から鱗です。
これじゃイカンと止めて一ヶ月が経とうとしています。

正直、急に止めたので暇が多いです。ほかの事に興味を持つようにもなってきましたが、ゲームは楽に始められるし努力は必要ないのと比べると実際に事を始められないのが難で、またゲームをしてしまいそうになりますが踏ん張っています。

考えてみると、ネトゲってタバコみたいなものなのかもしれませんね。
当人のストレス解消のほかには何も無い。中毒性あるし体にも悪いことばかり。。自分の場合は運動不足による体重増加、目が悪くなるなどありました。

ネトゲが悪とは言い切れません。ネトゲと野球もどちらも同じゲームですが、ネトゲが趣味と言うと周りの反応もあまりよろしくないのが現実。早くネトゲも野球やサッカーと同じように趣味として確立した世の中になると良いなとも思います。

だけど、ゲーム会社が作り上げた仮想世界に一喜一憂するのも、クリアがあるゲームならともかく終わりのない世界だと、何か。。。見下されているみたいに感じてきてしまいました。
パッチや新要素という餌を目の前に下げられて、目もくれず走り続ける動物みたいに感じてきちゃいました。

ネトゲにすべてを注ぐと言う人も中にいるのを見かけましたが、これも怖いように感じます。新興宗教だってすべてを投げ打って入信すれば面倒見てくれるけど(自由に辞められないと言うところがありますが、誰もがすべてを注ぐと言っている時点で辞めることは考えていないと思います。)オンゲーは無常にもサービス停止するときもありますからね。

オンゲーやらない方が良いとは言いませんが、月に一回は自分を見つめ直す時間を持つことをお勧めします。
□投稿者/ おっさんの泥沼です -(2005/04/27(Wed) 08:44:32

おっさんの泥沼です。泥沼というより将来がないオッサンであります。
当方44歳のオッサンです。FFには2年廃人生活をしており無職です。
当方は貧乏な家に生まれとても若い方のような恵まれた環境で育っていません。
両親は生きていますが両方とも別居で生活保護です。
貧乏人の家は何もかもが惨めで耐えて親の面倒もずっとみて参りました。
41歳まで職を転々としようやく親を生活保護にしてひとりで暮らせるように
なったのですが同時に会社は退職しそれからは希望もなくて最初の1年ぐらいは
就職活動していたのですがたいした学歴もなく40歳以上ということで就職もできずに1年が過ぎました、2年前の春にFFに出会いそれからオッサンの引きこもり生活が始まりました。今もFFだけの生活です。貯金は900万ぐらいあったので生活はまだ困っていませんがオッサンだけに将来に何も希望がありません。
1.親の面倒ばかり見ていたので友達がいませんでした。遊べなかったのが原因で  すが、もちろん彼女とか持つ余裕もありませんでした。
2.44歳になった今も時々職安に行くのですがどこも雇ってくれません。
3.親を生活保護にした後、自分の人生に何もなくてFFにはまりました。
4.若い人みたいに親に頼るとかできません、反対にずっと自分を犠牲にして面倒  を見てきたのですから立ち直るとかそんなものもありません。
5.お金がなくなって生活もできなくなったら自殺するしかないと思っています。

親がいて若い人はネットゲームにはまってはいけません。将来がある若い人はそんなもので人生を潰してはもったいないですよ。
本当にどうしょうもないのは私みたいに何もない作れないオッサンですから。
□投稿者/ 辞めた人 -(2005/03/01(Tue) 16:51:40)

多分普通の人の体験談と違うと思いますが
ちょっと書かせていただきます。サイトの方向性にあわなかったら削除願います
自分は中学三年のときに分裂病のため学校に登校するとこが出来なくなりました。
そのため元が引きこもりニートなんかよりヤバイ状態でした、
まあ運が良かったので家族の努力もあり1年ぐらいで症状が引きました(今は治療の方をしています、家族はそのとき気づいてなかったので本当に運が良かったです)
高2の年齢になり流れ的に大検予備校に行ってその年に一発でとれました、家庭科以外は比較的楽にとれました
(大検は高卒資格とはやっぱり違います、大学行かないと意味ないです個人的には定時制がお勧めです)
そのときぐらいにネトゲを始めたと思います。
戦艦のゲームでした、やりはじめた時はは対人戦のシステムに楽しさを感じました
それと同時にネトゲやる前からの不眠症もあって結構夜中にやって睡眠リズムがクルクル高速回転を始めました、
それから通っていたところが遠かったこともあり出席率が減りました、
なんて言うか先にネトゲの嫌だったところをあげると
なんてったって待ち時間が長い、家族もPC使うし待ち時間は数学ⅡBⅢCをやってたけど結局家族と交代の時間になってあまり遊べてなかった。
課金制にも不満があった最初は月千円でゲーセンなんかより安いしお得かなと思ったけど結局お金を無駄にしないように人にやらされてる気分になって嫌
次にギルド、人と集まってること自体は楽しいと思うけど
大体話が合わなかった戦艦の話をしてみたがあまりもりあがらなかったし
自分の良く分からない話をされて結局あいづちを打つだけ
しかも土曜の夜遅くまで会議があった、単にみんなでゲームしたいだけなのに
だらだらと議題を話さなくちゃならなかった。
それだったら早く寝るか友達とサイゼリでだべって帰るかしたかった
あと会社の開発能力
発想事態は面白かったけど韓国版を日本語に直してるだけだから
バグは直さないしユーザーの声は届かない。失望
最後にレベル上げ
結局アレじゃん勉強とかと変わらないじゃん
勉強してる時間が長いやつが強い=ゲームしてる時間が長いやつが強い
あれ?これって遊びでやってるんじゃなかったっけ?
嫌だったところはこんなとこです。
逆に良かったところと聞かれると
対人戦のCPU相手と違う駆け引き、話の合う人との話(自分が特殊だからあんまり居なかったけど)
その部分に関しては面白いと思った。
それからどうしたかというとキャンペーン期間が終わったので
ゲーム自体のこれ以上の発展がないと思ったので辞めました。
それから睡眠の治療しながらひたすら勉強、失われた時間を取り戻すためにがんばった。今年19才一浪の年齢で大学合格、やったね、中卒から脱出だね。
中卒だとバイトもろくなの無いしいいバイトはみんな大卒、高卒フリーターがとっていくしその面でもこれから復帰な人は定時制推奨
まあ自分はマシは方だと思います。今は人の心配が出来るほど余裕が出来てきました、兄が大学四年なのに就活しないでとりあえずで大学院を受けてるので
ちょっと心配(兄はネトゲしないけどね、それに俺とはスタートラインが違うしね)試験頑張れ、俺も頑張れ、これからだね
それとリアル友達についてリアルの友達はネトゲで出会った人たちにむしろ馬鹿にされるような人たちかもしれないけど(俺も含めてね、友達ゴメンネ)
ずっとリアルの方が大事だね、だってディスプレイの向こうのじゃないし"今"すぐそばにいるだもん

えーっと、あとがき
括弧の多い文章を書かなきゃいけない人は文章の表現能力が足りないと友達に言われました、そのとうりですね
一応男です、女じゃないです。そういえば自分のやってるゲームにはネカマは少なかったというか女が居なかったネ
ネトゲは人にはお勧めしませんね、抜けたいときに一分以内に抜けられないとイライラきますし
治療の方は続けてます、早くまともに寝れるようになりたいね
それに頭は逝かれてても五体満足だしね、大学かんばるべー
みなさんもがんばりましょー、俺よりずっと恵まれてると思うし。えっ鬱な人には言っちゃいけない?
□投稿者/ りゅう -(2005/02/27(Sun) 01:39:57)

私もつい2ヶ月ほど前までMMOをやっていましたが
このサイトと出会いみなさんの体験談を見て、キャラを削除し
MMOを辞めました、私自身昔はゲーム等に興味はなかったのですが、
友人の紹介でMMOをやってみると結構面白くてレアアイテムや経験値
稼ぎに必死になっている自分がいました。
半年ほどたってふと自分を見つめなおしてみると外に出る時間も減っているし
友人達とのコミニケーションも以前と比べると減っている事が否定できません
でした。その時辞めよう!と決心したのですが残されたキャラやお金に未練が
あり、なかなか辞めるということに踏み出せなかったのですが
ふとした事でこのサイトを見つけて読んでみると怖くなり
今ならまだ間に合う!と思いすべて削除しました。
MMOを辞めて以前の生活に戻ると、私の場合は何故MMOなんかにハマったのだろうと思ってしまいました。今まで大事だったアイテムやお金も
なんの価値もないものだったということに気づきMMOに費やした時間が
いまだもったいなかったなぁと後悔してしまいます。
このサイトに出会えてほんまによかったと思ってます、
自制できる人はやればいいと思いますが、私はMMOによってやはり生活に支障をきたした部分がありましたので、そういう危険性があるものと理解した上で
MMOはプレイすべきだと思います。
□投稿者/ 時間課金 -(2005/02/26(Sat) 23:06:18)

熱中してる頃は一日に3~4時間くらいやっていましたね
ここに登場する廃人並ではないけど自分としてはかなりはまってたと思います

ネトゲにはまって大変だった思い出は皆さん色々書いているので
逆にネトゲのお陰で気がついたというか、いい方向に変わった事がありました

ネトゲでは自分の印象を悪くしないように「良い性格の自分」をつくってる人が多いですが
自分もリアルでは短気でけんかっ早い性格のくせに「良い性格の自分」になろうとしました
最近はボイスチャットで楽しめるゲームもあるそうですがネトゲのコミュニケーションは大半がチャット。

タイピングの早い人ならこんな効果でなかったかもしれませんが
タイプの遅い自分は考えた言葉をかなにして変換して送信するという一連の動作に他人より時間がかかりました。
その結果自分が口に出していたであろう言葉を文章としてじっくり読む事ができ、
「ここはこう言った方がトゲがないかな」とか
「これだけじゃわからないから間にこの言葉を挟んだ方がいいかな」とか
自分が発する言葉というものに対して色々と考えるようになりました
おかしな表現ですが「目指せ八方美人!」みたいな感じです

ネトゲでは他人のキャラと些細ないさかいが起きたり
仲間内の雰囲気が悪くなったりすることなんかよくあるんですが
チャット欄の会話がリアルで行われていたらかちんときて喧嘩になってしまいそうな場面でも
自分の文字を読み返したりチャットログを巻き戻したりすることで一呼吸置く事ができ
苛立ちそうな場面でも落ち着いて話ができます

こう書くとリアルとネトゲの区別が付いていない奴と思われるかもしれませんが
それまで脳と口が直結状態だった自分にとってはすごい変化でした
ゲームを続けているうちにいつしかタイプも人並みの速度になりましたが、
一呼吸置くとか口に出す前にちょっと考えるというのが習慣づいたのはいい変化でした
□投稿者/ 通りすがりの体験者 -(2005/01/25(Tue) 06:26:49)

初めて回線を引いて、気になっていた某有名MMOをプレイ。ゲームを初めて一ヶ月はとても新鮮で、はまってました。私は欲しい装備のグラフィックを手に入れたくてお金稼ぎをしまくってましたが、妙な虚しさを覚え始め、ふと思った。現実世界の自分の装備(服やアクセサリーね)の充実の方がいいなあ、と。まあ当たり前と言えば当たり前なんだけど、そう思った。気づいたらバーゲンに行っていた。私のMMO時代は一ヶ月で終焉を迎えた。どうやら肌に合わなかったようだ。でもエバークエスト2が気になっている今日この頃・・・
□投稿者/ 後悔する者 -(2005/01/24(Mon) 11:24:29)

ネトゲ。。。
今思えばどうしてあんなにはまってしまったんだろう。
リアルでの飲み会、カラオケのが断然楽しいに決まってるのに。。。
□投稿者/ 元俳人 -(2005/01/18(Tue) 16:36:29)

ネットゲーム内で精一杯頑張ってキャラのレベルを上げて
ゲームサーバから能力値を5ポイントもらうより、
現実世界で精一杯頑張って自己のレベルを上げて
家族、仲間、恋人から好感度を5ポイントもらう方が
どれだけ大変なことか、どれだけ素晴らしいことか。
ネットゲーム廃人を抜け出せた今、ようやく気付いた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。